青春コンプレックスを克服できる超簡単な方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、月也です。

青春コンプレックス」がある人って多いと思うんです。

学生時代に陰キャで積極的になることができずに、陽キャの人たちがやるようなこと、例えばクラスメートで隣の席になった異性と恋愛をしたりとか、仲間で海辺で花火をしたりなど。

そういうことが中学校時代や高校時代にできずに、それが青春コンプレックスになってしまっている人もいると思います。

 

僕自身完全なる陰キャだったので、学生時代そういうことが一切なかったんですよね笑。楽しい思い出が一切なく、普通に青春を謳歌している連中を何度羨んだか覚えてません。

みんな「高校時代が一番人生で輝いていた!」みたいに言ってる中で、僕は高校時代が人生のどん底で、鬱のようになっていたかもしれません。毎日机に突っ伏して過ごして、この世から消え去りたいとか、ダークなことばかり考えてたので。

本当に当時は生きるのに精一杯だった。

 

学生時代、僕と同じように陰キャだったり鬱のような感じになってしまって青春を謳歌できずに、それがコンプレックスになってしまっている人に向けて、今回は

青春コンプレックスの解消方法

ということで話していきたいと思います。

 

学生時代のことを考えていても、過ぎ去ったことなので本当にただただ不毛なんですよね。

心を切り替えて「今」を楽しむ努力をすることで、青春コンプレックスを克服することは誰でもできるので、ぜひこの先読み進めてみてください。

 

スポンサーリンク

青春コンプレックスの克服法は?

それでもう克服するための方法について話していきたいんですが、本当に聞いたら拍子抜けするくらい「ごくごく単純なこと」です。

 

今熱中できることを見つける

 

これだけで、青春コンプレックスを解消することができるんですね。

 

そもそもなんで青春コンプレックスという感情が生まれるかというと、「今人生を楽しめていないから」なんです。
今楽しめていないから、過去のことについて考えてしまったり、自分と他人を比較して凹んだりしてしまうんですね。

でも今熱中できる何かがあれば、過去がもし青春コンプレックスを感じるくらいに暗いものだったとしても、

(あー、あの頃は辛かったよなー。)

みたいに、コンプレックスから「郷愁」のような感覚に変わってくるんです。

心に「余裕」が生まれて、その余裕が青春コンプレックスを和らげてくれます。

 

学歴コンプレックスも同じようなもの

なんでもそうなんですけど、例えば「学歴コンプレックス」というものも同じで、あれは「今の自分に満足がいっていない」から学歴に言い訳を求めてしまうんです。

自分がこんなうだつの上がらない人生を送っているのは学歴がないからだ・・・。
 高学歴の連中が憎い・・・!

でもぶっちゃけ人生において学歴なんて「一つの要素」に過ぎなくて、中卒で前科がありながらも今経営者になっているような方も僕の身近にいるので、ホント関係ありません。

 

僕も一応大学は卒業してますけど、いわゆる偏差値50に満たない「Fランク」大学の出身です。

でもそれで学歴コンプレックスを感じたことはこれまで一度もなくて、今が自分らしく楽しく生きられてるので、学歴なんて気にするほどでもないな、みたいな感じなんです。

 

スポンサーリンク

熱中できるものを見つけるには?

青春コンプレックスを克服するには、「今熱中できるものを見つける」、ぶっちゃけこれだけでOKです。

それを見つけることができれば、今あなたがどれだけ
クッソ、高校時代彼女とか作ってイチャイチャしたかった・・・!
みたいに青春コンプを感じていたとしてもマジですぐ吹き飛びます。

(ま、これからそういう相手を見つければいっか!)

みたいな心の余裕が生まれるようになります。

 

すでに好きなことや熱中できるものがあればそれをやる、という感じで大丈夫なんですけど、

肝心なのは「熱中できるものをない場合に、それをどう見つければいいか」ということです。

 

そこでまず考えて欲しいのは

子ども時代にハマったものは何かないか?

ということ。子ども時代にハマったことに、今ハマれるもののヒントが隠されています。

 

人の本質というのは、子供の頃から変わることは基本的にありません。

幼稚園時代に物を作るのが好きだったら大人になってもそのままの可能性が高いし、
絵を描くのが好きだったら大人になっても絵が好きなはずです。

三つ子の魂百まで

という諺がありますが、まさにそのことを表しています。

 

なのでまず、

(小さい頃にハマってたものって何かなかったかな・・・)

と思い返してみるのが良いですね。

そこに、大人、社会人になった後でも熱中できるものが隠されています。

 

色々なものに興味を持つ

あと大事なのはとにかく

色々なものに興味を持つ

ということです。

 

大人になって社会人になると「新しいものを受け入れる」ということが難しくなってくるんですよね。

(自分はこういう人間だから・・・)みたいに自分を型に嵌めてしまって、そこに当てはまらないものには見向きすらしなくなってしまう。

 

例えば「コミュ障」というものに悩んでいたとしたら、(自分なんかが行っても・・・)みたいに勝手に遠慮をしてしまって飲み会などに参加しないようになってしまう。

でも飲み会などに参加することで、意気投合できるような人との出会いがあったり、何か興味を持てるような趣味を持つ人がいるかもしれませんよね。

知らない人と接することで、予想外の発見があったりするものなので。

 

新しい刺激」を定期的に入れるようにするといいですね。

そうすることで「今」をより生きることができるようになるし、昔のことを考えることも減って青春コンプレックスも自然と消滅していきます。

 

過去は変えられない

過去というのは、今思い悩んだところで変える事ってできないんですよね。

変えられるのは「今の自分だけ」です。

だったら、今の自分を変えることに目を向けた方が絶対に良いですよね。

そうすればこれからの人生も間違いなく良いものになっていくから。

 

青春コンプレックスがつらいと感じる人ほど、今を生きるように意識した方が絶対に良いです。過去に囚われていてもホント意味ないんで。

 

青春コンプレックス解消まとめ

青春の時代というのはもう一生戻ることはないし、アニメとかで青春を謳歌しているような作品が多かったりして、それでコンプレックスを感じてしまうことも多いんですが、

今の自分の生活を充実させる

ということを意識すると、そういったアニメを見たりしても本当に純粋な気持ちで見られるようになります。

 

少し前だと『君の名は』を見て青春コンプレックスを感じてしまったり、
秒速5センチメートルは鬱映画だ」ということがよく言われてましたけど、今が充実しだすと鬱だとか一切感じなくなるんで。純粋な恋愛映画、青春映画として見れますよね。

 

そのためにはとにかく「今熱中できるもの」を見つけましょう!

本当になんでも良いです。

ゲームでも良いし、YouTubeでの動画投稿でも良いし、スノボでも良いし、盆栽でも良いし、なんでもです。

自分がハマれればそれでいい」んです。

そういうものが見つけられた時、一気に人生が楽しくなって青春コンプレックスなんて秒で吹き飛びますね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2019 All Rights Reserved.