これは無理だ・・と感じる難しいことにチャレンジする時はこんなことを意識しよう

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、月也です。

自分の中で、

これはかなり難しい、というか無理だろ・・・

みたいなことにチャレンジしなくてはならないことってありますよね。

今まで全く経験のないことにチャレンジするときとか、難易度が高そうに思えることとか。

 

例えばこれまで恋愛というものに全く無頓着だったけど、恋人を作りたくなってそのために頑張るときとか、ですね。

恋人ができるまでのイメージがなかなか自分の中で浮かばなかったりして、何をしたらいいのかわからなくなってしまったりします。

 

そんな、

無理だと思ってしまうようなことにチャレンジするときの対策

ということで今回は話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

やり方がわからないから、無理だと感じてしまう

無理だ・・・

と思ってしまうときって大抵の場合

結果に至るまでのやり方、プロセスがわかってない

からそう感じてしまうんですね。

 

例えば冒頭で話した「恋人を作る」ということなら、

まず出会いをどう作るかが経験がないとわからないし、

デートはどこに行けばいいのか、

どういう会話をすればいいのか、

LINEではどんなやり取りをすればいいのか、

付き合うことになったとして、どのような距離感でいればいいのか、

とか、疑問に思うことが多々出てくるわけです。

 

人間って「わからないもの」に恐怖を感じるんですよね。

職場とかもそうですけど、その職場に初めて行くときって「どんな人がいるんだろう」とか「どういう仕事をするんだろう」とかとにかく不安でしょうがないじゃないですか。

でも職場に行く日が増えて行くにつれ、特にそういう不安を感じずに職場に通うことができるようになりますよね。

 

未知なものというのは、最初は絶対に恐怖を感じたり二の足を踏んでしまうもので。

なので、まずは「知る」ということがとにかく大切ですよね。

うまくいかせるにはどうすればいいのか、そのやり方などを調べたり、成功例を知ることで行動もかなりしやすくなってきます。

 

僕がYouTubeにチャレンジしてみてわかったこと

僕は今ある1つのことに挑戦をしていて、「YouTube」というものに力を入れています。

目下の目標として「チャンネル登録者1000人」を目指しているわけですけど、これがやってみたことがある人ならわかると思うんですけど、まじで遠いんですよね。

大手Youtuberが平気で数十万人とか登録者数がいるので感覚が麻痺してきますが、普通の人がYouTubeをやってみるとまあ面白いくらい登録されないです笑

最初は万里の長城並みに長い壁のように思えて、100人に到達するのにもかなり苦戦しました

 

ただ、いろんなYoutuberの動画を参考にしたり、「こういう動画が見られるかもな」ということを考えながら動画をアップして行く中で、少しずつチャンネル登録者数が増えてきたんですね。

毎日2~3人くらいの人がポツポツ登録してくれるようになってきました。

今はまだ「300人弱」ほどなんですけど、このまま続けていけば100%「チャンネル登録者1000人は達成できる」と確信できたので、今日々の投稿を頑張っているという感じなんですけどね。

 

スポンサーリンク

道筋が見えれば人は頑張れる

これというのは本当になんでもそうで、「道筋」が見えることで日々のやるべきことが明確になるし、迷わなくなるんです。

よく受験勉強で、「自宅浪人をするとなかなか志望大学に受かりにくい」ということが言われます。予備校に入った方がより確実、ということが言われますよね。

それはやはり自分だけだと、「やるべきことを明確にするのが難しい」からだと思うんですね。

第三者の目線で自分の不得意な部分であったり、やるべき勉強を教えてくれる人がいた方が間違いなく効率は良いし、モチベーションも上がりやすいです。

他人の目があることで、サボることもなくなりますからね。

 

なのでまずはとにかく

やり方を知り、自分の中でやるべきことをハッキリさせる

ということが、「無理かも・・・」と感じることを始める際の秘訣ですよね。

突破口を作るのが大事です。

 

どうしても難しい時は人を頼る

そして時に、このままじゃ厳しいと感じた時は

人を頼る

ということもかなり大事です。

 

難しいことにチャレンジするときって、絶対に「詰まる」時がきます。

何でもかんでも壁にぶち当たったら人に頼っていると自分が成長することはなくて、常に壁にぶち当たったらストップする、ということになってしまうので頼りすぎはダメですが、

「自分だけじゃ、このピンチは乗り越えられそうにないかも・・・」

そう感じるような本当に難しい局面に当たる時もあります。

そんな時に自分だけでそれを乗り越えようとすると、下手したら最悪の事態に陥る可能性もありますからね。

 

なので本当に辛いと感じた時、苦しいと感じた時は信頼できる人に素直に

すみません、手助けしてもらえませんか?

という一言を言うことが非常に大事です。

 

人に頼るって、苦手な人も多いと思うんです。

なんか甘えなような気がしたり、相手に迷惑がかかるんじゃないかと色々考えてしまってかなり難しいんですよね。
僕も人に頼るのは本当にこれまで苦手で、困難があっても自分だけで解決しようとする癖がついていました笑

ただ本当に辛い時は人を頼って良いし、助けてくれる人も多いんですよね。

そこで素直になれる人が、無理だと感じるような難しいことも乗り越えられるのかなと思います。

 

失敗しても何度もチャレンジする

あとはとにかく「何度もチャレンジすること」これにつきますね。

難しいことにチャレンジする時は、やっぱり何度も失敗をしたり、うまくいかないことがあります。
ただそこを乗り越えられた人だけが自分が望む成果を上げることができるし、成功もできるんですよね。

スムーズにうまくいくことってよほどの天才でもない限りありえなくて、絶対に失敗は伴います。
失敗知らずでうまくいった人なんて、正直この世には存在しないんじゃないかと思うくらいで。

 

また失敗する中で自分の能力やスキルが磨かれていくし、精神面でもかなり成長していきます。
応用力も身についていくので、他のことにチャレンジすることがあってもうまくいく確率が上がるんですね。

「これは無理だ・・・」ということにチャレンジすることは、結果的に自分を成長させることにもつながります。

人生においてかなり有利になってくるんですよね。

もしそういった難しいことに挑むことがあった際はそういう考えを持っておくと、乗り越えられやすくなりますね。

 

まとめ

人によって挑むことは様々だと思いますが、ぜひ今回お話したことは頭においておいてください。

○やり方を自分の中ではっきりさせる

○人を頼る

○失敗しても何度も挑む

 

これらができる人が、「これは無理だ・・・」と思うような難しいこともで乗り越えることができるし、結果も出すことができますよね。

それでは、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2019 All Rights Reserved.