詐欺に遭ってカードローンで「450万円」の借金を背負った話【借金をした際の心構え】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、月也です。

借金

というものについて、あなたはどういう印象を持ちますか?

 

借金を背負うとなんか人生が終わりそう

一気に生活が崩壊しそう

返済に追われて精神的に病みそう

借金背負う奴なんて馬鹿しかいない

 

とか、まず悪い印象しか浮かばないと思います。
ウシジマくんの登場人物みたいになってしまうんじゃないか、みたいに。

ただ、実際背負ってみるとわかるんですけど、そんなことにはまずならないんですよね。
借金を背負ったからといって、即人生終了なんてことにはなりません。

 

スポンサーリンク

信頼していた人に騙されカードローンで借金を背負うことに

僕は以前、信頼していた人間に裏切られて借金を背負う、という出来事がありました。

その人物に騙されたのは、金額的に言うと「300万円」ほどです。

カードローンでお金借りてこの投資案件にお金預けよう!そうすれが月利1.5%あげられるから資産になるでしょ!

前々から「この人はすごい!」みたいに友達が言っていた人物を紹介してもらい、そのように言われたのが今からちょうど3年ほど前になります。

 

実際に会ってみて、人当たりも良かったのでその時はその彼のことを信頼していました。

カードローンの金利よりもその案件に預けた方が金利がいいから利益が出る。だからそっちに預けて資産を作ろう!

 

少し詳しい方なら分かると思うんですけど、その投資案件自体FXのもので、どう考えても「資産にはならない」んです。

それに他の口座に自分のお金を預けるというのはもう「最悪な行為」で。

「この口座にお金を預けていただくことで、こちらでそのお金を運用することで分配金をお渡しします」

という案件がもし来たとしても、そういうものには絶対に参加しないでください。お金を預けてしまったが最後、こちらではもしその案件が危なくなってもすぐにお金を引き出せないので非常に危険なんです。

 

当時そういったことに全くの無知だった僕は、「この案件にお金を預ければずっと毎月数万円が入ってくる!」みたいにしか考えられなくて、彼を信頼していたということもあり言われるがままにカードローンでお金を借りて預けてしまったんですね。

今振り返ると大馬鹿野郎もいいところなんですけど、結局半年も経たずにその案件自体が飛んでしまい、預けた金額ほぼ丸々借金として残ってしまいました

まあそのことについては僕も悪い部分は多分にあるし、もう考えないようにしてるんですけどね。

 

借金って意外とどうにか返せる

で、問題なのが「残った借金」です。

その投資案件の他にも80万円する「全く自分に必要ないコンサル」を口車に乗せられて申し込んでしまうなどして、結果的に借金が450万円ほどに膨れ上がってしまいました。

 

お金がある人からしたら、

「その程度の借金で何言ってんだよ!笑」

みたいに思うかもしれませんが、僕は如何せんお金がなかったので、結構なダメージとして残ってしまいましたよね。

当初借金の返済だけで毎月9万円払っていて、正直かなりきつかったです。

 

でも実際に借金を背負ってみて感じたんですけど、
意外と「どうにかなる」んですよね。

そもそも借金って「自分の支払い能力を超える金額を借りることは基本的にできない」ので、どれだけ借りてもなんとか切り詰めれば返済できる額にしかなりません。

「借金で夜逃げしました」

みたいな状況は、例えば何か事業を起こすために1000万円以上借金をして、事業を軌道に乗らすことができずに赤字続きで借金が丸々残ってしまった、というようなことがない限りまずありえないんですよね。

 

また借金と聞くと、「強面の兄ちゃんが家まで取り立てに来て、出ないとドアをガンガン叩かれる」みたいなイメージがある人もいると思いますけど、今の時代まずそんなことにはなりません

カードローンなどは銀行が今は管理しているので、そういう反社的な行為はまずされないですよね。一昔前の、今は潰れましたけど「武○士」などはそういうことがあったみたいですけどね。

 

借金を背負っても、出費を減らしたり仕事を頑張ることでなんとか返すことができる、ということはぜひ知ってもらいたいです。

僕はまだまだ借金は残ってるんですけど、なんかゲームみたいな感覚で今返してます笑。さあ、どう返していこうか!みたいな。借金を返済するのがお金を稼ぐモチベーションにつながっている、という節すらありますね。

まあその程度に考えた方が借金は良いですね。変に思い詰めるのは危険です。

 

スポンサーリンク

借金でキツい思いをしている人がまずやるべきこと

今もしかしたら借金で苦しんでいるという人もいるかもしれませんが、絶対に大事なのは「一人だけで抱え込まない」ということですね。

本当に辛いのなら、恥を忍んで人を頼るべきだと僕は思います。

 

そして、借金した原因を断つ、というのも大事です。

僕の場合は浪費などが原因ではなくて、「投資で楽をしてお金を増やそう!」みたいな安易な考えがこのような結果につながってしまったので、もうそういう思考をするのはその失敗をして以降やめました。

良い話がもし来たとしても、もう断るようにしてますよね。
その中にもしかしたら「本物」もあるとは思うんですけど、リスクがあまりにも大きいんで。

「俺はお金はそこまで必要ない」ということにも借金を返済する生活を続ける中で心底わかったんです。

投資に回すお金があるんだったら、普通に他の必要なものに回した方が絶対にいいなと思うので。

 

借金をした原因を断つのが最優先

あなたも、借金をした原因ってあると思うんです。

その原因を絶たないと、仮に借金を完済できたとしてもまた借金をしてしまうことに繋がってしまうんですね。

なのでそれを止める、というのをまずは最優先に取り組むべきです。

例えばギャンブルが趣味ならそれを完全に止めるとか。そうでもしないと、やっぱり借金って減っていかないんですよね。まずは「出るお金」を減らす必要が絶対にあるんで。

 

その原因を断つことができたら、あとは借金返済にまずは全力で取り組む。

ここに関しては本当に「ゲーム感覚」で取り組むのが一番良いと僕は思います。借金があるからこそお金を稼ごうという気持ちになって、逆に活力が湧いてくるという面は絶対にあるんで。実際借金の額が減ってくのって結構気持ちいいんですよね笑。

お尻に火がつけられた状態になると、人って本当に今までからは考えられないくらい頑張れたりするんです。火事場の馬鹿力というか。

それに一度大きな借金をすると、気持ちに余裕が出てくるんですよね。
大きな失敗をすることで、その辺の小さな失敗には動じなくなってくるというか笑。

 

本当に辛い時は誠実に人を頼ろう

でも本当に辛い時というのも出てくると思うので、そういう時はやっぱり素直に人を頼る、ということも大事です。

借金の原因となったものをきっぱりと辞めて、誠実性を見せれば本当にピンチな時には絶対に助けてくれる人は現れるので。

僕も正直かなりピンチになった時がありますけど、そういう時に仲良くさせていただいている社長さんが僕に仕事をくださったりとか、助けてもらったことはあったので。

生き方を曲げなければ、誰かが助けてくれます。

 

なので、落ち込み過ぎずに生きたいですよね。

借金なんて所詮は「お金」なので、命には変えられるものではないので。

今は最悪「自己破産」もできるので、自分を追い込み過ぎずに生きていきましょう!

僕もまだまだ借金は残ってるわけですが、借金返済のためにこれからも自分が頑張れることを頑張っていこうと思っています。

 

それではありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2019 All Rights Reserved.