付き合ってはいけない人間の5つの特徴【人付き合いにも断捨離は必要】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、月也です。

世の中には本当に様々な人たちがいるわけですが、その中で

付き合うべき人とそうでない人

がいます。

付き合うというのは、仕事上の関係、友人、恋人、など「人付き合い全般」です。

 

まあ個人個人の価値観によっても違ってはきますけど、

(こういう人は絶対に付き合わないようにした方がいいよな)

という人種がいるのも事実なんですよね。

付き合ってはいけない人種と付き合いが生じてきてしまうと、様々な悪影響が出てきてしまいます。その人に振り回されてしまったりとか、考え方がその人に影響されてしまったりとか、ぶっちゃけ良いことがほとんどない。

 

今回の記事では、

付き合ってはいけない人の5つの特徴

ということで話していきたいと思います。

人間関係は人生そのものにも直結してくるもので、そこが充実しだせば人生自体も充実しますからね。ぜひ参考にしてもらえれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

特徴1:他人の悪口ばかり言う

他人の悪口ばかりを言う人は、絶対に付き合ってはいけないと僕は感じています。

悪口ばかり言う人はとにかく人相が悪いし、もう性根がネガティブな人が多いんで付き合っているとこっちまでその影響を受けてネガティブになってきたりするんです。

その人といると会話も自然と「他人の悪口」になってしまう可能性が高く、その会話を誰かに聞かれた日にはこちらまで周りから「悪口を言うような人」という見方をされてしまう恐れもあるし。

人の悪口を言うのが癖にもなってきたりして、マジで悪影響しかないです。悪口なんて言って良いことなんてほとんどないですからね。結果的にその悪口の当人を傷つけるだけなので。

 

また、他人の悪口を言う人は他人の足を引っ張りがちなんです。

周りの人の仕事などがうまくいきだしたら、その足を引っ張るかのような態度を取ったりとか。そういう人が身近にいたら、自分が仕事などを頑張ろうと思ってもその人の「沼」に引きずり込まれる恐れがあります。

冗談抜きで、良いことが何一つない。

 

僕は人の悪口を言うような人間には近づかないようにしてますね。したらやっぱり付き合っていて気持ちの良い人が周りに多くなってきて、人間関係で悩むこともかなり減ってきました。

悪口でしか会話が盛り上がらないような相手なら、関係を切ってしまっても全然困らないですね。

 

特徴2:口だけの人物

口だけの人っているじゃないですか。

他人への文句などはいっちょ前なんだけど、自分のことになると何もしない、みたいな。

こういう人って結構、というかかなり多いですよね。

 

そういう人と付き合っていると、やはりそれに影響されて自分も「口だけ」になってしまったりするんです。

口では文句などは言うんだけど、自分の都合が悪くなったり、問題が起こった時にはだんまり、みたいに。

なので、口だけに人物とはなるだけ距離を取った方が絶対にいいです。

 

口では特に何も言わないけど、自分のやるべきことをちゃんとやれる人

と付き合うと、自分も刺激をもらえたりとか、良い人間関係を作れますよね。「背中で語る」人というか。そして自分自身も、そういう人を目指すべきだと僕は思います。

 

スポンサーリンク

特徴3:被害妄想が激しい

被害妄想が激しい人も、なるべくなら付き合うのを避けたいタイプの人間です。

私がこうなったのは周りの人間が悪い!

こういうことを真顔で言っている人がたまにいますけど、自分の責任を一切負おうとしない人と付き合ってると良いことって本当にないんですよね。

 

大抵の場合、今の自分の状況というのは「自分が作り出した」もので、そこには多くの場合自分自身にも責任があるわけですが、それを認められないというのはちょっと人として未熟ですよね。まずは自分の在り方を改めるべきだろう、と。

仮にもしその人に何らかの問題が起こったとして、こちらに責任転嫁されてもたまったものじゃないので。

 

特徴4:自己中な人

自己中な人もやっぱり付き合っていくにはかなりきつい人種ですね。これは言わずもがなだとは思いますが。

自己中というのは、例えば「自分の利益しか考えられない人」とかですよね。
自分だけがうまくいけばそれでいい、みたいな。仕事などでそんな感じの人間と一緒になると本当に最悪です。

 

ですがたまに自己中でも、最初はすごい人当たりが良い人がいるんです。そこで信頼関係を構築して、相手が断れないような状態にした上で自己中を働いてくるような人もいるので、厄介なんですけどね。

ただ多くの場合自己中の人は見るからに分かるので、

あ、この人自分の利益して考えてないな・・・

という人がもし近くにいたら、距離を取った方が絶対にいいです。
そういう人間と付き合って関係を築いてしまうと、後々かなり面倒なことに巻き込まれたりするので。

 

特徴5:すぐに人を頼ろうとしてくる人

何か問題にぶち当たったとして、すぐに人を頼ろうとしてくるような人がいます。

例えば仕事で失敗をしてしまったとして、自分でやれることがあるのにすぐに助けを求めたりとか。

 

これは僕の価値観なんですけど、まずは「自分がやれることをやって、それでもダメなら人を頼るべきだろう」そう強く感じるんですよね。

周りの人も「自分のやるべきこと」があるわけなので基本的に忙しいし、すぐに人を頼っていたら「頼り癖」がついて自分の能力が成長するようなこともないですからね。

頼られる方としても、頼ってもらっても全然良いんですけど、すぐに泣き言を言ってくるような人間が近くにいると、やはり負担はかなり大きくなってきてしまいます。

そういう精神的に自立していない人とも、なるべくなら付き合うことをやめて距離を取った方がいいですね。

 

ハッキリとNOを言う勇気を

人間関係で損をするのって、「断れない人」なんですよね。

今回話したような人が近くにいたとして、ハッキリと「NO」を言える人はそういう人から離れることができるんですけど、NOを言えないと関係をうまく断ち切れずに中途半端に関係を築いてしまう恐れがあるんです。

一度関係が生まれるとなかなか離れるのも難しくなってくるので、本当に厄介なんですよね。

 

自分の中で、

この人とは絶対に付き合いたくない!

と感じた人が近くにいたら、勇気を持って「NO!」を突きつけるのが大事です。
あなたとは関係を築く気はありません、と態度で示す、ということですね。

仕事上の人間関係、友達、恋人、なんでもそうです。

それができる人が、ストレスのない人生も送れやすいです。

 

僕も最近は、自分とは明らかに相性が悪い人間とは絶対に人付き合いをしないようにしています。

自分自身が嫌な思いをするのはもちろん、お互い良い気持ちにはならないと感じるので。

話すことがあったとしても、本当に最低限しか話さないようにしてますね。

 

「自分が嫌だと思う人間を避けていたら人として成長できないだろ!」

みたいに言っている人もいますけど、今回話したような人たちと一緒にいても正直良いことが何一つないし、無理して付き合ってもただただこちらが消耗するだけなんですよね。

人付き合いにも「断捨離」は必要だと僕は考えているので、もし今回ご紹介したような人と付き合ってしまっているかも、と感じられた場合は関係を改めた方が絶対にいいです。

本当にコミュニケーションをとることがあっても「最低限」に抑えるということですね。

 

人間関係は仕事以上に人生における最重要要素だと僕は感じているので、そこを充実させることができれば、自然と人生も充実し出します。

それではありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2019 All Rights Reserved.