高校中退を考えている人へ【進学や就職はできるのか?】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、月也です。

今回は

高校中退

ということについて、

中退はするべきなのか?

中退した後はどうすればいいのか?

ということを話していきます。

 

僕自身高校中退した経験はないんですが、高2の時に持病の悪化などが原因で不登校になり、

中退するのか、それとも高校を転校するか

この2つの選択肢で当時本当に迷いました。

僕は結局「全日制から通信制高校に転入する」ということを選んだんですが、高校中退をしても正直良かったなって感じるんですよね。

いくらでも挽回することはできただろうから。

 

もし高校中退を考えているという場合は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

無理して今の高校に通うよりも、中退した方が後々楽だったりするので。

 

スポンサーリンク

理由をまずは考える

まず最初に考えるべきは、

本当に高校中退する必要があるのか?

ということ。

もしその理由が自分で解決できることであれば、解決した方がやっぱり一番スマートなんですよね。

例えばもし「学校が単純に嫌」という場合は、1週間くらい休んで様子を見てみる。
もしかしたらその場の感情で行きたくないと思っているだけで、少し経てばまた行きたくなるかもしれませんよね。

勉強についていけない」という場合も、予備校などに通うようにすることでついていけるようになるかもしれない。

 

ただ中には「いじめ」が理由で高校に行こうとするだけで吐いてしまう、ということもあると思うんですが、いじめというのは自分で解決することはかなり難しいので、そこは中退や転校するなど、他の選択肢を取った方が間違いなく良いと思います。

そこで無視したらトラウマとして残ってしまって、後々の人生に悪影響が出てくることが考えられるので。

 

自分だけで悩むのではなくて、できるなら

「担任の教師か家族」に中退する前に相談するようにしましょう。

相談をして不安なことなどを打ち明けることで気持ちがかなり楽になったり、中退をせずにもしかしたら済むこともあると思うので。

 

(とにかく嫌だから、今すぐに高校中退をしたい!)

という風に焦るんじゃなくて、少し時間を置いた方が良いです。

僕の場合は高校入学した時からもうやめることしか考えられなくて、高校2年の秋頃に持病が重くなったり精神的に限界が来て学校を変えるという選択をした、という感じだったので。

中途半端な理由で中退をするのは、絶対にやめた方がいいですね。

 

なぜ、中退したいと感じるのか?

その理由をまずは深く考えるようにしましょう。

 

中退した後はどうすればいいのか?

ここから先は、よく考えた上で、「それでもやっぱり中退した方が絶対に良い」という結論に至って高校を辞めた後のことについて、話していきたいと思います。

高校中退した後のことをあらかじめ考えておくことで、問題なくこれから先の人生を生きていくことはできます。

良い大学に入って良い会社に入るといったことも全然可能ですからね。

 

スポンサーリンク

バイトをする

まず高校を中退した時にやっておきたいのが

バイトをする

ということ。

 

高校中退してそのまま引きこもってしまうと、どうしてもそこから抜け出せなくなってくるんです。そのまま10年も引きこもりのままになってしまう、ということも十分考えられますね。

人間はどうしても「環境に慣れる」生き物なので、一度長期間引きこもるとその引きこもり状態が自分にとって当たり前になって抜け出せなくなるんです。

40~50代の引きこもりが多いということで今かなり問題になっていますが、まさにその典型例です。

 

なのでできるなら、高校中退をして「3ヶ月以内」に何らかのバイトを始めることをおすすめします。

僕も通信制高校に転入したわけですが、学校が「月2回」しかなくて本当暇だったんですよね。なのでスーパーの品出しバイトを平日の朝から昼くらいまでやってたんですけど、お金も溜まったし生活リズムも維持できたので、結果的に大正解でした。

 

バイトに関しては、あなたが好きなもので全然OKです。
高校中退した後は昼間に時間が取れると思うので、選択肢もかなり広がりますからね。

バイトを探すには「バイトルNEXT」が全国に対応していて様々な種類のバイトが見つけられるので、ぜひ活用してみてください。

→ バイトルNEXTでバイトを探す

 

あと個人的におすすめするバイトが「工場」です。

工場は人と話す機会が少なく黙々と仕事できるので、高校に通っていた時にいじめなどに遭って人とあまり関わりたくない、という場合でもストレスなく働けるのでリハビリにもってこいなんですよね。

もし工場の仕事が自分に合えばそのまま就職することもできるので、興味がある場合はバイトから始めてみるといいかもしれません。

工場バイトを探すのは「工場ワークス」というサイトが便利なので、近所の工場が募集してるかなどぜひ調べてみてください。

 

高卒認定試験で資格を取得する

高卒の資格時代は高校を卒業しなくても、「高卒認定試験(高等学校卒業程度認定試験)」を受けることで取得することができます。

高卒の資格があれば大学に進学することもできるので、ぜひ取得することをおすすめします。

色々な体験談などを見聞きする限り、取得自体はかなり簡単そうなので。

 

高卒認定試験の詳細については↓の文部科学省のページを見てみてください。

出願期限などもあるので、その辺りは注意したいですね。

高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)

 

大学に進学することはできるか?

高校中退した場合に僕がおすすめするルートは、

高卒認定試験を受けて大学に進学する

というものです。

僕自身がそれに近い人生(高認ではなくて通信制卒)を歩んだわけですけど、結果的にかなり正解だったと感じているので。

 

「大学に通えるか不安・・・」という方もいるかもしれませんけど、高校と大学は全くの別物です。

大学は本当にあらゆることが「自由」で、高校と違って息苦しい感じが一切ありません。

あまりに自由すぎて通わなくなって留年するような人も多いので、その分「自制」が求められるんですが、通うこと自体はそこまで難しくはありません。

高校中退したからと浮くことは一切なくて、僕自身高校1留して通信制高校を1年遅れで卒業して、1浪もするという「+2」の状態で大学に進学したわけですけど笑、

それでもゼミとかも問題なく馴染むことができたので、あなたも絶対に大丈夫です。

 

大学進学を考える場合は、「予備校」に通った方が絶対にいいです。

僕は宅浪だったんですけど、やっぱりどうしてもかなりサボってしまうんで笑

予備校に行って、「この時間は勉強の時間!」という風に枠を決めて勉強した方が間違いなく効率が良いし、良い大学も受かりやすいです。効率の良い勉強法も教えてもらえますからね。

予備校に通うなどの部分は家族との相談の上だと思うんですが、まず否定してくるようなことはないと思います。

もし反対されても、自分でアルバイトをして予備校代を払ったり、宅浪でも大学に入ること自体は全然できますからね。

 

就職はできる?

そしてこれがおそらく一番の不安要素だと思うんですけど、

高校中退経験者はちゃんと就職できるのか?

ということなんですが、全く問題はありません。

 

僕がなぜ「大学進学」をおすすめしてるかというと、「高校時代のことを見られなくなるから」なんです。

大学に入ると企業は、「この子は大学でどんなことをしてきたのかな?」という部分を見るようになります。
高校時代はほとんど関係ないんですね。

実際僕は就職活動をしたことがありますが、高校時代に1留したこと、転入したことについては聞かれることはありませんでした。やっぱり大学時代のことを見られましたよね。

 

大学を2留してしまったとか、そういう場合は少しやばいんですが、高校中退して大学に入った場合は問題にならないし、むしろ「評価されることすらありますよね

この子は一度挫折を経験してここまで頑張れたのはすごいな

という風に。面接でもそこをアピールするとむしろ高校中退が武器にもなってきます。

 

個人で仕事をするという選択肢も

また正直な話、就職をしなくても「個人で生きる」という道もあります。

僕も今は完全に会社は辞めていて、ライターの仕事を主な生業にしています。

ネットというものが今は発達してきていて、もはや就職するということが必ずしもベターな選択肢ではなくなってきているんですね。大企業が平気で数千人を解雇するような時代なので。

 

高校中退した後の時間を使って「自分でお金を稼ぐ力」を身につける努力をするというのも、僕はアリだと思います。

例えば僕のように文章を書くことを仕事にすることを目指してもいいし、

プログラミングを覚えてフリーのエンジニアになってもいいし、

イラストレーターを目指しても良いし、

YouTubeで動画をアップすることで生きていく、ということでも良いと僕は思います。

選択肢は本当に無数にあります。

 

会社勤めは、自分には合わなそうだな・・・

と感じるのなら、「スキル」を身につけることを意識すると良いです。

何かの専門家になることで、それが仕事につながっていくので。

 

その中で成りやすいのは「プログラマー」ですね。

これからプログラマーはさらに必要とされてくるので、今スキルを身につけると仕事に困ることはまずありません。

プログラマーはフリーでも会社員以上の収入を得ることは、知り合いのフリーのエンジニアさんの話を聞く限り結構簡単みたいなので。

フリーランスとしてスキルを使って仕事をしていくのなら、学歴も関係ないですからね。

プログラムを取得するにはテックアカデミーというオンラインスクールが簡単なので、ぜひ興味がある場合は入ってみることをおすすめします。

 

大学に進学せずに就職をしたいという場合も、大企業などある程度の学歴が必要になる会社は難しいんですが、それこそ工場に就職をするといったことは容易にできます。

今中小の会社は基本的に人手不足なので、そのあたりを狙ってみるっと拍子抜けするくらい簡単に就職が決まったりしますね。

 

高校中退でも人生全然挽回できる

高校中退をした時というのは、

あー、これで自分の人生終わった・・・

みたいに感じてしまいがちです。

僕も高校に通えなくなって不登校になった時は、この世の終わりというくらいに思い悩んでしまって、自分の明るい人生を微塵も想像できませんでした。

 

でも今振り返ると、ぶっちゃけ「大したことはない」んですよね。

今あなたは本当に悩んでいるかもしれませんが、日本に住んでいるだけで人生終わるなんてことは実はありません。
仕事なんていくらでもあるし、フリーランスで働くという選択肢も今はネットの発達で生まれてきました。

最悪の最悪、働くことが難しかったとしても生活保護という救済措置も日本にはあります。

 

一番ダメなのは「無理をする」ということです。

無理をして心が壊れてしまったら、本当にそれこそ取り返しがつかなくなってしまうので。

心と体さえ元気なら、いくらでも人生挽回できます。

僕も高2の時に不登校になって1年留年して、その後通信制に転向し、1浪の末に偏差値50未満のFランク大学に進学するというまあ底辺な人生を歩みましたが笑

今は個人でライターとしてお金を稼げるようになってストレスなく生きられてたりするので、マジでどうとでもなるんです、人生は。

 

高校中退するかどうか考えている場合、ぜひこの記事を何度も読み返して「自分にはどの生き方があっているんだろうか?」と考えて行動に移してみてください。

自分で決めた行動なら、後悔することは絶対にないし、「あの時あの行動をとっておいてよかったな」と10年くらい経った時に思えますからね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2019 All Rights Reserved.