ポジティブについてこの記事を読めばよくわかる!【名言集60個も】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、月也です。

今回は

ポジティブ

というものについて深掘りして話していきたいと思います。

 

ポジティブポジティブとみんな言いますが、そもそも「ポジティブってなんだ?」と。

そして、

ポジティブになる方法はどんなものがあるのか?

ポジティブになるとどんな人生を歩めるようになるのか?

そこが結構曖昧だったりするので、あくまで僕個人の解釈にはなってくるのですが、話していきます。

 

ポジティブさというのは「人生に直結してくる部分」で、人生を充実させる、楽しむ上でも非常に重要な概念になってくるんですよね。

ポジティブになれる人が人生を制する、と言えるくらい大切なことになってくるので、この先読み進めてみてください。

 

スポンサーリンク

意味ってそもそもどんな感じなの?

ポジティブというのは「ポジティブシンキング」という言葉の略ですけど、ポジティブシンキングを辞書で引いてみるとこんな意味だそうです。

 

積極的、楽観的な考え方をすること。

goo辞書より

 

積極的になる、楽観的になる、そのようなことがポジティブだと。

だいたい認識としてはみんなそんな感じだと思います。

「後ろ向きなことを考えずに、困難があっても前向きに考えよう!」

みたいな感じに物事を捉えるという事が、ポジティブということですね。

 

恋愛もうまくいくようになる

ポジティブになることには様々な「長所」が出てくるんですけど、その中でも大きいのが「恋愛」というものに関して。

恋愛は100%、ポジティブな人の方が有利です。

 

恋愛ってどうしても「フラれる」ということが出てきますよね。

僕自身女性に告白して振られた経験はあるわけですけど笑、ネガティブでいるとそこで自分を追い込んでしまって立ち直れなくなるんですよね。

おそらく振られた経験がある人は多いと思いますけど、やっぱり結構しんどいじゃないですか。
なんか自分の存在自体を否定されたような気になるというか。

でもそこでうじうじしていても何にもならないし、振られた相手はもう「クソが!!!」みたいに割り切って次行った方がいいんですよね、ほんと。

ポジティブだと、振られるということに対してそこまで臆病にならなくなるので、必然的に自分が好きな相手と付き合える確率も上がってきます。

 

あとはポジティブな人って人を「惹きつける」んです。

ネガティブな人も、見られ方によっては「陰がある」というように見られたりしますが、間違いなくポジティブな人の方が恋愛においてモテます。

ネガティブな人と一緒にいると、なんかこっちの気分も下がってきて素直に楽しめないというか。
ポジティブな方が、(この人と一緒にいるとなんかすごい楽しい気分になるな)みたいに相手に感じてもらえやすくなるので、恋愛もうまくいきやすくなるんです。

恋愛においても、ポジティブというのは重要な要素になってきますね。

 

スポンサーリンク

大きな長所になり得る

上で話した恋愛についてもそうですけど、ポジティブでいた方が、ネガティブでいるよりも自分を追い込むことがなくなるし、かなり「生きやすくなる」のは間違い無いです。

 

ネガティブだと、小さい失敗なども深刻に捉えてしまって精神的にかなり疲れてくるんですよね。

今日は仕事でこんな失敗をしてしまった・・・

少しの失敗を引きずってしまうと、また同じ失敗を繰り返してしまったりします。

自分の中で「切り替える」ということも大切なんですよね。切り替えて、次同じ失敗をしないように気をつけるようにすれば良い。その切り替えられるようになるという事が、ポジティブの大きな長所の一つです。

 

それにネガティブだと周りにもそのネガティブさが伝染して、近寄りがたさが生まれてしまったりします。

あの人いつもネガティブだし、一緒にいるとなんか気分が落ち込んでくる・・・

ネガティブで周りに好影響を与えることってまず無いですよね。周りの人のネガティブにしてしまったりして、長所が本当に無いんです。

 

ポジティブになりたい人がポジティブになる方法は?

そのことはおそらくみんなわかってると思うんですよね。
それで、「ポジティブになりたい!」という風に思っている人は多いんじゃないかなと。

 

そこでここからは

手軽に、今からポジティブになる方法

というものを話していきたいんですが、一番簡単なのは

ポジティブな人のそばにいるようにする

ということ。これをする事で、実は結構簡単にポジティブになれるんです。

 

ポジティブな人のそばにいるようにする

ネガティブが伝染するのと同じように、ポジティブも実は伝染します。

例えば会社経営者と会ったりすると、なんか自分も「すごくなった」気分になったりするじゃないですか。
こんな人と一緒にいられる自分って、実はすごいんじゃね・・・!)みたいに笑

それというのは、その経営者の人が持つポジティブさやエネルギーみたいなものに影響を受けているんです。よほどネガティブが極まっていないでもない限り、そういう人と一緒にいると自分もポジティブになることができるんですね。

 

おそらくポジティブになりたいと思っている人って、普段「ネガティブな人と付き合うことが多い」ということがあると思うんです。

ポジティブな人よりもネガティブな人の方が居心地が良かったり、類は友を呼ぶで同じ波長の人の方を引き寄せたりするので。

 

僕自身、以前は一時期精神的に追い込まれていた時期がありました。自分の人生に全く明るいものが見えないみたいな、そういう時期があったんですね。

その時って、やっぱり同じようなネガティブな人ばかりが周りにいたんですよね。それで余計にネガティブになってしまっていたという面はあったと思います。

そんな僕がポジティブになるきっかけになったのが、底抜けに明るい人間と仲良くなったことがきっかけだったなと、今振り返ると感じるんです。
そういうやつとの出会いがあったんですけど、そこでかなり前向きに考えられるようになったなって。

 

最初はポジティブな人といると居心地の悪さを感じることがあるかもしれませんが、次第にポジティブでいることに慣れてくるんですよね。

人から受ける影響というのは、本当に驚くくらい大きいので。

ただその時に、なるべくネガティブなことなどは言わないようにした方が良いですね。ネガティブなことを発していると相手に自分のネガティブさが伝染して、居心地の悪さを感じられて去られてしまう恐れがあるので。

そこは少し頑張る必要がありますよね。ただ最初頑張れば、次第に相手に影響を受けられて自分もポジティブになることができます。

 

SNSでポジティブな発言をする人をフォローする

そこで疑問として出てくるのが、

どうすればポジティブな人と仲良くなれるの?

ということだと思います。

いきなりリアルでそういう人と仲良くなるのは難しかったりするので、おすすめなのは「ツイッターやインスタグラムでポジティブな発言をする人をフォローする」ということ。

 

そういう人っているじゃないですか。

ひたすら前向きになれるようなことを言ってくれるような人って。そういう人の発言を見るだけでもものすごい前向きになれるし、ポジティブになることができるんですね。

僕がオススメの人をここで紹介しておくと、

Testosteroneさんのツイッターはすごいポジティブになれますよね。書籍を出されてるんですけど、ひたすら筋トレの重要性を説いている社長さんで、知っている人も多いと思います。僕もちょくちょくツイッターを開いた時に彼のツイートが目に入って、エネルギーをもらえたりしています。

あとは武井壮さんのツイッターも僕は好きですね。

 

インスタグラムはほとんどやっていないので紹介できなくて申し訳ないんですが。

あとは自分が何か取り組んでいることについての発信をしている人をフォローすると、すごいエネルギーをもらえたりしますよね。

英語を勉強しているなら、英語の楽しさなどを発信している人のアカウントをフォローしたり。

自分で色々と探してみると良いかもしれません。きっと見つかると思うので。

 

ポジティブになれるおすすめの本

SNSの他にも本でも良いです。

僕は一時期経営者の人の本とか結構読んでいた時期があったんですけど、やっぱりかなり勇気をもらえたし、ポジティブになることもできました。
ああいった自己啓発本は、「ポジティブになる方法として活用する」のが一番賢い使い方だなと僕は感じてます。

 

僕だったら最近好きなのは、村西とおるさんの自伝『全裸監督』

最近Netflixでドラマ化されたんですけど、マジで面白いです。村西さんの人生は紆余曲折ありすぎて(前科7犯で50億の借金を背負う)、自分はなんてちっぽけなことで悩んでいたんだろうとホント思えます。

村西さん自身もこう仰っています。

人生、死んでしまいたいときには下を見ろ!おれがいる。

 

本当に辛い時は、「下を見る」ということも大事ですね。

自分は底辺なんだ・・・)みたいに思ってしまっていると、やっぱり考え方もネガティブになってきてしまうものなんですけど、下を見ることで心が本当に救われたりするんですよね。

見下すという意味ではなくて、「心をポジティブにするために見させてもらう」。そうすれば相手に失礼にもあまりならないので。

 

名言集60個

ここからは、ポジティブになれる、偉人や著名人の言葉、名言集60個ご紹介していきたいと思います。

ポジティブになりたいという人は、ぜひこれらの名言集、言葉の中で特に自分の中で響いたものをスマホか何かにメモしておいて、心が少し落ち込んだ時に見てみてください。

かなり、心がポジティブになるはずです。

 

1、

「できないことに気を取られずに、できることをやりなさい。」

ジョン・ウッデン(バスケットボールコーチ)

 

2、

「簡単すぎる人生に、生きる価値などない。」

ソクラテス(哲学者)

 

3、

「自分のために生きていても、むなしいだけだ。誰かのために生きてこそ、僕たちは生きることができる」

ボブ・マーリー(レゲエミュージシャン)

 

4、

「自分の生きる道を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。」

ボブ・マーリー

 

5、

「自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる」

ゲーテ(詩人、劇作家)

 

6、

「運がいい人も、運が悪い人もいない。

 運がいいと思う人と、運が悪いと思う人がいるだけだ。」

中谷彰宏(作家、俳優)

 

7、

「人生は芝居の如し、上手な役者が古事記になることもあれば、大根役者が殿様になることもある。

 とかく、あまり人生を重くみず、捨て身になって何事も一心になすべし。」

福沢諭吉(教育者)

 

8、

「人生に失敗がないと、人生を失敗する。」

斎藤茂太(精神科医)

 

9、

「自分で自分をあきらめなければ、人生に「負け」はない。」

斎藤茂太

 

10、

「人生はロマン。

 自分は不幸だと悩むのではなくて、試練を与えられた物語の主人公と思えば、人生をエンジョイできる。」

美輪明宏(俳優)

 

11、

「人間には不幸か、貧乏か、病気が必要だ。

 でないと人間はすぐに思いあがる。」

ツルゲーネフ(小説家)

 

12、

「人生は道路のようなものだ。

 一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。」

フランシス・ベーコン(哲学者、神学者)

 

13、

「絶えずあなたを何者かに変えようとする世界の中で、自分らしくあり続けること。

 それが最も素晴らしい偉業である。」

エマーソン(思想家、哲学者)

 

14、

「二十代の頃より10倍金持ちになったという六十代の人間を見つけることは簡単だ。

 だが、そのうちのだれもが10倍幸せになったとは言わないはずだ。」

バーナード・ショー(劇作家、ノーベル文学賞受賞)

 

15、

「年をとったから遊ばなくなるのではない。

 遊ばなくなるから年をとるのだ。」

バーナード・ショー

 

16、

「虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃ。」

ドリー・パートン(シンガーソングライター、女優)

 

17、

「速度を上げるばかりが、人生ではない。」

ガンジー(弁護士、宗教家、政治指導者)

 

18、

「第三者の評価を意識した生き方はしたくない。

 自分が納得した生き方をしたい。」

イチロー(プロ野球選手)

 

19、

「キャンプでいろいろと試すことは、ムダではありません。

 ムダなことを考えて、ムダなことをしないと、伸びません。」

イチロー

 

20、

「私は大事なショットを外した後のことなんて考えたことがない。

 もし考えたらいつも悪い結果を思ってしまうからさ。」

マイケル・ジョーダン(バスケットボール選手)

 

21、

「どこに行こうとしているのかわからないのに、決して遠くまで行けるものではない。」

ゲーテ

 

22、

「涙とともにパンを食べたものでなければ、人生の味は分からない。」

ゲーテ

 

23、

「不幸からよきものを生み出そうとし、又生み出しえる者は賢い人である。

 与えられたる運命をもっともよく生かすということは、人間にとって大事である。」

武者小路実篤(小説家、詩人)

 

24、

「苦しい時でも、とにかく笑っていろ。

 笑える余裕、ゆとりがないと判断を間違える。」

藤森正路(経営者)

 

25、

「逃げた者はもう一度戦える。」

デモステネス(政治家、弁論家)

 

26、

「人生に失敗した人の多くは、諦めたときに自分がどれほど成功に近づいていたか気づかなかった人たちだ。」

トーマス・エジソン(発明家、起業家)

 

27、

「人生は学校である。

 そこでは幸福より不幸の方が良い教師である。」

フリーチェ(文芸学者)

 

28、

「蝶はモグラではない。

 でも、そのことを残念がる蝶はいないだろう。」

アインシュタイン(学者、ノーベル物理学賞受賞)

 

29、

「「要領よく」という考えは、人生を意義あるものにしてくれない。」

藤原東演(臨済宗僧侶)

 

30、

「人は、不幸のときは一を十にも思い、

 幸福のときは当たり前のようにそれに慣れて、十を一のように思います。」

瀬戸内寂聴(小説家、尼僧)

 

31、

「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。」

チャップリン(俳優、映画監督)

 

 

32、

「生命のあるかぎり、希望はあるものだ。」

セルバンテス(小説家)

 

33、

「予想外の人生になっても、そのとき、幸せだったらいいんじゃないかな。」

松岡修造(プロテニス選手)

 

34、

「人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし。

 急ぐべからず。」

徳川家康(江戸幕府初代将軍)

 

35、

「あきらめなければ、必ず道はある。

 必ず。」

豊田佐吉(TOYOTAグループ創業者)

 

36、

「山は西からも東からでも登れる。

 自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。」

松下幸之助(実業家、発明家)

 

37、

「成熟するためには、遠回りをしなければならない。」

開高健(小説家)

 

38、

「人間には、必ず人生の転機を直感し、的確に判断できるかどうかを試される時が何度かある。」

アントニオ猪木(プロレスラー、政治家)

 

39、

「善悪、大小、かねの有る無し、社会的な地位の上下などという、

 人間の作った相対的な価値観を一切やめてみることです。」

相田みつを(詩人)

 

40、

「人生での経験とはそれをバネにして成長するための教訓なの。

 だから、ほんとうにひどい出来事なんてないわ。」

スザンヌ・サマーズ(女優、作家)

 

41、

「人生は意義ある悲劇だ。それで美しいのだ。生き甲斐がある。」

岡本太郎(芸術家)

 

42、

「幸福な人生を歩んでいる人は、言葉の使い方を知っています。

 言葉は選んで使いなさい。

 言葉の選択一つで、人生は明るくも暗くもなるのです。」

ジョセフ・マーフィー(宗教家)

 

43、

「楽天主義も悲観主義も一つの思考習慣によるものです。

 楽天家の人生が楽しく、悲観主義者の人生が暗いのは当然です。

 どちらもそれを望んだからです。」

ジョセフ・マーフィー

 

44、

「速やかに生長するものは早く枯れ、徐々に生長するものは永存する。」

J・G・ホーランド(小説家、詩人)

 

45、

「人格は厳しい状況のもとでこそ計られる。」

ネルソン・マンデラ(政治家、ノーベル平和賞受賞)

 

46、

「止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。」

孔子(思想家)

 

47、

「人生は一箱のマッチに似ている。

 重大に扱うのはばかばかしい。

 重大に扱わねば危険である。」

芥川龍之介(小説家)

 

48、

「勝利への道が困難であればあるほど、勝ったときの喜びは大きくなる。」

ペレ(プロサッカー選手)

 

49、

「簡単な人生を願うな。

 困難な人生を耐え抜く強さを願え。」

ブルース・リー(武術家、俳優)

 

50、

「ただ幸福になりたいと望むだけなら簡単だ。

 しかし他人よりも幸せになりたいというのならば、それは困難だ。

 我々は、他人はみんな実際以上に幸福だと思っているからだ。」

モンテスキュー(哲学者)

 

51、

「夢を見るから、人生は輝く。」

モーツァルト(作曲家)

 

52、

「楽しまずして何の人生ぞや。」

吉川英治(小説家)

 

53、

「取り返しのつかない大きな失敗をしたくないなら、早い段階での失敗を恐れてはならない。」

湯川秀樹(物理学者、ノーベル物理学賞受賞)

 

54、

「成果が出ないときこそ、不安がらずに、恐れずに、迷わずに一歩一歩進めるかどうかが、成長の分岐点であると考えています。」

羽生善治(将棋棋士)

 

55、

「困難を予期するな。

 決して起こらないかも知れぬことに心を悩ますな。

 常に心に太陽を持て。」

ベンジャミン・フランクリン(政治家)

 

56、

「何でも思い切ってやってみることですよ。

 どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのだから。」

坂本龍馬(幕末志士)

 

57、

「あせってはいけません。

 ただ、牛のように、図々しく進んでいくのが大事です。」

夏目漱石(小説家)

 

58、

「叩かれたからといって、へこんでしまうことはないわ。

 あれだけ叩いて卵を泡立ててもケーキはふくらむもの。」

メアリ・ジョンストン(作家)

 

59、

「人生はどちらかです。

 勇気をもって挑むか、棒にふるか。」

ヘレン・ケラー(教育家)

 

60、

「自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。

 それは自分自身を侮辱する行為だ。」

ビル・ゲイツ(実業家)

参考元:
「癒しツアー」https://iyashitour.com/
「TABI LABO」https://tabi-labo.com/225257/27-quotes

 

ポジティブについてのまとめ

まず、ポジティブでいることの長所をお話ししました。

恋愛もうまくいきやすくなるし、人生そのものもやっぱりかなり生きやすくなるんですね。
なのでポジティブになる方が絶対に得する事が多いです。

 

じゃあポジティブになる方法にはどんなものがあるのか?

やりやすいのは

SNSなどでポジティブな発言をする人をフォローする

という事です。そういった人のツイートを見たりする事で、少しずつその人の思考が自分にも入り込んでくるんですね。

人間には「ミラーニューロン」という機能が備わっているんですけど、他人の行動をマネようとする性質を持っています。
周りがネガティブな人だらけだったらネガティブが自分にとっての「当たり前」になってくるし、周りがポジティブな人が多いならポジティブが自分にとっての「当たり前」になる。

「どういう人と普段接しているか?」で自分の考え方そのものがマジで大きく変わってくるんですね。

ポジティブになりたいと思うのなら、ネガティブな人はなるべく避けるようにしてください。
そこからがスタートですね。

 

 

僕自身、学生時代とかはネガティブの権化みたいな感じでしたが、そういう順序を踏む事で少しずつポジティブになる事ができて、困難なども乗り越えるような気の強さを身につけられきたと実感しているので。

 

名言集の方も、ぜひ心が落ち込んでいる時とか、凹むようなことがあってポジティブになりたい時にぜひ見てみてもらいたいです。

ああいった言葉を見るだけでも、ほんと心が軽くなったりするので。

 

ポジティブやネガティブというのは自分次第で「変えられるもの」です。

ポジティブになりたいと思うのなら、自分次第で絶対に変われるんで、そのきっかけに今回の記事をしてもらえたら嬉しいです。

それではありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2019 All Rights Reserved.