2019/07/26

人見知りの原因とは?【人見知りを治すために必要なことも話します】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、月也です。

 

人見知り

をしてしまう人は今かなり多いですが、

そもそもなんでなんでしてしまうのか?

ということを考えてみたことってありますか?

人見知りの原因ですよね。

友達とかなら自然体でコミュニケーションが取れるのに、なんで初対面になるとこうまで緊張してしまうんだろう。
そういう風に疑問に感じた人は多いと思うんです。

 

今回の記事では、

人見知りの原因

ということで話していきます。

僕自身長い間人見知りだったんですけど、その中で人見知りの原因が自分の中で見えてきたんですよね。

(もしかして、こういう理由から怖いと思ってしまっているのかも・・・)と。

原因が知れるだけでも気分的にかなり楽になると思うので、ぜひ読み進めてもらえると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

“他人の評価”を気にすることが人見知りに繋がる

それでその原因を最初に言ってしまうと、

自分が想定していない見られ方をされるのが怖いから

人見知りってしてしまうんですね。

 

例えばですけど、

自分の中では、自分自身を「仕事ができる人間」だと思っているとするじゃないですか。
絶対に「仕事ができない人間には見られたくない!」という気持ちがあったとする。

ただ初対面の場合、「自分が想定していない評価を下される恐れがある」んです。

初対面の時に名刺を渡し忘れてしまったりとか、たまたまミスをしてしまったりすると、人への印象って初対面の段階である程度決まるので

あ、この人は自分から名刺も渡せない人なんだな・・・
と思われてしまう可能性があるわけです。

それが初対面の時に必要以上に気を張る、プレッシャーを感じるということにつながって、人見知りになってしまうんですね。

(そもそも初対面の場面を減らせば、想定外の見られ方をされるのもなくなる!)という防衛本能が自分の中に働くようになるから。

 

僕がひとみしりになった経緯

僕自身人見知りだったと言いましたけど、僕は元々吃音症(きつおんしょう)という言語障害を持っていてスムーズに話すことができないんです、

ある程度仲の良い、関係を築けてる人なら僕のことを「そういう人間」と知ってもらえてるので楽なんですけど、初対面の人には当然ながら自分が吃音を持っているなんてことは知られてないわけです。

最初相手は「普通の人」としてこちらと接してこようとする。

で、もしそこで仮に盛大にどもった時に、

何だこの人・・・?おかしな人なのか?)

みたいに相手に思われてしまうんじゃないか?そういう恐怖心が原因となり、人見知りになってしまったんじゃないかなと自分の中では感じてます。
もちろんそこは人によるんですけど、実際そういう風に見られたことはこれまで何度もあったので。

どの人がどういう反応をするかなんて最初はわからないので、とにかく初対面の時はいつも緊張してましたね。

 

だから、

周りからこういう風に見られたい!

という願望が強い人ほど、人見知りにはなりやすいのかもしれません。

 

スポンサーリンク

他人の目を気にするとミスを恐れるようになってしまう

書道家で「武田双雲」さんっているじゃないですか。

その彼が、以前ホリエモンが出した『あえて、レールから外れる。逆転の仕事論』という本の中で自分の考え方などについて語っていたんですけど、

 

人見知りとか緊張は、相手からどう思われるか、
 ミスしたらバカにされないか、という不安から生じる。

 

ということを言っていたんですが、まさにその通りで。

あ、ちなみに上記の本はかなり参考になるし色々な人の生き方を知れて面白いので、ぜひ読んでみることをおすすめします。

あえて、レールから外れる。逆転の仕事論 Kindle版

 

他人からの評価、つまり「周りの目」ですよね。

そこをクリアにすることができれば恐怖心もホント感じなくなるし、人見知りしなくなったり、自分のやりたいことが自由にできるようになったりと本当に良いことづくめなんです。

何かをする際にミスもしづらくなるので、何事においてもうまくいきやすくもなります。

 

社会の常識などはもちろん守る必要はありますけど、そこさえしっかりしていればぶっちゃけ何でもしていいわけで。

周りの目なんて気にする必要は本当はないんですね。

この考え方は、人見知りを克服する上で非常に大切になってきます。

 

原因を知れるだけでも人見知りは改善する

人見知りしやすい人は、今回話した原因に気が付くだけでも気が楽になると思うんです。

そっか!こんなに自分が人見知りするのは
 周りからどう見られるか気にしすぎているからなんだ!

と原因を理解するだけでも本当に恐怖心とか緊張ってなくなるんです。

 

(なんで自分はこんな初めての人相手だと緊張するんだろう・・・?)

と何もわかっていない時よりも、確実に心の余裕というものが生まれるから。

 

恐怖というのは、“よくわからないから”感じてしまうんです。

おばけとかも正体が何なのかわからないし見えないから恐怖を感じるわけで。
でもこれが誰にでも見えて正体も判明すれば、恐怖を感じる人なんていなくなると思います。

 

だからこういった知識を得るだけでもだいぶ変わってくるんですけど、そこからさらに恐怖や緊張、人見知りというものをコントロールするためには「セルフイメージ」というものを上げていくのがやっぱり一番ですよね。

セルフイメージを上げるというのは、わかりやすく言うと「自信をつける」ということです。

自信をつけるということについては下の記事をぜひ読んでみてください。

 

いや、でもこんな自分が変われるわけがない・・・。

と感じてしまう人ももしかしたらいるかもしれないんですが、誰にでも自信をつけることは絶対にできます。

 

知識にお金や時間を投資したりとか、
色んな人に会って様々な価値観に触れてみたり。
自分が今やりたいことがあるんだったら取りあえずチャレンジしてみる。

そういったことをしていくことでセルフイメージって本当に自然と上がっていきます。

 

人見知りを克服するためにも

人見知りの原因というのは、

他人からの評価を気にしすぎてしまっているから

起こるものなんですね。

 

でもこれは極論なんですけど、ぶっちゃけ他人の評価何てどうでもいいわけですよ。
それで死ぬわけでもないし、自分の何かを失うというわけでもないから。

一部の人間を除いて、何かミスをしてもこちらを馬鹿にしてくるような人はほとんどいないですからね。

 

そういう風に吹っ切れるようになるためには、セルフイメージというものを上げる必要があるし、自分に自信をつけていくということが必要不可欠です。

自信をつけるには、とにかく「自己成長」というものにフォーカスしていってください。

自分の好きなことを精一杯頑張る!」ということでも全然いいです。

 

また人見知りを治すために必要なことは下の記事でも話しているので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

 

それではありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2015 All Rights Reserved.