2018/08/21

MLM(アムウェイなど)の勧誘を受けた時、どのように対応すればいいのか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、月也です。

 

人と関わってくる中で、誰でも高確率で遭遇することがあります。

 

何かというと、

MLM(アムウェイ、ニュースキンなど)の勧誘

です。

 

MLM(マルチ・レベル・マーケティング)の中でも特に、

アムウェイ、ニュースキンの勧誘を受けたことがある

という人は多いんじゃないでしょうか。

 

僕自身、アムウェイは無いんですが、
ニュースキンの勧誘を受けたことはあるし、
他のMLMの勧誘を何度も受けた経験があります。

新しい人と接する中で、やっぱりそういう人も多いんですよね。

あの業界の人は人が集まる場所にいることが多いので、
例えばカフェ会などに行くとまず間違いなく1人はいます。

あとはマッチングアプリを使っている例もありますね。

 

MLM自体は違法でもなんでもないんですけど、
あの業界はとにかく「やり方がまずい」んですよね。

強引に人を誘うようなやり方をしてしまっているから、
尋常じゃなく評判が悪いわけですが。

 

まだアムウェイなどの勧誘を受けたことが無い方も、
おそらく今後勧誘を受けることがあると思うんですね。

そんな時にどのように対応すればいいか、
ということについて今回はお話ししていきたいと思います。

心構えと言っても良いかもしれませんよね。

 

僕自身が勧誘を受けた経験をお話ししながら、
そういう点について触れていきます。

 

 

スポンサーリンク

飲み会である男性と知り合い

僕が24歳くらいの時に、知り合いの女性に飲み会に誘われたんですよね。
飲み会というよりも、実質的に合コンみたいな感じでしたが笑

4対4の合コンだったんですけど、
同じ参加者の男性の家がすごい近所だということが判明して
その男性とすごい仲良くなったんです。

僕より1つ年下だったんですけどね、彼は。

 

で、後日その彼と飲みに行ったときにこんなことを言っていたんです。

僕の友達に自分でイベントとか開催したり、面白い奴がいるんですよ!

その面白い奴というのが、今回の主役と言っても良いんですが笑

丁度その時ハロウィンの時期で、その面白い奴がハロウィンパーティーをやる
ということでその仲良くなった彼と一緒にそのパーティーに参加したんです。

 

で、そのパーティーでその面白い奴と初めて対面したんですけど、
めちゃくちゃ”人間的魅力”にあふれている奴だったんです。

こんな面白い奴もいるのか・・・

と素直に感心するくらい。

 

 

“面白い奴”と仲良くなり

で、なぜか相性が良かったのかかなり自然と仲良くなっていったんです。

その彼はめちゃくちゃ話す奴で、僕は基本聞き手に回っていて、
その関係性が丁度良かったんでしょうね。

こんなすごい人と知り合いなんだけど、今度会ってみる?

こういうことを言われても素直に受け取れるくらい、親しみを感じ始めていました。

まあ結果的にその”すごい人”というのが
「TIENS」というMLMをやっている人で、
そこで初めて僕は「ネットワークビジネス」というものの勧誘を受けることになります。

 

とは言うもののそこでその彼のことを悪く思うようなことは無くて、
むしろこういう世界もあるんだなと純粋になんか面白かったんですよね。

僕はビジネスをやるつもりは一切なかったんですけど、
一応TIENSに登録することにしました。

 

ちなみに今回の内容は
知り合ったばかりの人に勧誘をされた」という例なんですが、
中には”昔からの友達“に勧誘をされることもあります。

その場合についてはまた別にお話ししている記事があるので、
そちらもぜひ読んでみてください。

⇒ 友達からアムウェイなどのMLMの勧誘を受けた際の対処法と、辞めさせるためには?

 

 

スポンサーリンク

業界の中を覗いてみたら、予想外に学びが多かった

そのTIENS関連で様々なセミナーに行ったりとか、
色んな人と接したわけですけど、本当に興味深かった。

あ、こんな人もいるんだ

それはちょっと違うんじゃないか・・・

色々と本当に気付きや勉強になることが多かったんですね。

 

例えばMLMの業界では、

知り合いをリスト化して、とにかく連絡を取りまくれ!!

ということを当たり前の事として教育を受けるんです。
そうでもしないと成功なんてできないぞ、と。

でもその知り合いの中にはビジネスに向かない人は当然いるだろうし、
誰もかもがMLMに向いているわけがないんですよね。

勧誘される人の立場に立って考える、
という人として当然の発想があの業界にはないので、
そこがマジでクソだなと感じてしまう大きな原因ですよね。

プレイヤー自身が、業界全体のイメージを悪くしてしまっています。

 

そういったことも、実際にMLMの業界に触れてみて、
初めてわかったんです。

その学びは間違いなく今の自分に役立っています。

 

 

コミュ力お化けでもMLMでの成功は難しい

僕をTIENSに誘った彼とは、その後も関係が続いて
MLMを通してかなり仲良くなっていきました。

そのTIENSの後もまた別のMLMを彼は始めて、
僕もそれに付き合って登録したりしましたね。

もちろん、ビジネスをやるつもりは全くなかったんですけど笑

 

その彼は「コミュ力お化け」みたいなやつで、
どんな人とも関係を構築できるような才能を持っている奴だったんです。

あそこまで自分からどんどん人の輪に入り込める人は、
今でもそいつ以上の人を見たことがありません。

一時的に大きく稼げたこともあったみたいなんですけど、
その彼でも収入を継続するのはやっぱり難しかったみたいなんですよね。

なので、あの業界で生き続けるのはいかに難しいことかを、
その彼を通して僕は実感しましたね。

 

ちなみに今はMLMを辞めていて、
他の仕事でかなりうまく行っているみたいです。

 

 

勧誘を”フラット”に受け取れたのが良かった

僕の場合良かったなと思ったのが、

フラットに見ることが出来た

ということだと思っています。

あの業界に対して当初変な印象も無かったので、
フラットな気持ちであの業界を見ることが出来た。

そのおかげで色々な学びを得ることが出来ました。

こんな記事を書けているのも、
言うなればその時の経験、学びのおかげですよね。

 

そして誘ってきた奴がたまたまそういうすごい奴だった、
というのも非常に運がよかったです。

これが何の魅力もない人からの勧誘だったら
間違いなくノータイムでLINEもブロックしていたし、
様々な学びを受けるチャンスも無くなっていましたからね。

 

 

あなたも、アムウェイやニュースキンなどの
MLMに勧誘されることが今後あると思うんですが、
大事なのはまずは「フラットに見る」ということだと僕は感じていて。

アムウェイだから!
ニュースキンだから!

とまったく思考せずに拒絶してしまうのって非常にもったいないんですね。

誘ってきた人がもし人間的魅力にあふれるような人だったら、
そこで無下に拒否してしまうのは非常にもったいないと僕は思うんです。
どうしようもない人だったら無視して全然良いんですけどね。

その人を通して色々なことを学べるかもしれないし、
MLM度外視で仲良くなれるかもしれない。

 

僕の場合、そのMLMに誘ってきた友達を通して
やっぱり色んな出会いがあったんですよね。
自分だけだと絶対にできない体験も多くさせてもらいました。

それにそいつがエネルギーにあふれる奴だったんで、
そいつと接しているだけで活力ももらえたりして。

僕がこれまで走ってこれたのは、そいつが常に走り続けていたから、
という面も間違いなくあると感じています。

 

 

アムウェイなどの勧誘を”学び”と割り切って受けてみると面白い

アムウェイなどをやっている人の中にも自分に合った人はいるので、
この人はちょっと面白そうだな」と感じたら、
一度話してみると意外と面白いと思いますよ。

 

別に勧誘を受けて話を聞いたりしても
参加する義務なんて一切無いわけなんで。

無駄に知り合いも多かったりするので、
人を紹介してもらえたりもするし。

それでとにかく必死に勧誘してくるようだったら、
そこで初めて「NO」を力いっぱい突き付けて縁を切れば良いので。

彼らはとにかく人を勧誘しないといけないので、
「NO」と何回も言っていれば自然と離れていきます。

 

彼らは色々な人と接している中で
コミュニケーション能力」に長けている場合が多いので、
あなたがコミュニケーションが苦手な場合は学べる部分が本当に多いはずです。

そういう目的で付き合うのもありですね。

 

ただ、はっきり断言してしまうと
あのビジネスで成功するのは「不可能なので、
どれだけうまい話を聞こうが実際にビジネスをやるのは避けた方が良いです。

アムウェイなんかは今からだと遅すぎて100%成功するのは無理です。

 

あの業界で成功できるのは、

会社の立ち上げのタイミングで参加できた人

既存の人間関係を壊しても構わないと覚悟できる人

だけです。

 

コミュ力お化けでも成功するのが難しいのがあの世界なので。

少し社会勉強させてもらう」というスタンスでいるのが一番良いかなと思いますね。

 

それでは、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2018 All Rights Reserved.