人生に絶望した時にまた前を向くために必要な事

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、月也です。

 

大きな悩みがあったり心が折れるような出来事があると

人生に絶望してしまう

時があると思います。

 

自分なんかがこの世に生き続けていいのだろうか、

自分は生きる価値はあるんだろうか、

自分が生きていたら周りの人が迷惑なんじゃないか、

自分なんて早く消えた方が、みんな喜ぶんじゃないか、

 

そんな風に考えてしまうことってあると思うんです。

 

ちなみにそれらはすべて以前の僕の頭の中で
常に渦巻いていた言葉たちです(笑)

自分なんてゴミクズだと思っていたし、
早く消え去った方がこの世のためだと本気で思っていました。

それくらい自分自身に絶望していて、
人生に対して常に悲観をしていました。
自信なんてなかったですよね。

 

ただ、そんな絶望感というのも
乗り越えて前を向けるようになることは可能なんです。

僕は今でも心が落ち込んだりすることは当然ありますが、
「ま、なんとかなるか!!」みたいなポジティブな気持ちで
生きることが出来ています。

めちゃくちゃネガティブだった人間が前向きになれるんだから、
ホント人間って面白いなって感じるんですけどね(笑)

 

 

人生に絶望したときに、それをどう乗り越えるか

 

ということについて今回はお話ししていきたいと思います。

僕自身の話を交えてお話しするので
自分語りがもしかしたら多くなってしまうかもしれないんですが(笑)

「こんな人間もいるんだな」
とあなたの参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

僕が大きな悩みを乗り越えられたキッカケ

そもそもなんでそんな人生に絶望するほどに
精神的に追い詰められていたかというと、
僕にはある障害が物心ついたころからありました。

吃音症(きつおんしょう)という言語障害です。

正確には障害ではないんですが、生活にもろに支障が出てくる症状なので、
便宜上障害という風に表現させていただくのですが。

やっぱりまともに話すことができないということで、
筆舌に尽くしがたいほど悔しい思いをしてきて、
周囲の人間から馬鹿にされることも何度もありました。

気が付けば、自分の人生に対して絶望するようになっていましたよね。

 

 

そんな大きな悩みを乗り越えるきっかけとなったのは、

その悩みを既に克服している人との出会い

というのが本当に大きかったんです。

 

僕が20歳くらいの時に、吃音を克服されて仕事で大成功をしている、
という方の存在を知ったんですね。

あ、吃音者でも克服して成功している人もいるんだ・・・

その事実を知ったときに、本当に目の前に光が差すような感覚がありました。

俺ももしかしたら、変われるかもしれない・・・

ものすごい希望を持つことが出来たんです。

 

その人はネット上で色々と発信をされている方で、
その情報をとにかく当時は頭に入れるようにしていました。

「少しでもこの人に近づきたい!」
「いずれ必ず越してやる!」

と。

その時の学びは今のこういったブログでの発信に大いに繋がっていて、
僕の土台となってくれているんですけどね。

 

 

あなたがもし僕と同じように何か大きな悩みを抱えている、という場合は

その悩みを既に乗り越えている、もしくは乗り越えようと努力している

人の存在を知る、ということをしてみると良いと思います。

今はネットで検索してみると、絶対にそういう人っているので。

そういう人の存在を知るだけでも、
本当に勇気をもらえるんですよね。

 

自分の殻に閉じこもっているままだと、
精神的にもどんどん底の方に沈んでいってしまいます。

その殻を破るには、”他者の存在を知る”というのは非常に大きいです。

 

 

自分よりも悪い状態にいる人を見てみる

こういう話をするとどこかから色々と反感を買いそうなんですけど、
でも間違いなく自分自身が立ち直るきっかけになることなので
ここで話したいんですが、

自分よりも悪い状態にいる人を見る

というのは非常に重要ですね。

 

その人のことを見下すということではなくて、
自分よりも状況が悪い人がいるという事実を知れることで

自分なんてこの人たちに比べたらまだまだだな

という風に、少し安心できるんですよね。

そこで少し安心できることで、前向くきっかけになる。

そのことについてはこの記事でも触れているので
ぜひ合わせて読んでみてもらいたいんですが。

⇒ 劣等感を他人に対して感じやすい人は「自分と同じくらいの人」を見ると劣等感が薄れる

 

自分より上の人なんてまだまだいる

というセリフはよく聞くと思うんですけど、

自分より下の人もそれと同じか、
それ以上は確実にいるわけです。

自分が辛い思いをしているとどうしても
悲劇のヒーロー、ヒロインみたいに自分を見てしまいますが、
実は周りから見たら大した問題でもなかった
ということはよくあります。

僕の吃音なんかも、
耳が聞こえない人、声自体を発せられない人からしたら

その程度で、なんでお前人生に絶望するほど悩んでんの?

みたいに言われてしまうと思うんですよね。

 

そういう風に思えるだけでも、
「もっと頑張ろう」と前を向くきっかけにはなりますね。

 

 

スポンサーリンク

ネガティブな人間や情報とは関わらないようにする

人というのは、周囲にいる人からの影響を強く受ける生き物です。

周囲にどんな人がいるかで、
思考も大きく変わってきてしまうんですね。

 

周囲にもしネガティブな人がいたら、
その影響を確実に受けます。

人生なんてクソだよな・・・

努力なんてしても無駄だよ・・・

生まれた時から人の優劣なんて決まってんだ・・・

こんなことを言う人間がそばにいたら、
その影響をどうしても受けて、

本当にそうなのかな・・・?

と自分自身もどんどんネガティブになっていってしまうんですね。

 

逆に周囲に前向きな人が多いと、その影響を受けることが出来る。

頑張れば、少なからず成果は現れるでしょ!

人の悪口なんて言ってもしょうがない!切り替えよう!

生まれた時の条件なんて、自分次第で何とでもなる!

このようなことを言う人がもし周りにいたら、
自分も段々とそんな風に思えるようになっていくんです。

自然と、ポジティブな考え方ができるようになっていくんですね。
今あなたがどれだけネガティブでいようとも。

 

僕の友達で、とにかくポジティブな奴がいるんです。

とにかく行動量がすごいし、
常に前を向いて頑張ってるようなやつです。

その友達を見ていると、「自分ももっと頑張らんと!」と思えるし、
本当にポジティブになれるんですよね。

そいつが常に走り続けてくれていたから、
僕自身頑張り続けられたという面は間違いなくあります。

その友達は今自分の仕事で成功し始めてるみたいで、
僕も負けじとそれに追いつくために今はあえて距離を取ってるんですけどね

 

よくビジネス書で、

周囲にいる5人の年収を足して人数で割ったものが自分の年収だ

ということが高確率で書かれているんですけど、
それって周囲にいる人たちの考え方、行動などに
自分も影響を受けてくるから、ということなんですよね。

周囲にとてつもない行動量を誇る人がもしいれば、
それが段々と当たり前に思えてきて、
自分自身の行動量も上がっていきます。

行動量が上がれば、自然と収入も上がっていくだろうし
成功しやすくもなります。

 

情報も同じ

これは人以外にも「情報」にも同じことが言えます。

ネガティブな情報ばかりに触れていると、
それに段々と影響を受けてしまうんですね。

 

5ちゃんねるとかYoutubeのコメント欄なんかは
あれはマジで最悪で(笑)

極々たまにまともなことを言っている人もいますけど、
90%以上は妬みや嫉み、人への悪口で覆いつくされています。

あれほど人間の汚い部分が見られるところもそうは無いです、ホント(笑)

ああいうのを見ていたら、まず間違いなく悪影響を受けてしまいます。

 

触れる情報を選別する、というのもかなり重要ですね。

ネガティブな気持ちになるような情報ともし出会ってしまったら、
即画面を閉じるとか、そういう対処を取ることが大切です。

 

自分の周囲の人、情報を改めて見てみる

あなたの周りにもし常に人への悪口を言っているような人とか、
人生に対して悲観的な事ばかりいう人がいたら
出来るだけ距離を取った方が良いです。

同じ職場などで距離を取るのが難しいという場合は、
プライベートな話題などを極力話さないようにして
なるべく関わらないようにするとか。

自分の周囲の人間や情報を整理することで、
自分の生き方そのものも大きく変えていくことができます。

人生に絶望するようなことも無くなっていきますね。

 

 

今人生に絶望していても、必ずまた前を向ける

人は良くも悪くも変われる生き物です。

悪い方に変わってしまうこともあるし、
ポジティブな方へ変わっていくこともできる。

それは本当に自分次第になってきます。

もし今人生に絶望する程辛い思いをしていても、
あなたの行動次第で必ずまた楽しく、幸せに生きられるようになります。

 

 

前の僕は毎日冗談抜きで死ぬことばかり考えていました。

「あー、来世はもっとまともな人間として生まれてこれるかな」

そんなことを本気でいつも考えていました。
目の前が真っ暗で、希望なんて感じられませんでした。

目の前にあるのは、ただただ人生に対する絶望感のみ。

 

でも、少しだけ行動を起こしたんです。

それは上の方で話した
自分と同じ悩みを克服した人の存在を知った
などですよね。

そこから僕の人生は大きく良い方に変わっていきました。

失敗などをすることはいまだに多いですけど、

これも良い経験だ、また次頑張ろう!!

みたいに割り切れるようになったり、
かなりポジティブになれたと感じています。

そのくらいにならあなたも間違いなく自分次第で成れるので、
ぜひそのキッカケにこの記事がなればうれしいです。

 

自分の人生に絶望した人は、
必ず変わることはできると思っています。

また、この記事も合わせてぜひ読んでみてください。
前を向けるきっかけになると思うので。

⇒ 辛い時の処方箋。今すぐできる辛い時の乗り越え方をお伝えします

 

それでは、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2018 All Rights Reserved.