ウメハラさんの『勝ち続ける意志力』は人生に迷っている全ての人に読んでもらいたい名著

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、月也です。

 

今回は僕のバイブルと言っても良い本を
紹介していきたいなと思います。

 

プロゲーマーの「梅原大吾さん」の

勝ち続ける意志力

という本です。

 

 

勝ち続ける意志力 kindle版

 

僕は初めて読んだ時この本には本当に感銘を受けて、
かなり救われたんですよね。

あ、こういう生き方をしても良いんだ!!!

って。

 

まだ読んだことが無い人には
ぜひ読んでもらいたい本です。

特に自分の中で何か「迷い」があるという人ほど、
得られるものはかなり大きいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ウメハラ(梅原大吾)さんとは?

ウメハラさんについて知らない人も
もしかしたらいるかもしれないので最初に触れておくと、

プロゲーマーという職業を作った人

ですね。

 

スポンサー会社からスポンサードされながらゲームをしていき、
大会を戦っていって賞金を得ていく。

そういう「流れ」を作った人です。

 

最近だと”配信”も活発で、
ウメハラさんに限らずプロゲーマーの人たちはよく配信してますね。

そしてつい最近だと
NHKの「プロフェッショナルの流儀」でも特集されていました。

 

もう小さいころから格ゲー(格闘ゲーム)にのめり込んで、
世界最大の大会で優勝したり、
前述のプロゲーマーという職業を生む出すなど、
すごいとしか言えない人です(笑)

 

 

勝ち続ける意志力はどんな本か?

『勝ち続ける意志力』は、

 

ウメハラさんが格闘ゲームにのめり込む過程や、
 プロゲーマーになるまでの経緯や葛藤

 

がかなり詳細に描かれています。

 

その中で僕が得に感銘を受けたのが、

ウメハラさんの「子供時代の話」です。

 

小学校くらいの時は、
みんなゲームに熱中してたりするじゃないですか。

友達の部屋に集まっては、
もう帰る時間になるまでゲームに熱中する。

でも中学校に上がるくらいから
段々と部活が始まったりして、
野球やサッカー、バスケなどのスポーツを
みんな始めるようになる。

なんかもう示し合わせたかのように
そういう感じになりますよね。

 

そこでウメハラさんは、こう感じたらしいんですよね。

やべぇ、みんな熱中できる何かを持っているのに、
 俺だけ何もないじゃん・・・

みんなは野球とかサッカーとか、
熱中できるものを持っているのに自分には何もない。

あるのはゲーセンに行っても敵無しの格闘ゲームだけで、
でもそれは”何かに繋がる”ことでは無い。

スポーツとかはプロを目指すことができますけど、
ゲームには一昔前までそんな道は一切ありませんでしたからね。

そして当時はゲーム自体疎まれてもいました。
ヤンキーや社会に適合できない人間がやるもの、
みたいなそんなイメージがあった。

「ゲーム脳」みたいな変な話もあったりして。

 

ただ実際はそんなことなくて、

何かに熱中している人なんて一握りしかいない

ということなんですよね。

野球とかサッカーも心の底から”挑戦したい!”と思っている人は稀で、
多くは人気だからとか、みんながやっているという理由で
それをしている場合がほとんどで。

中学校の頃にやっていたスポーツを高校以降も続ける人って、
まあそうはいないですよね。

僕も中学校時代テニス部でしたけど、
高校水泳部入ったりしたんで(笑)

 

ほとんどの生徒が自分の本当のやりたいことをやっていない中で、
ウメハラさんは「格闘ゲーム」という命を懸けられるほど
ハマっているものがあった。

これって本当にすごいことだなって。

そういう他の人とは違うという葛藤がありつつも
格闘ゲームというものにのめり込んでいたからこそ、
今のウメハラさんがいて、
プロゲーマーという職業も生まれたわけですからね。

 

 

スポンサーリンク

周りに流されても良いことは無い

中学校の部活とかでもそうですけど、
ほとんどの生徒は「周りに流されているんですよね

本当に自分のやりたいことが出来ている人なんてそうはいない。

 

それは社会に出てからも同じで、
別にみんながみんな会社員になる必要もないし、
結婚する必要も実はなくて。

会社員に向かないという人も絶対にいるし、
そういう人が周りに流されて普通に就職してしまうのは、
ただただ本人が辛いだけです。

結婚もそうですよね。
誰かと一緒に住むのが根本的に向かない人もいる。

 

だったら、

自分の本当のやりたいことを見つけて、打ち込んでも良いんじゃないか

と思いますよね。

周りに流されるんじゃなくて、
自分にとっての大切なものを見つけて、
それを打ち込んでみるという決断をしてみる。

勝ち続ける意志力を読むと、
その勇気をかなりもらえます。

 

やりたいことを見つける、ということに関しては、
別のこの記事で僕なりの見解をお話ししているので、
興味があればぜひそちらも読んでみてください。

⇒ やりたいことがない人でも簡単に「やりたいこと」を見つけられる思考術

 

 

僕自身がもう普通の人生のレールからは完全に離れていて、
後戻りはできない感じになってるんですけど(笑)
まあ今はその状況にも慣れましたけどね。

でも、始めは怖くて怖くて仕方がありませんでした。

みんなは普通に就職を選んでいく中で、
俺はただただブログを更新し続ける毎日で。

ブログで生きていけるようになるなんて保証は
どこにもないわけですからね。

俺もみんなと同じように
就職しないといけないんじゃないかな・・・、みたいな。

そんな葛藤をかなり抱えていました。

 

そんな中出会ったのがこの本で、
本当に心の底から共感できたんですよね。

僕とウメハラさんとじゃもちろん状況が違い過ぎるわけですが、
でもウメハラさんの人生における選択というのは、
ものすごい勇気をもらえたし、共感できたんです。

勝ち続ける意志力と出会えたからこそ、
僕はブログを更新し続けることが出来たし、
それでお金を稼げるようになれたと言っても
過言ではないと思いますよね。

 

 

ビジネスマンも推奨している

この『勝ち続ける意志力』は、
格ゲーマー向けに書かれているように一見見えますけど、

これまで書いてきたように、

プロゲーマーという職業を生み出した、
 ウメハラさんの人生哲学が詰まっている本

なんですよね。

 

その人生哲学は格ゲーマーのみならず、
ビジネスマンや学生、何かの専門家、はたまた主婦など、
どんな人が読んでも得られるものが絶対にあります。

実際ビジネスマンの人にすごいこの本って評判良いみたいで、
ウメハラさんも講演とか頼まれているらしいですからね。

なので、ゲームに興味が無いという人も
ぜひ読んでもらいたいです。

 

 

人生に迷っているという人に『勝ち続ける意志力』は読んでもらいたい

というわけで、

 

梅原大吾さんの

勝ち続ける意志力

について今回は話してきました。

 

この本の帯に、
これは人生の攻略本だ!
という風に書かれているんですけど、
ホントその通りだなって感じますよね。

人生に迷っているという人ほど、
『勝ち続ける意志力』ぜひ読んでもらいたい。

僕自身が人生に迷っているときに読んで、
本当に感銘を受けたから。

あなたのこれからの人生の助けになってくる本だと思うので、
ぜひ読んでみてください!

 

『勝ち続ける意志力』kindle版

 

それではありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2018 All Rights Reserved.