転職活動をする際に絶対に意識したい注意点【気持ち良く働ける職場探し法】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、月也です。

 

転職活動をこれからしようと思っている人は多いと思うんですけど、転職活動をうまくいかせる上で「絶対に意識したいこと」というのが実はあるんです。

転職活動をうまくいかせる、というよりも「仕事を通して人生をうまくいかせる」と言った方が良いですかね。

 

そのための転職活動をする際に注意したいいくつかのポイントについて、お話ししていきたいと思います。

僕が以前転職活動をした時の実体験も含まれてくるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

転職活動を始める前にその仕事をする理由を明白にする

まず絶対に意識したいのが、

なんでその仕事をしようと思ったか?

を明白にする、ということです。

 

みんな休日数や給料などの”条件”ばかりに目が行きがちですけど、そう言った条件よりも「その仕事をする理由」がはっきりとしている仕事の方が、確実に人生そのものにプラスに働いてきます。

これはもう単純な話で、やっているのがただただ苦痛な仕事を続けるというのは、相当に精神的に、体力的にも消耗してしまうんですよね。

いくら人間は”慣れる生き物”と言っても、自分のやりたいこと、合った環境で働いた方が間違いなく自分の能力を十二分に発揮することができるので。

 

転職活動をする前に、ぜひ考えたいですよね。

 

自分はどういう仕事をしていきたいのか?

どんなことが得意なのか?

なぜそもそも転職活動をしようと思ったのか?

 

ということを。

絶対に何かしらはあるはずなので、それを前提に転職活動をすると充実して働ける職場に巡り合いやすくなります。

 

転職先での長期的な目標を決めておく

もう一つ大切なのが、

長期的な目標を決めておく

ということ。

仕事をする上で、「これは達成したい!」ということをあらかじめ決めておくんですね。

 

僕は以前転職活動をした、ということを冒頭で言ったんですけど、僕が転職活動をした最大の理由というのが「借金の返済」だったんですね。

友達から紹介された人間の投資案件を信じて数百万を投じてしまい、まんまと詐欺に遭ってほぼ丸々借金として残ってしまったんです。

当時はブログの運営で収入自体はあったんですけど、借金の支払いが生まれてかなり経済状況が苦しくなってしまい、「これはもう一度就職するしかない」ということが大きなきっかけでした。

なので僕は正直な話長く勤める気持ちは一切なくて、ある程度お金が貯まったら退職するつもりで転職活動をしました。ブログ運営などで生きていく、という覚悟をもう決めていたので。

借金についてはもちろん転職活動の時は一切言いませんでしたけどね。笑

入社してからも、また新たに独立するための準備を働きながら当時はしていました。

 

こちらの記事でも転職活動の経験について詳しく話しているので、ぜひ読んでみてください。

 

まあそういうケースはかなり稀だとは思うんですけど、そういう風にして「何を目標にその仕事をしていくか」ということをあらかじめ決めておくと仕事を頑張ることができるようになりますね。

その業種のスキルを身につけることを目標にするのか、

難関資格を取得するのを目標にするのか、

はたまた将来的に独立することを目標にするのか。

何かしら目標を持っておくことで、人からも評価されて転職活動がうまくいきやすくなるし、入社してからも周りとは一歩も二歩も先を行くことができます。

 

スポンサーリンク

“人”を見て転職活動で入社する会社を決める

仕事をしていく上で絶対的に重要になってくるのが「人間関係」というものですよね。

人間関係が良くないと、いくらその仕事が自分がしたい仕事であっても続けるのはかなり困難になってきます。

仕事におけるストレスの大部分が、この人間関係が絡むことが多いんじゃないかなと思うのですが。

 

で、転職活動をする中で、「この会社にはどんな人がいるんだろうか?」ということをぜひ見極めたいんですよね。

会社の規模や業績などよりも、まず真っ先に気にするべきはやはり””なんです。

ちゃんとした、誠実な人が多い会社であれば、潰れることもそうそうないし気持ちよく働くことができますからね。

 

じゃあどうやって転職活動の中で”人”を見極めるかというと、職場の雰囲気面接官をよく観察するようにするんです。

 

職場の雰囲気を観察する

まず面接をするときにその会社のオフィスに行くと思うんですけど、そこでオフィスの様子をよく見るようにします。

どんな感じの人が働いているのか
みんなのデスクの様子はどうなっているか
掲示板などにはどんなことが書かれているのか

といったことを。

ピシピシッとしすぎたところだと働きにくさを感じるかもしれないし、逆にだらけすぎていてもダメで。

自分に合いそうな環境なのか」ということがなんとなく見えると思うので、ぜひオフィスの様子は見ておきたいですね。

 

面接官を観察する

そして面接官もよく観察するようにする

こちらは面接を受けている側な訳ですけど、「この会社を面接するつもり」でこちらも面接を受けるようにするんです。受け身になるのではなくて。

面接官の様子からも、会社全体の風土というものが絶対に見えてきます。

上から目線で面接をしてくる会社もありますけど、そんな会社はこちらから願い下げですよ、本当に。

あえて圧迫面接を仕掛けてくるような会社もあるかもしれませんが、面接官がちゃんとこちらに同じ目線で向き合ってくれるのであれば、そういう会社に入社できれば良い環境で働ける可能性がかなり高いですよね。

 

僕は転職活動をしてある中小の建設会社で働くことになったんですけど、その建設会社は中小ということもあったのかもしれませんが、社長部長が面接に応じてくれたんです。

で、その社長と部長というのがめちゃくちゃ良い人だったんですね。

僕は建設業には完全な門外漢だったわけですけど、それでも同じ目線に立って、色々と気遣ってくださったりしてそこでもうその会社の雰囲気がかなり伝わったんです。

実際働いている時も、本当に親切に、良くしてもらって今でも心の底から感謝していますね。自分自身の目的や目標があったからとはいえ、1年くらいでやめてしまったのが本当に申し訳なかったなと思っています。

 

転職活動で面接を受ける会社をあらかじめよくリサーチする

そしてこれは転職活動のテクニック的な部分になってくるんですけど、

その会社のことをあらかじめよく調べておくようにする」と転職活動はかなり上手くいきやすくなります。

 

調べるというのは、

・その会社はどんなことに力を入れているのか?

・今後どのような方向性で経営していこうとしているのか?

・その業界の中でどのような立ち位置にいる会社なのか?

・どんな製品に自信を持っているのか?

といったことですよね。

そういったことをあらかじめ調べておくことで、面接の際に色々と具体的な質問ができますよね。また相手の質問に対しても返答がしやすくなる。その会社が求めている人材がリサーチする中で絶対に見えてくるから。

 

とにかく、特に本命の会社を受ける際は「ここまで調べるか?!」というところまで調べて面接に挑むことで、転職活動がうまく行く可能性が極限まで高まってきます。

 

転職活動をうまくいかせる上で大切なことまとめ

おそらくそれぞれ目的があって転職活動をしようと考えているんだと思いますが、転職活動する中で意識したいのが

その仕事をするやりがいをあらかじめ明確にしておく

ということです。

 

そして、同時に

その仕事をしていく中での目標

も絶対に決めておいた方がいいです。

僕の場合はもうとにかく”独立”というものが大前提にありながらの転職活動だったんですけど、あなたにはあなたの目標などがあると思うんですね。

何も目標がない状態で転職活動をしても、会社側もその雰囲気を感づくんですよね。目標を持っている人材の方が絶対に欲しがられます。

また自分自身も充実した日々を過ごせるようになるので、ここは絶対に明確にしておきたい部分です。

 

嫌な仕事を無理無理続けるよりも、やっぱり働きやすい環境で、自分が得意な、やりたい仕事をやれる方が絶対に良いわけじゃないですか。そのためにも転職活動をする中で、今回お話ししたことはぜひ意識したいですね。

 

最後におすすめの転職エージェントをご紹介します。

自分の転職活動をする目的などを伝えることでその意図を汲んでサポートしてくれるので、ぜひ活用してみてください。

doda

自分で転職先をまずは気軽に探すことができたり、必要に応じて転職エージェントが対応してくれたりとスムーズに転職活動を行うためのサポートをしてくれます。

優良企業の求人もかなり多いので、オススメです。

⇨ dodaに今すぐ無料登録してみる

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2019 All Rights Reserved.