気分が乗らないときはこの「4つ」をすれば行動できるようになるよ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、月也です。

普段生活している中で、

気分が乗らないとき

ってありますよね。

やるべきことはあるのに、(なんか重い腰がなかなか持ち上がらないなぁ・・・)みたいな。

「毎日やる気全開だぜ!!!」
という人って相当レアですよね笑

 

僕も普段から気分が乗らないこととの勝負です笑。

自然と行動に移せるような気分が乗っている時の方が稀で、1週間のうち5日くらいは気分を乗らないのを何とか乗らせて頑張っているような状態ですね。

 

今回は、

気分が乗らない時の対処法

という事で書いていきたいと思います。

気分が乗らないときに有効な対処法がいくつかあるので、そちらをご紹介していきます。
気分が乗るのを待っているといつまで経っても何もができなかったりするので、ぜひ参考にしてみてください。

僕自身それらのことを日々実践してるんですけど、気分が乗らない時でもなんとか行動できるようになってきているので。

 

スポンサーリンク

習慣化する

まず、一番と言っても良いくらい大事なのが

習慣化する

ということ。

やるべきことをもう自分の中で習慣化してしまうんですね。気分が乗らないとか、そういうところとはもう別のベクトルに置いてしまうというか。

物事を習慣化すると、気分が乗らなくてもルーチンワークのように行動できるようになります。

 

仕事とかがまさにそうですよね。

仕事なんて、正直あれほどめんどくさくて気分が乗らないこともないと思うんですよね。それでも、毎日朝早く起きて通勤する事ができる。

それは、「毎日仕事に行く」という事がルーチンワークとして自分の中で確立しているからなんです。だから気分とかモチベーションとかに関係なく職場に行ける。

仕事以外もそのようにルーチンワーク化できれば、気分が乗らないという事で悩むこともなくなります。

 

ルーチンワーク(習慣)にするには?

じゃあ肝心なのは「どうすればルーチンワークにできるのか?」ということですが、一番重要なのが

”それ”の優先順位をあげる

ということです。

“それ”というのはあなたが今やろうとしている事、頑張ろうとしている事ですね。

 

例えば僕だったら、最近はYouTubeで動画をアップしてるんですけど、やっぱり気分が乗らないと動画を作ろうという気がなかなか起きてこないんです。

そして一度でも空白期間ができてしまうと、(ま、動画なんて作らなくてもいっか!)という気持ちになってきて行動自体が止まってしまうので、とにかく「継続する」事が大切で。

そこで僕は、「絶対に週に3つは動画をアップしよう!」という風に決めてるんです。
どれだけやる気が起きなくても、めんどくさくても週に3つ以上アップすることを自分に課しています。

すると、なんか動画をアップできない日があると「気持ち悪くなってきた」んですよね。

あー、今日動画投稿できなかったー・・・。

すごい「罪悪感」を感じるようになってきたというか。

そこまで行くと自分の中でルーチンワークとなって、気分が乗らないとか関係なく行動できるようになってくるんですね。

 

なので大事なのは「決めてしまう」ということ。

優先してそれに取り組むと自分の中で決めてしまうんですね。

そうすれば、続けていくうちにそれが「習慣」となり、気分やモチベーションなどは関係ない領域に行く事ができます。

 

よく寝る

寝るというのも非常に大事ですね。

日本人って「睡眠を削るのが努力してる証拠!」みたいに考えているところがあるじゃないですか。

多くの時間寝てるのは怠け者呼ばわりされて、毎日4時間睡眠で頑張ってる人は褒め称えられる、みたいな。

中にはショートスリーパーのような人もいて、4時間でも全く問題ないという人もいますけど、多くの人は睡眠時間が少なくなると「集中力が落ちる」という事が起きてくるんです。

眠い状態で集中したり頑張るのってかなりきついし、難しいんですよね。

間違いなく、「睡眠をしっかり取った方がパフォーマンスは上がります

 

「睡眠時間を削って頑張るぞ!」

ではなくて、

今日はどれくらい睡眠を取れるだろうか?

という風に睡眠時間を優先的に考えて毎日の過ごし方を考えるようにすると、パフォーマンスも上がって気分が乗らないという事が減ってきます。

 

そして自分の中で「やるべき事」がある場合は、寝起きの時間にするようにするとか。

僕は会社員時代このブログなどを運営していたんですけど、寝起きに記事を書いたりしてましたね。朝3時ごろに起きて記事を書いて、6時くらいに出勤する、みたいな感じで。

仕事から帰ってきた後だと疲れてとてもじゃないけど記事が書けなかったので、まず1日の始めにブログ記事を投稿して、それから出勤していたりしました。

今は僕は仕事を辞めていてフリーランスなんですけど、とにかく睡眠は大事にしてますよね。
今は比較的時間に余裕があるので、毎日8~9時間は寝ています。

 

状況によって取れる睡眠時間も違ってくるとは思うんですけど、とにかく優先したい部分ですよね。面白いくらい、しっかり寝ると気分も良くなるので。「頑張るぞ!」という気力も湧いてくるようになります。

 

スポンサーリンク

他の頑張っている人の発言を見る

あとぜひ意識したいのが、

他の頑張っている人の発言を見るようにする

という事。

例えばあなたが「ダイエット」を今頑張ろうとしているんだけど、なかなか気分が乗らないという事で悩んでいる場合は、現在進行形でダイエットを頑張っている人の言葉などを見るようにするんです。

ツイッターやインスタを調べるとそういう人は絶対にいるはずなので、そういった人の発言を毎日見るようにする。

 

人って本当に「他人の影響を受けやすくて」、周りにもしネガティブなことばかり言う人がいたらこっちもネガティブな気持ちになってきたりしてしまうんですね。

「もう人生なんて諦めて、底辺として生きていこう・・・」

みたいなことを言っている人間と仮に接していると、自分もなんか底辺になった気になって心が凹んでくるんですよね笑。

 

逆に身近に前向きにいつも生きているような人がいると、

あの人はあれだけ頑張ってるんだ。よし、自分もあの人のように頑張ろう!

という気持ちになる事ができる。

 

よくビジネス書とかで、

身近にいる5人の年収を人数分で割ったのが自分の年収だ

と言う事が言われていたりしますけど、それほど周りにいる人からの影響は自分にとって大きい、と言う事なんですよね。

どういう人と接しているかで、冗談抜きで人生が変わってきます。

知人や友人にそう言う人がいなくても、ネット上だけでもそう言う人の発言を見るようにすると、ほんとかなり気持ちが高まってくるんですね。

これはすぐにでもできる事なので、ぜひやってもらいたいです。
気分が乗らないと言うことも目に見えて減ってくると思います。

 

何もしない時間を作る

これは僕が気分が乗らないときにやることなんですけど、

何もしない時間を作る

ということもかなり有効です。

 

何もしてないと、自分の中で「焦り」が生まれてくるんですよね。

今日何もしなかったな。このままでいいんだろうか・・・。いや良くない!!

みたいに、心の底からふつふつと行動力が沸き起こってきます。

 

そのまま空虚な毎日を過ごしてしまう人もいるかもしれないんですけど、おそらくあなたは何らかの目標があって、やりたい事があるんだけど気分がなかなか乗らない事で悩んで、この記事にたどり着いたんだと思います。

そんなあなたであれば、何もしないでいるとすごい「危機感」や「焦り」が沸き起こってくるはずです。

 

僕はどうしても気分が乗らないときは、あえてもうほとんど寝て過ごす日をよく作っています。
本当に何もしない、ネットサーフィンして寝る、みたいなそういう日ですよね。

そういう1日を送ってベッドに入って寝るときに、

今日はクソみたいな日を送ってしまった・・・、このままじゃやばい。明日は頑張ろう!

みたいに自分の中で今日に対する後悔が生まれて、気力が湧いてくるんですよね。反骨精神というか。

 

気分を乗らせるには「危機感」というものが非常に重要で、危機感がある事で現状を変えるための行動を起こす気力が湧いてきたりします。

必要以上に自分を追い込むと精神的に辛くなってくるんですけど、「何もしない日を作る」くらいだったら特に問題はないですよね。それで明日から頑張ろうという気になれることを考えれば、安い投資というか。

生粋の怠け者がこれをやるとかなり危険なんですけど笑。
あなたなら絶対に大丈夫だと思うので。

 

気分が乗らないときは淡々とやっていきましょう

というわけで

「気分が乗らない時の対処法」

ということで話してきましたが、最後にもう一度まとめると

 

・習慣化する

・寝る

・他の頑張っている人の発言を見る

・何もしない日を作る

 

これらをやることで、気分がどうとか関係ないところにやるべきことを持っていく事ができるし、やる気やモチベーションに困るということもなくなります。

一番良いのは「毎日淡々とやる」ということです。
それを続ければ、自分が望む現実も絶対に手に入れる事ができます。

 

それではありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2019 All Rights Reserved.