2018/04/05

存在感がない人が周りに一目置かれるようになるために必要な「ある2つのモノ」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうも月也です。

 

存在感がない

ということで悩んでいる人って多いと思うんです。

 

どんな場面でも一歩引いた感じになってしまって、
空気のような存在になってしまうというか。

あれ、お前いたの?

みたいに言われるのってかなり辛いですよね。

 

僕は昔とにかく自分に自信がなかったので、
出来る限り目立たないように目立たないように
空気を消すことばかりを考えていた時期があって。

目立ってしまった時に変なことをしでかしたりしたら
白い目で見られるんじゃないか?
みたいな恐怖に襲われたりすることが多かったから。

その努力は見事実ったわけですけど、
今度は影の薄さに悩まされるようになったという(笑)

「あれ、お前いたのかよ笑」

みたいなセリフを何度聞いたかわからないですよね。

 

 

人間関係において、
やっぱり一番つらいのが

存在を認識されない

ということだと思うんです。

「存在を無視される」ということですよね。

 

無視され続けると自己肯定感と言ったものも徐々に下がっていってしまうし、
自分に自信というものが失われていってしまいます。

自分に自信が持てないと本当に人生そのものが
辛いものになってきてしまいますね。
日陰日陰を歩くようにになっていってしまうから。

 

人間だれしも

認められたい

一目置かれたい

こんな願望を抱いているはずで。

 

そこで今回の記事では、

存在感のない人が如何にして存在感を発揮させるか

ということについてお話ししていきたいと思います。

簡単にできるテクニックから根幹となる部分まで。
詳しくお話ししていきたいと思うのでぜひ読んでもらえればなと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

猫背だと最悪

 

まず最初に

「存在感のない人の特徴」

ということについてお話ししたいんですが、
とにかくみんな「姿勢が悪すぎる」ということがあって。

 

存在感のない人ってみんな猫背な感じで
うつむいたりしてしまってるんですよね。
それは必要以上に目立つのを恐れる心理からくる行動だったりするんですけど。

でもそれだとやっぱり存在感がないままでいてしまうし、
自分の力というのも発揮できなくなるんですね。
「自分」というものを生きられないというか。

 

そこで簡単なテクニックというのがあって、

「姿勢を常に正すようにするんです」

背筋に鉄パイプか何かを通すようなイメージで、
背筋をピンっと張って歩くようにしてみる。

 

それだけで本当に印象って変わるんですよ。
かなり簡単なことなんですけど。

騙されたと思ってぜひやってみてください。
そうするだけで一目置かれるようになるということも十分考えられます。

 

最初は意識してやる必要があると思いますけど、
慣れればそれが当たり前になってくるんで。

常に姿勢というものを意識して少しでも猫背になっていたりしたら、
「いかんいかん、背筋背筋・・・」
みたいな感じで正すようにする。

 

「そういえば姿勢悪かったかもしれない・・・」

という人はぜひ実践するようにしてみてくださいね。
それだけで周りのあなたを見る目が変わると思うんで。

 

 

 

何か一つでも熱中できるものはあるか

 

そして影が薄いのを何とかしたいと考えた上で
大切になってくることというのがあって。

誇れるものを一つでもいいから見つける

これもかなり大事です。

誇れるものを一つでも持っていればそれが「自信の源泉」になるんですね。
そこから自信というのが供給されて、
徐々に存在感というものも発揮できるようになるんです。

 

例えばあんまり目立った能力とかは持ってないんだけど
「将棋」がものすごく好きで強いとするじゃないですか。
そこら辺の奴だったらまず負けない、みたいな。

そんなものを一つでも持っていると、
俺には将棋がある!他の奴には負けない!
みたいにものすごい自信に繋がるんですよね。

また周りにもその自信というのが伝播して、
「あいつの将棋に対する情熱ハンパないよな」
という風に一目置かれたりする。

 

 

 

スポンサーリンク

一つの熱中できるものが自信を生み出す

 

多くの人が得意なもの、熱中できるものを持っていない中で、
何か一つでもそこにフォーカスできるものを持っている人は
普通の人から見たら輝いて見えるんですよね。

それが反社会的なものでない限り、
周りから一目置かれる材料に絶対なるんです。

一時期「うんちく王」みたいなのがもてはやされたように、
一つでも特技みたいなものがあればそれが自分を輝かせてくれる。

 

何も誇れるものが無かったりとか、
なんの個性もない人はやっぱり目立たないんですよね。

そういう人は存在感がない人が多いです。

しかし一つでもいいから強烈な個性であったりとか
誇れる何かがあれば、
特別な存在」になることができるんです。

そんなものを持っている人なんてなかなかいないから。

あなたが今どんな状態であっても、
「おっ?」と周りに思わせられるような人間になることは可能なんですね。

 

 

僕も冒頭でお話しした通り昔はマジで空気のような人間だったんですけど、
今では何故か人に応援してもらえたりとか、
会った人の印象に残ってもらえたりする人間になれたので。

「あの時の人だよね?」

と言ってもらえたりとか。

昔はそんなことなかったんですよね。
会って3度目の人とかにも
「初めまして!」とかって言われる人間だったんで(笑)

 

何故そんなに変わることができたかというと、
これまで書いてきたことを実践してきたからなんです。

常に姿勢というものには気を使っているし、
僕の場合「ブログ」という熱中できるものを今は持っているから。

うつむいた姿勢というのを正して、
「文章を書く」という長所に気が付くことができた時に
堂々と胸を張っていられるようになり、
周りの反応が本当に変わりだしたんですよね。

 

 

姿勢は分かるけど、熱中できるものなんてなかなか見つけられないよ・・・。

という人もいると思うんですが、
そんな人はぜひ下記の記事を読んでみてください。

熱中できるもののタネを必ず見つけることができると思うので。

⇒ 簡単に「やりたいこと」を見つけられる思考術

 

 

 

存在感は”作り出せる”

 

今いくら存在感がないことで悩んでいたとしても、
間違いなく存在感に満ちた人間になることが可能です。

自分にレッテルを張ってしまうのが一番ダメですね。

「自分は影の薄い、空気みたいな人間なんだ・・・。」

とふさぎ込んでしまったら一生そのままになってしまう。

 

でも本当に「一つのキッカケ」なんですよね。

その一つのことを見つけることができれば、
絶対に周りに一目置かれるような人間になることができます。

今回話した姿勢、そして熱中できるものというのが
そのキッカケになるということですね。

 

それではありがとうございました!

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. あいうえお より:

    髪形や服装を奇抜にする方が手っ取り早いです。

    • 月也 より:

      確かにそれが一番手っ取り早いですね(笑)

      ただそれをできる人ってなかなかいないと思うんですよね。
      例えば大学に入学するときとか、
      節目の時であればやりやすいとは思うんですが。

      「今の環境」で存在感を発揮するためには、
      この記事で書いているようなことが
      一番やりやすいんじゃないかなってことですね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 自信の方程式 , 2015 All Rights Reserved.