無性に寂しい時はどうすれば寂しさを紛らわせるか、お話しします

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、月也です。

なんか

無性に寂しい時

ってありますよね。

夜とか、何もすることがない休みの日とか、ふと

誰かと一緒にどこか行きたいな・・・

と感じたりとか。

 

僕は一人でいる時の方が圧倒的に好きなんですけど、そんな人間ですら無性に寂しい時ってやっぱりあるんですよね笑。

そういう時には寂しさを振り払うためにいくつか意識していることがあるんですが。

 

今回の記事では、その

無性に寂しい時に気を紛らわす方法

ということについて話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

自分からしばらく連絡を取っていない人に連絡を取る

無性に寂しくなる時って、僕がそうなんですけど「家にいる時」がやっぱり多いんですよね。

家にいるとどうしても社会とは隔絶されたような気分になってきて、孤独感を感じたり「寂しい」という感情に繋がったりする。

どれだけ一人が好きで自分の家が好きな人も、あまりにも人と会わないとやっぱり寂しさは感じたりするもので。

 

そういう時僕はどういうことをしているかというと、まず誰かに連絡を取るようにしてますよね。

しばらく連絡を取っていない友達とか、本当に誰でもいいんですけど。

そういう人と連絡を取ることで、孤独感がものすごく薄れて心が軽くなったりします。

会社の仕事仲間としか最近会っていないという場合も、誰かに連絡を取ってみるとやっぱりかなり寂しさは紛れます。

まあ当たり前のことなんですけど、これは大事なことですよね。

 

配信者の配信を見る

ただ中には気軽に連絡を取れる人がいなかったり、みんな忙しくて(連絡取るのなんか申し訳ないな・・・)と感じてしまうような状況の場合もあると思います。

そんな時はどういうことがおすすめかというと、「人の配信を見る」ということ。

 

今は本当にいろんなサイトで色々な人が配信ってしてるじゃないですか。

ツイキャスやらYouTube、インスタライブ。あとゲーム系ならオープンレックツイッチとか。

ああいうサイトの良さって、「一般の人」が配信してるところなんですよね。

テレビやラジオだと、芸能人が出ているだけなのでなんか「現実感」があまりないんです。自分たちと壁があるというか。

ただ配信サイトで配信している人たちは、それだけで生計を立てている人も今は多いですけど、やっぱり「一般の人」で。そこに親近感を覚えたり、時間共有しているという安心感も相まって配信を見ているとすごい孤独感が薄れるんですよね。

おそらくそういう理由から配信見てる人って多いんじゃないかなと思うんですが。そしてより距離感を縮めたいという心理が働いて、投げ銭もしたりする。

 

僕もそういった配信は見ない日ってなくて、毎日必ず誰かしらの配信は見てます。

僕は一切コメントなどはしないんですけど、好きな配信者の配信をつけてるとなんかすごい安心するし、僕の場合家で仕事をしているので仕事もそれでかなり捗るという笑。

配信というものがもし無くなったら、孤独死するかもしれないですね、大げさではなくて笑

 

それぞれ好きなジャンルとか、どういう配信スタイルの人が好きかは変わってくると思うので、ぜひ色々探してみることをおすすめしますね。

「見やすい配信者」というのは絶対にいるので、そういう人を見つけると無性に寂しいという時も減って毎日が捗りますよね。

 

スポンサーリンク

何か打ち込めるものを探す

無性に寂しい時に「何か打ち込めるもの」があれば、それでかなり気を紛らわせることができます。

何かに打ち込んでる時って、無性に寂しいとか余計な感情が一気になくなるんですよね。目の前の作業に集中できて、神経が研ぎ澄まされてくるというか。

 

僕なんかはこうやってブログを書いているわけですけど、ブログを書いていない時や執筆がはかどっていない時ってやっぱり余計な感情、寂しさなどに襲われることってあるんです。基本家でやってるので、孤独感なども正直ありますからね。

でも記事を執筆する手が波になってきた時というのは、本当に一切寂しさなどの感情に襲われることがなくなって、心が「ニュートラル」になるような感覚があるんです。

明鏡止水」という言葉がありますけど、冗談抜きでそんな感じですよね。記事を書くということのみに集中できる。

その集中してる時ってものすごい気持ちが良いし、充足感を得られるんです。だからブログ執筆をやめないという面があると思いますよね。

 

そういう風に、本当になんでもいいので打ち込める、集中できるものを見つけることができれば寂しさなどは一気に吹き飛ぶんですよね。

掃除、運動、料理、ゲーム、なんでもいいです。

人間「暇」になると色々余計なことを考えてしまって、無性に寂しいと感じることにも繋がってしまうので、そういったものがあると毎日を充実して過ごすことができますね。

「やりたいことを見つける」ということに関しては下記の記事でも詳しく話しているので、ぜひ読んでみてください。

 

自分の中で目標を見つける

これは上の項と少しかぶるところがありますけど、

目標を見つける

ということも寂しさを感じずに生きるためにはかなり大切ですね。

 

目標というのは、長期的な目標、例えば「資格を取って将来的に転職をする!」というような大きなことでもいいし、

比較的短期的な目標、「ダイエットして3ヶ月後までに5kg痩せる!」「筋トレをして腹筋バキバキにする!」とかそういうものを設定するようにするんです。

そういう目標があると、日々のやるべきことが自然と生まれて、そこに向かって行動ができるので寂しさを感じるようなこともなくなってくるんですね。

 

少し話が逸れますけど、昔の人って「暇な時間がかなり多かった」らしいんですよね。紀元前とかそのくらいの時期というのは。

今みたいにスマホもなければネットもないし、娯楽という娯楽がほとんどないので当然なんですけどね。

で、昔の人はあまりにも暇だったので「人生について考える」ようになります。

そもそも生きるというのは、どういうことなんだろうか・・・?

この世界はどのように成り立っているんだろうか・・・?

それが後の「哲学」の始まり、という風に一説には言われています。

 

ある程度暇というのもあった方が絶対に良いんですけど、何もやることがない状態が続くとどうしても孤独感や寂しいという気持ちを感じやすくもなるので、何か自分の中で目標を持っていた方がいいですね。

僕は今「このブログをもっと多くの人に読んでもらえるようにする!」という設定を自分の中に立ててるんですけど、そのような目標を立てたら無性に寂しいと感じるようなことも減ってきたんです。

(最近あんまり人と会ってないな・・・。でも今は記事を書くことに集中だ!)

寂しさを感じるようなことも正直ありますが、すぐに自分の中で振り切ることができています。

 

人間、目的意識が生まれるとものすごく強くなれるんですよね。

最近N国党の立花さんが有名ですけど、あの人を突き動かしているのは「NHKをぶっ壊す!」という強い目的意識なんですよね。あの人の場合はそれがあまりにも強すぎて、それが達成された時に反動がすごいありそうだなとは感じますけどね。

まあそこまで大きな目的でなくても、何かを上手くなりたいとか、そういうものがあるだけで日々の過ごし方も変わってくるし、寂しいと感じようがなくなります。

 

無性に寂しいと感じる時があっても人として当然

人間どうしても「」というものがあるので、調子が良い時もあれば悪い時もあります。

活力に溢れている時もあれば、少し気が弱って無性に寂しいと感じるような時もあります。

 

なので、気にしすぎないというのも大事ですね。

あ、今はそういう波の時なんだな

と静かに寂しいという感情が過ぎ去るのを待つというのも大事です。

 

その中で、今回話したような内容を意識しておくと、その寂しいと感じる瞬間がかなり少なってくるはずです。

もう一度まとめると、

 

・友達などに連絡を取ってみる

・配信者の配信を見る

・打ち込めるものを見つける

・目標を見つける

 

そこに加えて、「寝る」というのも意識してみてください。

寝ればぶっちゃけ辛いことも忘れられたりしますからね。
僕は失恋した時はひたすら寝て過ごしたりしてました笑

まあでもそういう寂しさも感じての人生だと思うので、自分の人生を楽しんでいきたいものです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2019 All Rights Reserved.