心が弱い人の3つの特徴と、今すぐできる心を強くするための対応策

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、月也です。

 

心が弱い

ということは、多くの場面で不利益を生んでしまいます。

 

例えば、行動するべき場面で行動できないとか。

心が弱いとどうしても失敗した時の事ばかり考えてしまったり、
色んな心配事が頭に浮かんだりしちゃうんですよね。
それで尻込みしてしまってなかなか動き出すことができない。

あとは人間関係でも余計なストレスを抱え込んだりしてしまいます。
他人の言動に心が揺り動かされてしまって傷ついてしまったり。

正直な話、心が弱いことで良いことはほとんどありません。

改善できるならしたいと感じるのが本音だと思います。

 

そこで今回の記事では、

心が弱い人が心を強くするためにはどうすればいいか?

ということについてお話ししていきたいと思います。

メンタルというのは考え方次第で強くすることが出来るものなので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

心が弱い人の3つの特徴

まず心が弱い人の特徴を挙げたいんですけど、
往々にしてこのような場合が多いです。

 

・人から嫌われることを極度に恐れる

・失敗を極度に恐れる傾向が強い

・”先”を見過ぎている

 

このような傾向が強いのかなと。

それらを「対処法」と共に一つずつ取り上げていきます。

 

 

心が弱い人の特徴1:人から嫌われるのを極度に恐れる

人から嫌われるのを恐れるというのは、

自分に自信を持てていない

という面がやっぱりあるんですよね。

心が弱い、つまり自分に自信を持てていないから、
人から拒否されたら自分の存在自体を否定されたような気分になり、
それを避けるために嫌われるのをとにかく避けようとする。

その結果自分を出すことを極力避けたり、
誰かのわき役に徹するような生き方をしてしまいます。

 

僕がそうだったので本当にわかるんですよね。

僕は人から嫌われたり無視とかされると
自分の存在自体を否定されてるような気分になって、
嫌われることを極力避けるようにしていました。

その結果、
人との接点自体を絶つ
という選択を僕の場合は取りました。

人との接点が無ければ、
人から嫌われることも無くなるし、
自分の存在を否定されないと思ったから。

今思うとその選択はあまりに浅はかだったなって感じるんですけどね(笑)
想像以上に孤独って辛かったので。

 

人から嫌われるのを恐れなくなるある考え方

人から嫌われるのは確かに辛いことなわけですけど、
こういう考え方」を持つことで人から嫌われることを極度に恐れなくなり、
結果的に心も強くすることができます。

 

どういう考え方かというと、

どんな人間でも、絶対誰かしらには嫌われる

ということなんですよね。

自分がどんなに何かの分野で成功しようが、
イケメンや美女に生まれ変わろうが
嫌われる人には絶対に嫌われるんです。

 

人から嫌われる=自分の存在価値を否定される

ということでは決してないということですね。
世間的に存在価値を認められているような人でも嫌われるわけだから。

 

よほど自分が凶悪犯罪者とかでもない限り、
自分を信じてくれる人は絶対に現れるし、
好感を持ってくれる人は現れます。

そんな考えを持てるようになれば、
人から嫌われることを極度に恐れなくなるし、
自然と心も強くなっていくんです。

いちいち他人の言動を気にしなくなるから
堂々といられるようになる。

 

心が弱いと自覚している人は、

「どんな人でも人から嫌われることはある」

ということを頭に置くだけでも、
かなり心が軽くなるはずです。

 

 

スポンサーリンク

心が弱い人の特徴2:失敗を極度に恐れてしまう

心が弱い人の2つ目の特徴として、

失敗を極度に恐れてしまう

ということがあります。

 

例えば人前に上がったりしたときに
ものすごくアガってしまったりとか。

失敗を恐れるとどうしても何かをするときに緊張してしまって、
それが心が弱いことに繋がってしまうんです。

失敗を好きな人って正直いないと思うんですよね(笑)

あー、今日も失敗したなー。マジサイコー!!!

みたいに、失敗を悦びに変えられる人は
そうはいないんじゃないかなと(笑)

 

失敗が怖くなくなる思考法

失敗って一見すると「怖いもの」なわけですけど、
実は決してそんなことは無いんですよね。

むしろ「プラスの物」なんです。
失敗というのは。

そのことについてはこの記事でも深く触れているんですけど、

⇒ 失敗が全く怖くなくなる「3つの事実」

 

失敗をすることで「失敗をする方法」がわかるわけなので、
実は失敗って成功に近づく行為なんですよね。

むしろ失敗すればするほど、成功には近づくんです。

 

また、大抵の失敗の場合は「何も失いません

不動産投資とか大きな話になるとまた別ですけど、
人生における普通の失敗、
例えば面接で失敗したとかプレゼンで失敗した、などですよね。

それらはそこで致命的な結果になることってなくて、
後でいくらでも挽回することが可能なんです。

面接ならその失敗を踏まえてまた別のところに面接を受けに行けばいいし、
プレゼンもそこで即クビになるなんてことも無い。
また絶対にチャンスはもらえます。

そういう風に考えると失敗をそんなに恐れなくなるし、
ドンドン行動できるようになっていくんですよね。

失敗前提で行動できるようになるので、
いちいち凹んだりしなくなるんです。

そうなれたら本当に強いですよ。
どんな分野でも結果を残すことは絶対にできる。

 

心が弱い人の大半は、
「失敗を恐れる」という傾向にあるので、
失敗について認識を改めることが
心が弱いことへの対処にもなりますね。

 

 

心が弱い人の特徴3:先を見過ぎている

先を見過ぎているとはどういうことかというと、

未来を心配しすぎ

ということです。

老後に貯金が尽きたらどうしよう・・・
仕事をクビになったらどうしよう・・・
ローンとかで首が回らなくなったらどうしよう・・・

そういう色んな将来に対する不安から、
心が弱くなってしまったり強いストレスを感じてしまう、
という人って多いと思うんです。

 

でもですよ。正直な話、

将来の事なんて今の自分にはまったくわからない

わけなんです。

老後の心配をするにしても、
そもそも何歳まで生きられるかもわからないし、
数十年後には日本自体が崩壊してることも考えられますよね。

20年前に今みたいにみんなが電車で下を向いてスマホをいじるみたいな、
そんな光景を誰も想像できなかったと思うんです。

携帯の存在自体、まだまだ広まっていませんでしたよね。

 

今から自分の人生の先のことを考えたところで、
どうなるかなんてわかりません。

だったら、「今自分ができること」をやるしかないんです。

 

今活躍しているYoutuberも、
最初は自分がYoutubeで大きく稼げるようになるなんて
想像できなかったと思うんですよね。

それでも今の自分ができること、毎日動画をアップするということを続けたことで
今多くの人を楽しませることが出来、
お金を稼げるようにもなっています。

 

ブログというものもそうで、
始め「こんなんで人来るようになるんか・・・」みたいに
不安しかないんですよね(笑)

でもそれでも記事を更新し続けられた人が、
現在月に数十万、数百万のアクセスが集まるブログを作れています。

 

先のことを心配しすぎると、
本当に何もできなくなるんです。

心が弱い人は、とにかく先を心配しすぎなんですよね。

「道端からライオン現れたりしないかな・・・」
と常に警戒しているような状態。

それだと心が弱くもなってしまいますね。

 

多少バカになった方が、
人生楽しめるし自分が望む現実も手に入れられたりします。

もちろん、まったく後先考えないのも問題ですが、
自分が目指す何かがあるのなら、
今の自分を信じてあげたいですよね。

毎日毎日自分というのは成長しているし、
未来の自分が必ず様々な問題も乗り越えてくれます。

 

 

心が弱い人でも心を強く持てるようには成れる

というわけで今回は、

心が弱い人の特徴とその対策

ということでお話ししました。

 

心が弱い原因をまずは探って、
それに対する対策を考えることで心を強く持てるようになるし、
自分に自信もついていきます。

誰でもその過程を踏んでいけば心を強くすることはできるはずなので、
自分を諦めるということだけは絶対にしたくないですね。

キッカケ次第でどんな人でも変わることって絶対にできます。

 

それでは、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2018 All Rights Reserved.