2019/03/09

楽観主義でいることのメリットと、楽観主義者になるための考え方【生きるのが楽になる】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、月也です。

楽観主義という言葉がありますが、何事も楽観主義的に見れた方が精神的にかなり楽になるんですよね。

日本人というのは「悲観主義」の人の方が圧倒的に多いです。

こんなことしても、うまくいかないだろうな・・・

自分なんかが・・・

とか、物事に対して悲観的に考えてしまう人って多いですよね。

 

そのせいか楽観主義者は「バカ」みたいな風潮もあったりして、チャレンジする人に対して、(もっと身の程を弁えろよ・・・)とか、肯定的に受け取る人の方が少ない印象が強くあります。

悲観的でいる方が正直「楽」ではあるんですよね。とにかく安定を求めるようになるので、波風立たない日々を送れるようになるから。

ただその中でもし大きな波乱があったりすると、一気に崩れてしまう弱さがあるのも悲観主義者です。

 

僕は、

楽観主義者でいた方が絶対に良い

と強く感じるんですよね。

もちろんデメリットもあるんですけど、享受できるものの方が圧倒的に多いから。

 

今回は、

楽観主義者のメリットと、楽観的になるのに必要なこととは?

ということで話していきたいと思います。

 

悲観主義についてはこちらの記事で詳しく話しているので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

 

スポンサーリンク

楽観主義者のデメリット

まず楽観主義者のデメリットに触れたいんですけど、「失敗する可能性が大きくなる」というのがデメリットになるのかなと思います。

楽観的でいるとフットワークも軽くなるので、必然的に行動量も多くなるんですけど、そこでやっぱりうまくいかないようなことも出てきます。

そこでここぞとばかりに周りが「ほれ見たことか」みたいに叩いたりするんですけどね笑。

 

ただこの記事でも話してるんですけど、

別に失敗ってマイナスなことではないんですよね。
むしろ失敗をした分だけ経験も積むことができるし、自分自身がどんどん成長していくのでプラスなんですよね。

今の時代大きな失敗をしたとしても、命を取られるようなことはなくて全然挽回可能です。

 

楽観主義でいると行動量が多くなり、失敗も多くなるので成長スピードも悲観主義者よりも確実に早くなります。自分が手に入れたい結果や現実も、手に入れやすくなりますね。

失敗が多くなるというのがデメリットですけど、それも捉え方を変えればメリットとも考えられます。

 

楽天主義のメリット1:自分に自信を持てる

一方で楽観主義でいると多くのメリットがあります。

まず大きいのは「自分に自信を持てる」ということ。

 

悲観主義でいると、少し自分が不得手なことがあったりするとそこで自信を失ってしまうんですよね。

自分にはこういう欠点があるから、ダメなんだ・・・

 

でも楽観主義でいると、自分に欠点があったとしてもこういう風に考えることができます。

(確かに自分には苦手なことがあるけど、それ以上に得意なこともあるしなー。)

自分の欠点ではなくて”自分が得意なこと“に目を向けられるので、人生も楽しくなってくるんですよね。

 

スポンサーリンク

“自分のできること”に目を向ける

例えば、交通事故に遭って脚に障害を負ってしまったとしますよね。

そこで悲観的な考えを持ってしまっていると、人生に絶望して生きることを諦めてしまうかもしれません。

(なんて自分は不幸なんだ・・・。もう自分の人生は終わりだ・・・)

ただ楽観主義的な考えができれば、こんな風に思うことができます。

確かに歩けなくなってしまったけど、他の部分は無事だし、やれることはあるだろ!

 

みんな「できないこと」ばかりに目が行きがちなんですけど、「自分にできること」に目を向けることで面白いくらい自分に自信を持てるようになるんですね。

僕だったら、物心ついた時から吃音症(きつおんしょう)という症状を抱えていて、声を発するということがまともにできなかったんです。

そこで自分の将来に絶望したことが何度もあったんですけど、ある時こう考えられるようになったんですね。

確かに話すことはできないけど、文章で自分を表現することならできるな・・・

そこからブログというものを始めて、そこから収入が得られたり仕事に繋がるようにもなったんですけどね。

 

“できないこと”に目を向けるか、”できること”に目を向けるかで、180度生き方というものは変わってきます。

楽観主義的な考えができるようになることで、自分に自信を持てるようになるし、本当に生きるのが楽しくなります。

 

メリット2:自分のやりたいことにチャレンジできる

これはデメリットの「失敗が増える」ということに通ずるんですけど、

自分のやりたいことにどんどんチャレンジできるようになります。

 

悲観的な考えを持ってしまうと、何かを始める前に

(凡人な自分にこんなことができるようになるわけがない・・・)

みたいに諦めてしまうんですよね。

そうなると、やっぱりどうしても動けなくなってきます。

 

たた楽観主義的な考えができるようになることで、

やってみないとわからないし、とりあえずやってみるか!!

このような考え方ができるので、ひとまず一歩を踏み出すことができるようになります。

 

最初は何事も”なんとなく”から始まる

初めから自分の適性をわかっている人なんていなくて、大抵の場合「なんとなく」から始まるんですよね。

なんとなく興味があるから、これやってみよう

なんとなく自分にもできそうだから、やってみよう

そこから、継続していくうちにスキルも磨かれていって結果も伴ってくるものなんです。

 

今で言うなら、Youtuberなんてまさにそうだと思うんですよね。

悲観主義的な考えでいたら、最初の動画をアップすると言うことすらできないわけです。

今成功しているYoutuberは、最初は「なんとなく」だったと思うんですよね。面白いそうだから、何か動画をアップしてみよう!みたいな。

そこで動画をアップすると言うことを続けていくうちに、ネタを考えることに慣れていき、動画編集スキルも上がっていき、動画の数もどんどん積み重なっていって気付いたらファンもできていて、会社員では得られないような収入を得られるようになっていった。

 

そこにはなんの保証もなくて、続けた人しかその大きな結果を手に入れることができない。

何事も楽観的な考えができないと、最初の一歩を踏み出すことが難しいし、継続することも本当に難しいんですよね。

 

楽観主義者は”バカ”と言われるが

楽観主義な人を見て、無謀に見えて「バカだなー」と思う人も多いかもしれませんけど、今の時代楽観主義でいた方が絶対的に「」なんですよね。

 

原始時代などの大昔というのは、楽観主義的な考えで新しい土地に行ったりすると、そこには食べ物が無いかもしれないし、猛獣がいるかもしれないしで「」に繋がる恐れがあったんですよね。

でも今の時代、例えば起業という大きなチャレンジをして仮に失敗しても、いくらでも再起できる「仕組み」というものがあるわけです。Youtubeに動画を投稿するとか、そういう小さなチャレンジであれば尚のこと失うものは何もないんですね。死ぬようなことは一切ない。

もちろん、何も考えずに1000万とか使って起業したりするのはあまりにも無謀でバカかもしれないんですけど笑。

結果を出すためには、ちゃんと計画を練ったり継続することも重要になってきます。

 

大昔なら楽観主義は死に直結する恐れがあったんですけど、最低限の保証が今の時代あるので、楽観主義でいた方が絶対的に得です。

 

楽観主義になるには?

じゃあ楽観主義になるにはどうすればいいのか?という話なんですけど、

まずは今の時代「最低限の保証があると理解する」ということが大事ですよね。

犯罪を犯して前科がついたとしても、普通に生きること自体はできる世の中なわけじゃないですか。
就職に失敗してブランクが生まれたとしても、いくらでも今の時代仕事は見つかります。

生きていればなんとかなる」と思えるようになると、細かいことで悩むのがバカらしくなってくるんですよね笑。

本当にポジティブになることができます。

 

また、上の方で話しましたけど「できることに目を向ける」ということもかなり大事です。

確かに苦手なことも多いけど、考えてみたら自分って結構他にできること多いんじゃん!!

みたいに考えられるようになると、自分を卑下するようなことも少なくなるし、自分に自信を持てるようになって楽観主義な感じで、力を抜いて人生を生きることができるようになるんですね。

細かい悩みなども吹き飛んでいくので、かなり毎日が生きやすくなります。

この部分についてはこの記事もぜひ合わせて読んでみてください。

 

今の時代、楽観主義でいた方が絶対に良い

今の時代最低限の安全は確保されてるわけだから、絶対に楽観主義でいた方が生きやすいんですよね。

僕も昔は典型的な悲観主義者でしたけど、今回話したような考え方ができるようになって、なんかストレスがなくなりましたからね笑。

まあ、なんとかなるでしょ!」と。

 

ぜひあなたも、楽観主義的な考えができるように考え方を変えると良いと思いますよ!

肩の荷が下りて、気持ちが本当に楽になるので。

 

それではありがとうございました。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2019 All Rights Reserved.