2018/04/05

劣等感の原因、そして劣等感の「ある意外な真実」とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうも月也です。

 

他人と自分とを比較してしまって、
自分に対して劣等感を感じてしまうという人は多いと思います。

そこで「自分はあの人と比べてなんてダメな人間なんだ・・・。
みたいに感じてしまって。

 

今まで劣等感というものについては
「克服する方法」などを書いているので
ぜひそちらの方も読んでみてもらいたいんですけど。

⇒ 劣等感を克服する方法(1)/自分に合った役割、ポジションを見つける

 

 

で初めにちょっと考えてみてもらいたいんですが、

そもそもなんで「劣等感」というものは感じてしまうのか
あなたはわかりますか?

 

いや、自分に自信がないからでしょ?

それは自分がダメな人間だからだよ

 

みたいな意見が出てくるとは思うんですけど、
それは違って。

劣等感というものは、
そもそもそういうものではないんです。

 

劣等感を感じてしまう人には
実はある共通した「特徴」というものがあるんです。

あなたももし今劣等感を持ってしまっているんだとしたら、
その特徴を持っているはずで。

 

そしてその特徴というのは、
自分を変える大いなる可能性を秘めた」そんなものなんですね。

自分を大きく変えてくれる、
そんなパワーを持っているんですよ。
劣等感を感じやすい人は。

 

 

その「特徴」というのは何かというと、

 

そもそも劣等感を他人に対して感じてしまう人は

自分はこんなもんじゃない!!

みたいな現状の自分に対する不満を持っているんです。

自分に対する潜在的な評価が高い」ということなんですね。

 

だから劣等感というのは、

実は自分に可能性を感じている人しか感じない感情なんですよね。

 

 

 

スポンサーリンク

自分に諦めている人は、劣等感を持たない

 

例えばもう何もかもを諦めている人がいるとするじゃないですか。

「現状が自分のすべて」だと思い込んでいて、
向上心もかけらもないような人がいたとする。

まあ具体的に言うのもあれなんですが
ホームレスの人たちがまさにそれだと思うんです。

 

で、そういう人は他人に対して劣等感なんて感じないんですよ。

何故なら「自分に可能性を感じていないから

「本当の自分はこんなもんじゃないはずだ!」

みたいな反骨心みたいなものを持っていないので、
自分より優れた他人を見ても特に何も思わないんです。

 

 

しかし一方で、

現状の自分に対して物凄い不満を持っている人がいたとしますよね。

ちゃんとした職もあって家族もいるんだけど、
今の自分に対して常に不満のようなものを持っている。

 

自分ならもっと良い職に就けるはずだ!

もっと人生を良くしていけるはずだ!

 

自分に対して「向上心」を持っているので、
そういう人は他人に対して劣等感を感じやすいんですよね。

自分も頑張っているのに、なんであの人には勝てないんだ・・・!
という風に。

 

自分に対して可能性を感じているから、
 他人に対して劣等感を覚えてしまう

ということですね。

 

 

 

強い劣等感を感じている人ほど変われる可能性がある

 

世間一般的には劣等感というものは

ネガティブなもの

みたいに思われがちじゃないですか。

 

自分に自信がないから劣等感を感じてしまうんだ

他人なんて見ずに、もっと自分のことに集中した方が良いよ

みたいに。

 

 

でも実はそうではなくて。

劣等感というのは「向上心が強い人」ほど、
自分に対して可能性を感じられている人ほど
感じやすい感情なんです。

 

だからこういう風に考えられるんですよね。

劣等感を感じやすい人は自分を大きく変える力を持っている

 

ポジティブなもの」なんですね。

本質的には。

 

 

 

スポンサーリンク

劣等感は強力なエネルギー源となる

 

もし今あなたが劣等感に苦しめられているんだとしたら、
それだけ自分に対して可能性を感じられているということだし

「自分次第で大きく自分を変えることが可能」

ということなんですよね。

 

 

僕自身今まで劣等感というものには大いに悩まされてきたんですけど、
今振り返ると

すごい熱いものを持っていたな

という風に感じるんですよね。

 

自分は絶対こんな程度で終わる人間じゃない!

絶対に成功できる人間だ!

お前ら絶対見返してやるからな!

みたいな燻った思いというものを常に持っていました。

だから他の人たちを見た時に
強い劣等感に悩まされていたんじゃないかなって。

自分に対してもどかしさみたいなものを感じていたから、
精神的にも追い込まれてしまったんだなと。

 

でもだからこそ僕は変われたんだと思っています。

自分を変えるきっかけというものにアンテナを無意識のうちに張っていて、
それに出会ったときに瞬時に行動に移すことができた。

 

 

 

劣等感を感じている人はむしろ可能性を秘めている

 

強い劣等感を他人に対して感じてしまう人は
別にダメな人間でもなんでもないんですよ。

むしろ「大きな可能性を秘めている」わけです。

強い反骨心、
自分に対してすごい真摯な態度が取れているから。

そういった感情の裏返しなんですよね。

一つのキッカケなどがあれば、
大きく自分を変える力というものを持っているんです。

 

ぜひそのことに気が付いてもらいたいんです。

本当にダメな人間なら劣等感なんて感じないんで。

ただ、諦め

この感情しか持てないんですそういう人は。

 

実は「ポジティブな心」からくる感情なんです。

劣等感というものは。

 

 

これは本当にかなり大切なマインドセットになると思っているので
ぜひ腑に落としてもらえればなと思います。

自分の生き方そのものを大きく変える力を持った、
そんなマインドになってきます。

 

それではありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. セリ より:

    はじめまして。私も小さい時から今日までものすごい劣等感に悩まされていてこの記事にたどり着きました。
    読んでいくと、たしかに当てはまり
    自分だけどうして、、自分はなんて価値のない人間と苦しむ反面、どこかでは見返してやりたい、今の自分は本当の自分じゃないって言う思いがとても強いです。劣等感を持つ人は大きな可能性を秘めていると言ってもらえて少し心が楽になりました。劣等感はすぐに消えるものでは無いと思いますが、この記事を励みに頑張ります!ありがとうございました。

    • 月也 より:

      セリさんコメントありがとうございます。

      そう言ってもらえると本当にうれしいです!

      ぜひ頑張ってくださいね(^^)/

  2. のらねこ より:

    励みになりました
    ありがとうございました

    • 月也 より:

      コメントありがとうございます。

      参考になったようで良かったです!

  3. winner より:

    ”自分に諦めている人は向上心を持たない”ならその通りだと思いますが、”自分に諦めている人は自分より上の人間を見ても何とも思わない”?これは違いますよ。
    自分は何をやっても絶対にうまくいかないし、もしうまくいったとしても、それは小さな事で、大きな事は成し遂げられない。だから努力なんて一切しないで、自分が気に入らない、自分よりも実力のある人間を恨み(妬み)続けるんです。
    自分への期待が一切ない人でも、劣等感は感じます。
    劣等感は常に感じるのに、向上心なんて持てない、希望なんて持てない、どうすることもできない、苦しみ続けるしかない。
    「ただ、諦め」られればまだマシです。
    これが真の諦めです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 自信の方程式 , 2015 All Rights Reserved.