誰でもできる超簡単な友達の作り方!友達ができない人もすぐに友達ができる方法とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、月也です。

 

今回の記事は、

友達の作り方

ということでお送りしていきたいと思います。

 

友達ができない」ということで悩んでいる、
という人って多いと思うんです。

僕自身、人生において友達が多かった時期が無くて、
多くの時間を孤独に生きてきました。

学生時代なんかは典型的な「陰キャ」で、
休み時間はいつも机に突っ伏していましたよね。

人付き合いが苦手で人と関わることから逃げてたんですけど、
やっぱり孤独というのも最高に辛かった笑

 

でもですよ、もし今友達がいない状態でも、
友達というのは作り方を知ることで
欲しいと思えばいくらでも作ることができます。

僕自身、学生時代はほとんど友達がいなかったんですけど、
大人になってからの方がぶっちゃけ親しい人は増えたんじゃないかってくらい、
友人は増えてきたんですよね。

大人になってから「意識し始めたこと」があるんですけど、
やっぱり人から好かれることも増えました。

 

友達の作り方というよりも、

心構え

と言ってもいいかもしれないですね。
今回お話しすることは。

ただその心構えさえちゃんとしていれば、
いくらでも友達は作れます。

 

その友達の作り方について、
お話ししていくので、

友達が欲しい!

友達がなかなかできない・・・

という人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

一番簡単で一番最強な友達の作り方

その友達を作るための「心構え」とは何かというと、
本当に単純な話なんですけど、

人に優しくする

ということです。

ここさえ意識することができれば、
絶対にあなたに好感を持ってくれる人は増えるし、
友達も簡単に作ることができます。

 

 

そもそもなぜ人と友達関係になるのか?

そもそも友達とはどういう存在かというと、

こいつといると楽しい

こいつといるとなんか安心する

こいつといると元気がもらえる

こいつとはなんか気が合う

そういう風に思えるような相手がいると、
自然と友達になっていくものなんですよね。

自分とまったく価値観の合わないような人とはそうそう友達にはなれなくて、
何か共通点があったり、共感できる部分があると友達になることができます。

 

だから、

自分と趣味が合う人を見つける

ということをすると、友達って簡単に作れるんです。

漫画が好きなら漫画好きな人を見つけて話しかけるとか、
プロ野球が好きならプロ野球好きと知り合う。

いわゆる「陽キャ」と言われる人が友達が多いのは、
単純な話で自分から「仲良くなるキッカケ」をどんどん作れるから、
なんですよね。

話しかけた人の中に気が合う人は絶対にいて、
それを繰り返していくことで友達が増えていく。

 

 

スポンサーリンク

自分からなかなか話しかけることができない・・・

ただ中には、

人に話しかけることがなかなかできない・・・

人が集まるところになかなか行けない・・・

という人もいると思うんです。

 

僕がまさにその典型で、
とにかく自分から話しかけるのが苦手でした。

吃音症(きつおんしょう)という言語障害を僕の場合は持っていた、
ということもあったんですけど、人に話しかけるということに
尋常じゃないほどの恐怖を常に抱えていました。

人が集まる場もやっぱり自分から話しかけたりしないといけなかったりで、
そういう場に行くと縮こまったりしてしまっていました。

人と話すこと自体がなかなかできなかったので、
友達を作るどころではなかったですよね。

 

 

誰でも今すぐできる、超簡単な友達の作り方

そんな自分から人に話しかけたりするのが苦手という人は
どういう風に友達を作ればいいかというと、
「あること」を意識することで正直簡単に友達は実は作れるんです。

 

何かというとそれが先述の、

人に優しくする

ということです。

これさえ常に意識できていれば、
絶対に誰でも友達を作ることができます。

 

人に優しくするというのは決して
うわべだけを取り繕うということではありません。

優しくしようとするとどうしても
八方美人」的な振る舞いになってしまうんですけど、
それだとむしろ人から嫌われる危険があるんですね。

その点に関してはこの記事もぜひ読んでみてください。

⇒ 八方美人が「100%損」な理由と、八方美人を止めるための対処法

 

取り繕う、ということではなくて、
人を思いやる」ということです。

 

例えばですけど、
少し不安そうな表情を見せてる人がいたら、
大丈夫?」と一言かけてあげるとか。

一人でいるような人を見かけたら声をかけてあげる。

そうすることで、その声をかけられた人は
ものすごい「救われた」気分になるんです。

 

 

人を思いやる、ということ

あなたが未成年の場合はわからないと思うんですけど笑、
飲み会の席とかって絶対に「隅っこで一人でいる」人っているんです。

おそらく飲み会のような雰囲気が苦手なんでしょうね。
僕の経験上、間違いなく一人はいるんです。

そういう人に、「大丈夫ですか?」と一言かけてあげるんですよね。

するとその人は意外と面白い人だったり、
自分と価値観が合う人で話が盛り上がって、
そのまま仲良くなるというケースが結構マジであるんです。

それは飲み会以外でも、
学校のクラスでも、趣味の場でも、どこでも同じです。

 

また、そういう風に人を気にかけているところを
絶対に誰かが見てくれているんです。

あ、あの人は人に優しくできる人なんだな

と絶対に誰かが見てくれている。

周りからの見られ方が確実に良くなっていくので、
そこから新たな出会いも生まれてきます。

 

 

自分の在り方次第で、友達は簡単に作れる

結局は「自分の在り方」なんですよね。

人に優しくできるような、
ポジティブな雰囲気を発している人には
人も集まって来やすいし、自然に友達もできるんです。

でも今回の記事を読めばわかる通り、

本当にちょっとしたこと

なわけなんですよね。

人に一声かけるのは始めは勇気がいるかもしれませんが、
あなたが一声かけてあげることで救われる人は絶対にいるし、
迷惑だとは相手も思いません。

よっぽど相手がひねくれていた場合は別なんですけど笑
こちらは悪いことは一切していないので
気にする必要はありません。

 

困ったような人がいたら、

大丈夫?

この一言をぜひかけるようにして上げてください。

声をかけた人とも友達になることが出来るし、
周りからのあなたに対する評価も高まって
そこからも友達は絶対作れます。

 

また、友達ができた後で喧嘩をしたりして
仲が悪くなる」ということが起きることがあります。

そんな時に友達と仲直りする方法について書いた記事もあるので、
そちらもぜひ参考にしてみてください!

⇒ 友達と喧嘩したときに最短で仲直りするための処世術

 

それでは、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2018 All Rights Reserved.