素直に人に頼ることができる人の方が、人生もうまくいきます

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、月也です。

人に頼る」のってなかなか難しいですよね。

人に頼ることが上手な人は本当に上手で、必要な時に適宜人を頼ることができて、そういう人は本当羨ましいなっていつも感じてるんですけどね。

 

ただ人に頼るのが苦手、という人も多いと思います。
なんか悩み事とか問題をすべて自分の中で抱え込んでしまう、というか。

僕がまさにそのタイプで、人に頼るのが今まで本当死ぬほど苦手でした笑

迷惑をかけてしまうんじゃないか?

この程度も自分で解決できないの?と思われるんじゃないか?

とか色々考えてしまって、ダメだったんですよね。

 

でも、人に頼るというのは決して悪いことではなくて、むしろ時に絶対に必要なことになってくることだし、相手から喜ばれたりもするんですね。

 

今回は、人に頼るのが苦手という人に向けて、

素直に人に頼れるようになる考え方

ということで話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

人は人から頼られるのは好き

人を頼ったり頼みごとをする時って、なんかすごい申し訳ない気持ちになったりするじゃないですか。

(忙しそうなのに、迷惑じゃないかな・・・)みたいに。

でも頼られる側からしたら、決して迷惑なことではなくて、むしろ「嬉しい気持ち」になったりするものなんですよね。
「頼られる」というのはある意味で「信頼されている証拠」とも取れるので、

あ、自分を信頼してこの人は頼ってきてるんだな

と相手としては感じたりするから。

 

もちろん無理難題を相手に吹きかけたり、普段から頼りっぱなしだと(なんだこいつ・・・)みたいに思われることもあります。

ですが普段はちゃんとしてる人が本当に必要な時に頼るというのは、決して迷惑がられることはないし、むしろ「助けになってあげたい」と周りは考えてくれたりします。

 

人から頼られると、頼られる側としてはそこで「自己重要感」が満たされて、決して悪い気持ちにはならないんですね。

本当に困った時は是非、周りを頼ってみてください。

予想以上にみんな力を貸してくれたりするので。

 

頼るだけならタダ

そしてこの考え方もぜひ持っておいてもらいたいんですけど、

頼むだけならタダ」ということなんですよね。

 

人に頼むことが苦手な人は、頼む前に色々と頭の中で考えてしまうんですけど、必ずしも頼む相手がその想像と同じような感じ方をするとは限らないんですよね。

もしかしたら前項でも書いたように、あなたが普段ちゃんとしているのなら、むしろ喜んで助けてくれるような人もいるかもしれないので。

そして、もし思い切って頼んでみたとして、そこで鈍い反応をされたらそこで深追いをすることはせずにすっとまた引き下がればいいんです。

あ、もしもで大丈夫なので!そこまで深く受け取らないでくださいね!

このように立ち回れば、相手に負担をかけるようなことはありませんよね。

 

スポンサーリンク

自分から求めないと何も得られない

新約聖書に、

求めよ、さらば与えられん』

という有名な言葉がありますが、まずは自分から求めてみないと何も得ることってできないんです。もしかしたら助けてくれる人が周りにいるかもしれないのに、自分から助けを求めなかったら誰も助けてはくれないんですね。

 

僕は最近、本当に困ったことがあったら素直にまず助けを求めるようにしています。

例えば、今僕はライターの仕事をしているんですけど、知り合いの社長さんなどに

「もしHP用の記事を作って欲しいという方がいたら、是非紹介していただければ嬉しいです」

前までは絶対そんなことは怖くて言えなかったんですけど笑、このようなことを言うようにしていますね。
そこから仕事につながったケースも今まであったので、言ってみるもんだなと本当感じてます。

 

まずは軽いテイストで、「実は最近こういうことで悩んでるんですよねー」ということを人に対して言ってみる、ということは非常にオススメですね。軽くなら相手に負担をかけることもないので。

そしてそこでちゃんと関係を構築できている人なら、助けてくれるということも十分考えられますからね。

人の助けが得られれば、自分の中の悩みも結構簡単に解決できたりするものなので。

(今まで自分だけで悩んでたのはなんだったんだ・・・)

みたいに思ったりします笑

 

人に頼るのが得意な人は人生がうまくいきやすい

僕の周りには、「人に頼るが得意」な人がいるんですけど、そういう人はやっぱり人生がうまくいっている人ばかりなんですよね。

 

例えば僕には今お世話になっている社長さんがいるんですけど、その社長さんがすごいのは「自分ができないことをしっかりと把握している」ということなんです。

なんでも自分でやろうとせずに、自分ができないことを得意な人が周りにいたらその人に素直に頼むことができる

会社経営者にもなるとどうしても「プライドが高くなりがち」だったりするんですけど、その社長さんはそういう感じは微塵も感じさせず、誰に対しても公平に接することができる人で、腰も低く、心の底から僕が尊敬している方なんですけどね。

 

その社長さんのように、人に頼ることが上手い人は人生もうまくいく傾向にあります。
もちろんその人の人間性にもよるんですけどね。人間性が最悪な人には誰も手を貸そうとは絶対にしないので。

人に頼るのに二の足を踏んでしまうあなたは、間違いなく人間性としては「優れている」と思います。
それは他人の気持ちを優先的に考えられる、ということだから。

自分が今困っていること、苦手なことを思い切って人に頼れるようになれれば、人生もうまくいきやすくなりますね。

 

拒絶されるのが怖いから頼ることができない

人に頼るのが苦手な人って、

拒絶されるのが怖い

という心理がどこかにあるから頼るのが苦手だったりすると思うんです。

僕がまさにそうで、「頼みごとを断られる=自分の存在を否定される」みたいに考えてしまって、それが怖かったから悩み事などをすべて自分の中で抱え込んでしまっていた、という面は間違いなくありました。

 

でも頼みごとを断られたとしても、それは決してこちらのことを否定しているわけではないんです。

単純に相手の人が今仕事などで忙しくて余裕がないだけだったり、自分ではその分野では助けになってあげられそうにないから断る、というケースもあったりして、別に迷惑だから断る、ということでは多くの場合ないんですよね。

上の方でもお話ししましたが、人は人から頼られると、そしてその相手が仲の良い人だったりすると「頼られている」という気がして嬉しい気持ちになったりするものなんです。

本当に苦しかったり助けが欲しい時は、素直に人を頼れるようになれた方が間違いなく人生が生きやすくなりますよね。

 

なんでも自分だけで解決しようとするのは、それはある意味で「弱さ」なんです。

それは「人を信頼しきれていない」ということだから。

苦しい時は素直に人を頼ることができる人が、本当に強い人なんじゃないかなと僕は最近強く感じてます。

 

それでは、ありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2019 All Rights Reserved.