ポジティブな人とネガティブな人の違いと、ポジティブになるのに必要な事とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、月也です。

 

ポジティブな人」と「ネガティブな人」っていますよね。

 

例えば仕事などで失敗をした時に、

 

あぁー、自分はなんてダメな奴なんだ・・・

と自分を追い込んでしまうことばかり考えてしまうネガティブな人と、

 

あー、失敗しちまった。次は同じ失敗をしないようにしよう!

とまた切り替えて考えられるようなポジティブな人がいる。

同じ出来事1つとっても人によって受け取り方は本当に様々です。

 

今回の記事では、

なんで人によってそんな違いが出てくるのか?

ポジティブに捉えるようになるにはどうすればいいのか?

ということについてお話ししていきます。

 

やっぱりネガティブに考えてしまうよりかは
ポジティブな方がすぐ気持ちを切り替えられたり
メリットが大きいんですよね。

もし物事をつい悲観的に考えてしまうという場合は、
ぜひ参考にしてもらえればうれしいです。

 

スポンサーリンク

ポジティブな人の特徴

物事をプラスの方向に見れるようになるには、
ポジティブな人の特徴」を知るのが一番手っ取り早いので
そこをまずはお話ししたいと思います。

これはもちろん人によっては違ってくるとは思うんですけど、
僕の身近にいるポジティブ野郎たちを見てきて(笑)、
大体こういう特徴があるように感じました。

 

・失敗なんてして当たり前だと理解している

・最悪の事態になっても”なんとかなる”と理解している

・自分の中に軸がある

 

このような特徴があったんですね。

それらのポジティブな人の特徴について、
1つずつ説明していきたいと思います。

 

失敗は当たり前だと理解している

ポジティブな人は、

失敗なんてして当たり前!

と頭で理解しているから、小さい失敗があっても
いちいち凹んだりしないんです。

 

何かを始めた時というのは失敗するのは当然ですけど、
慣れたことでも時に失敗するのが人間というものなんですよね。

プロのスポーツ選手とかも、普通に凡ミスをたまにしたりします。
野球だったらなんでもないフライを落球してしまったり、
サッカーだったらオウンゴールを決めてしまったり。

それがもう「ヒト」というもので。

 

失敗を完全になくしたい!というのは
おこがましい”と言えるのかもしれません。
プロのような人でも失敗はするわけですからね。

 

そういうことを常に頭に置いておくと、

失敗を恐れることが無くなってくるんです

まあ、自分なんかが失敗せずにうまく行かせるのは無理だよな
次は、失敗しないように気を付けよう

みたいに、良い意味で自分を諦める、というか。
そんなイメージですよね。

失敗を恐れることが無くなれば、行動を起こすということに
ポジティブになることができます。

 

ガンガン前に進めたり、チャレンジできるようなポジティブな人って、
失敗を恐れない人がやっぱり多いんですよね。

恐れないというか、”当たり前”だと思っている。

それがポジティブな人の大きな特徴の1つです。

 

スポンサーリンク

最悪の事態になっても”なんとかなる”と理解している

またポジティブな人は、

最悪な状況になってもなんとかなると理解している

という面があります。

 

多くの人は、「考えすぎ」なんですよね。

これはこの記事でも話していることなんですけど、
想像以上の最悪な事態になることってまずないんです。

⇒ 失敗が全く怖くなくなる「3つの事実」

 

例えば、

いきなり500万円の借金を背負ってしまった。

ということを想像した時に、
色んな「最悪な事態」を想像してしまうと思うんです。

返せなくなって怖い人たちが家に押しかけてきたらどうしよう・・・

借金が家族にばれて逃げられたらどうしよう・・・

最悪、自己破産する羽目になるんじゃないか・・・?

とか、考えられる最悪の事態が頭を渦巻いたりします。

しかし、実際はそのようなことはまず起こらない。

 

僕は2年ほど前に、投資詐欺などに遭ってそのくらいの借金を負ったんです
しかし、そのような事態には一切ならなかったんですよね。

怖い人たちが来るのなんて映画か漫画の世界だけの話で、
そういうことは今の時代起こることはありません。
普通に警察沙汰になりますからね。

また、意外と詐欺などに遭って借金をしてる人って今多くて、
家族からも理解が得られる場合が多い。

500万くらいの借金なら収入が少なくても何とか返済できるし、
自己破産も、ぶっちゃけするにしてもそこまでデメリットってないんですよね。
カードがしばらく作れなくなるとかそれくらいなもので、
本当に返済が苦しくなったら全然選択肢としてはありなんです。

 

借金というものをイメージした時にヘビーな光景が頭に浮かんでくるんですけど、
実際負ってみるとそこまでのことには実はなりません。

僕はまだ500万の半分以上の借金が今でも残ってますけど、
なんとかやれてますからね(笑)

 

自分の想像以上の悪い状況には実際にはならない

ということですね。

そのことに気が付くだけでも、ネガティブになることは減っていきます。

 

自分の中に軸がある

また、ポジティブな人というのは

自分の中に軸がしっかりとある

人が多いです。

ほとんどの人は、周囲から悪口などを言われたら
ものすごいショックを受けて下手したら立ち直れなくなることって
あると思うんです。

僕も以前、僕の存在自体を否定されるようなことを言われたことがあって、
その時はその言った人間を心底憎んだし、
死にたいとも考えたことがありました。

 

ただポジティブな人は、周囲からの言葉、評価を
そこまで気にしないことが多いんです。

自分で自分自身を評価できる

というイメージですよね。

仮に悪口などを言われたとしても
自分のやっていることなどを信じられているから
それに動じることが無い。

いちいちネガティブにならずに突き進むことが出来るんです。

うるせー!俺(私)がやりたいと思ってるからやってるんだよ!!」と。

そういう人って、あなたの周りにもいませんか?

そんな人を見た時って、ものすごい「ポジティブな人だなー」とかって感じられますよね。
実際ポジティブだと思うんですけどね、そういう人って。

 

以上の3つの特徴を全部、もしくはいくつかを
ポジティブな人は持っている場合が多いですね。

 

ネガティブな人がポジティブな人になるには?

ネガティブな人がポジティブになりたいと思った時に、
その特徴を参考にするとかなり役立つと思います。

ポジティブな人になる方法」については、
こちらの記事でも詳しくお話ししているので
そちらもぜひ読んでみてください。

⇒ ポジティブになりたい人が最短でポジティブになることができる「ある方法」

 

今すぐにできることとしては、

「最悪な事態にはならないということを理解する」

ということだと思います。

あなた自身のこれまでの経験を振り返ってみてもらいたいんですけど、
意外と「なんとかなった」ことって多かったと思うんです。

これ、無理だろ・・・
みたいな状況でも、意外とこなすことが出来たときとかって
おそらくこれまであったと思うんですね。

そういう経験を、定期的にイメージするようにするんです。
そうすると考え方自体が少しずつポジティブなものに変わっていきます。

 

考え方が変わり、行動も変わってくると
段々と自分の中に””が出来上がってくるんです。

自分の在り方、と言うんですかね。

在り方がしっかりしてくると、他人に何を言われようが動じなくなるんですよね。
うまく聞き逃すことができるようになる。

自分自身を認めてあげられるようになりますね。

 

今はネガティブでも、ポジティブな人に成れる

ネガティブな人がポジティブになるのって無理なんじゃ・・・?

ともしかしたら思われるかもしれないんですけど
全然そんなことは無くて。

どんなに今はネガティブでも前向きになることって出来るんですね。

 

僕自身がそうだったから。

昔は誇張無しで、「この世から消え去る」ことばかりを考えていました。
目の前が真っ暗で、人生を生き続ける自信がありませんでした。

そんな僕でも考え方を少しずつ改めて、
少しずつ行動を起こしていったことで考え方も変わって、
ポジティブに生きられるようになってきたんですよね。

結構デカい借金背負っても「まあなんとかなるか」と思えたりとか(笑)

 

その「考え方を改めた」というのは、
それこそ今回お話ししてきたようなことです。

それらを頭に刷り込んでいくことで、ポジティブに
物事をとらえられるようになっていきました。

 

なのでもし今あなたがネガティブにものを考えてしまって、
それを改めてポジティブになりたいと考えているなら
今回お話しした考え方はぜひ持ってもらいたいと思います。

 

・失敗は当たり前

・最悪の事態になっても”なんとかなる”と理解している

・自分の軸がある

 

これらをぜひ少しずつでも大丈夫なので
日々の生活の中で意識してみてください。

悲観的になることなく、ポジティブに生きられるようになっていきます。

 

それでは、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2018 All Rights Reserved.