根暗な人でも人と明るくコミュニケーションが取れるようになる秘訣!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、月也です。

 

今回の記事では、

根暗を脱出する方法

ということで書いていきたいと思います。

 

性格って「生まれながらに決まるもの」だと思われていて、
確かにその通りだと思うんですよね。

その人の性質というものは、生まれながらに決まっていると思います。

 

ただ”大まかな性格”というのは後からでも変えることって実はできるんですね。

今人見知りするような人であっても、
人と積極的にコミュニケーションを取れるようになれるし
明るく振る舞えるようになることはできます。

逆に話し好きな人がもう少し落ち着きを持ちたいと
口数を減らすようなこともできるんですよね。

そういった表面的な性格、”振る舞い方”と言っても良いんですかね、
そういう部分は変えることができます。

 

今は根暗でコミュ障だという人でも明るくなることは絶対できるので、
今回の記事をきっかけにぜひ変わっていきましょう!

 

スポンサーリンク

根明から根暗に変わった男

そもそもなんで「性格は変えられる」なんてことを
そんな堂々と言うことが出来るかというと、

僕自身が「性格が大幅に変わった」人間だからなんです。

 

僕は幼稚園くらいの頃までは
自分から積極的に友達に話しかけていったりとか、
友達はかなり多い方だったんですね。

めちゃくちゃアホで、お調子者の部類の園児だったと思います。

そこから小学校に上がったくらいから
「根暗」な性格になってしまうんですが(笑)
それには大きなキッカケがあったんです。

 

何かというと、

吃音(きつおん)というバカでかい悩みが自分の中に生まれた

ということが非常に大きかったんですね。

 

吃音が出始めた関係で、普通に話すことが出来なくなってしまったんです。
どもっているところを同級生に見られたくないから、
段々と話すことを避けるようになっていきました。

そしたら気が付けば、
人と接すること自体に恐怖を覚えはじめ、
対人恐怖症のような感じになってしまったんですけどね。

 

元々根明な部類の人間だったのが、
1つのキッカケで対人恐怖症になるくらい
僕は人付き合いが極度に苦手になってしまいました。

 

だから逆に考えれば、

根暗から根明になる

ということも十分考えられるんですよね。

 

何故根暗になったのかを探ってみる

根暗な性格な人は多くの場合、

自分の中にバカでかい悩みを抱えている

というケースが多いと思うんですね。

 

僕自身がそうだったし、
自分の中に悩みがあるとどうしても気持ちを抑え込んでしまって
根暗気味になってしまうんです。

人と接するときなどにその悩みが頭をよぎって
明るく接するのが非常に難しくなってきます。

 

だから根暗を脱したいという場合は、

自分の中で何か悩みは無いだろうか?

ということを探ってみると良いですね。

それが根暗の原因になっている可能性は十分に考えられるから。

その悩みを解決することができれば、
性格も自然と根明になっていきます。

自分の中の悩み事がなくなれば
自然と明るく接せられるようになるものですからね。

 

コンプレックスの克服ということについては
ぜひこの記事を参考にしてみてください。

どんなコンプレックスであっても、
自分の中で乗り越えることは絶対にできます。

⇒ コンプレックスを誰でも確実に克服できる「3ステップ」

 

スポンサーリンク

コミュニケーションに苦手意識を持っている場合

また根暗な人は、

コミュニケーションに苦手意識を持っている

人が多いと思うんです。

 

人とどんなことを話したらいいかわからない・・・

どうも人と話しても話が盛り上がらない・・・

自分なんかと話していたら、つまらないと思われるんじゃないか・・・?

 

そんな思いから話すことを避けるようになり、
それが根暗な性格に繋がってしまっているということは
十分に考えられます。

 

会話に苦手意識がある人って、

とにかく、面白い話をしなきゃ・・・!

みたいに面白いことを話さなくてはいけない、
みたいな強迫観念を持ってしまっている場合が多いです。

話を盛り上げようと色々と話そうとするんだけど、
場がなかなか盛り上がらずに空回りしてしまって
そのままドツボにハマっていってしまう、みたいな。

 

でもそれは間違いで、

別に無理して面白い話をする必要ってないんです。

面白い話ができなくても、
話を盛り上げることって実はできるんですね。

聞き手に回って質問を上手く駆使することで」、
笑いが起こるような会話ができるようになります。

 

その点についてはこの記事で詳しくお話ししているので、
そちらの記事をぜひ読んでみてください。

いくら今あなたが口下手なのだとしても、
会話上手になることはできます。

⇒ 対人恐怖症の人が会話を好きになれる「ある2つの会話テクニック」

 

会話というのは上記の記事でお話ししていることなどを意識することで
上手くなることはできます。

会話に対する苦手意識がなくなれば、
人と積極的に関わることができるようになるので
自然と性格も明るく変わっていくと思います。

 

人と接点を積極的に持つようにする

自分の中の大きな悩みにちゃんと向き合い、
会話に対する苦手意識を克服する。

それらと同時に
人との接点を増やす
ということも非常に重要ですよね。

根暗を脱するためには、数をこなすということも大切です。

 

人と接する機会を増やしていくと、
コミュニケーションを取ることに慣れてくるんですよね。
本当に自然体で人と接することができるようになっていきます。

なんでもそうですけど、慣れってマジで大事です

人と話すのも、
勉強をするのも、
文章を書くのも、

何でもやっぱり慣れなんですよね。

 

人と接する機会を増やすのに一番手っ取り早いのは、
カフェ会などに参加してみる」ということです。

今カフェ会って色んなものがあって、
野球好きだけが集まるようなものだったり、
漫画が好きな人が集まるもの
色んな種類があるんですね。

そこで自分と同じ趣味を持った人が来そうなカフェ会に参加することで、
人と接する練習にもなるし、出会いもあったりして面白いんですよね。

ただそういったカフェ会には「営業」も紛れ込んでいるので
そこは注意する必要はあるんですが。

営業というのはアムウェイなどのネットワークビジネスの勧誘だったり、
ビジネスの高額塾の営業などですね。

そういう営業に遭った時の対策については
こちらの記事でお話しているので、その記事を読むことで
純粋にカフェ会を楽しめるようになります。

⇒ MLM(アムウェイなど)の勧誘を受けた時、どのように対応すればいいのか?

 

カフェ会以外にも、
合コンや飲み会に誘われたら積極的に参加するとか、
新しい趣味を始めるというのでも良いですよね。

 

とにかく重要なのは、

純粋な出会いを増やすこと

です。

会社の同僚とかだとどうしてもかしこまってしまって
純粋にコミュニケーションを取ることが難しいんですよね。

会社以外の場所での出会いであれば
自然体でコミュニケーションが取れるので、
根暗を脱したいという場合には非常に良い練習になります。

 

とにかく笑顔を意識する

それとこれはぜひ意識してもらいたいんですけど、

笑顔

はマジで超重要です。

 

ぶっちゃけニコニコ笑顔を忘れないようにすれば
人に好かれることは確実に増えるくらい
笑顔は大事です。

単純に仏頂面の人よりもニコニコしてる人の方が
親しみが持てるし接しやすいと思うんですよね。

想像してもらえればわかると思うんですが。

 

あなたがあんまり笑顔ができていないという場合、
それが人を避けることに繋がってしまって
根暗な性格に繋がっている可能性も考えられます。

なのでぜひ人と接するときは
笑顔を意識してみてください。

 

ただ常にニコニコしてると気持ち悪いので(笑)
要所要所で笑うようにするんです。

そうすればあなたの相手に与える印象もがらりと変わります。

 

根暗は後天的に変えられる

根本的な人としての性質はなかなか変えることって難しいんです。
生き様、価値観」というんですかね。

孤独を好む人は、やっぱりいつまでも孤独を好みます。

 

でも人とのコミュニケーション程度であれば、
後天的にいくらでも変えることができます。

孤独が好きであっても、明るく人と接せられるようには成れるんですね。

そのために必要なことを、これまでお話ししました。

 

・自分の中の大きな悩みと向き合う

・会話に対する認識を変える

・人との接点を増やす

・笑顔

 

これらを意識することで、
コミュニケーションに対する苦手意識も薄れていって
根暗な性格も薄れ明るく振る舞えるようには絶対になれます。

 

千里の道も一歩からで、いきなり変わることはやっぱり難しいんですが、
一歩ずつ足を踏み出すことで変わることは絶対にできます。

対人恐怖症だった僕ですら、
今は人と接するときに恐怖心はもうほとんど感じない
くらいには慣れたので(笑)

 

人と接する楽しさを見出せるようになれば、
性格も明るい方へと変わっていきますね。

 

それでは、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2018 All Rights Reserved.