「リア充になりたい」という人が絶対に知っておくべき2つのコト

この記事は4分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

 

リア充

という言葉がありますよね。

 

世間一般的にはリア充と言われると、

常に友達に囲まれてる

とか、

異性にモテモテ

とか、

アクティブに動き回ってる

とか、そういうイメージがあると思います。

 

確かにそれらというのもリア充だとは思うんですが、
ぶっちゃけ僕はそんなのって一概には言えないと思うんですよね。

それぞれの状況などによって、
リア充の定義というものが変わってくると感じていて。

 

 

所謂ステレオタイプなリア充と非リア充な自分を比べて
コンプレックスを感じてしまうという人もいるとは思うんですが、
これだけははっきり言っておきたいんですけど

そんなの「幻想」なんですよね。

コンプレックスを感じる必要なんて全くないんです。

そんなことで悩んでいる暇があるんだったら、
もっと「自分」というものに目を向けるべきなんじゃないかなって
僕は感じますね。

 

 

根っからのリア充なんて存在しない

 

今非リア充な人で

リア充になりたい!

という人は多いと思います。

 

でも、ぶっちゃけですよ?

 

みんなが認める根っからのリア充

なんてこの世に存在しないんです。

 

一見典型的なリア充そうに見える人であっても、
常に何らかの不安にみんな襲われていたりする。

ひとりぼっちになったらどうしよう・・・。

みんなに合わせるのがつらい・・・。

自分のことみんな面白い、明るいとかって言うけど、
 本当は違うんだけどね・・・。

とか、周りが予想していないような
不安や恐怖、ストレスというものを抱えていたりするんですね。

 

下の記事でも書いてるんですけど、

⇒ 劣等感が強い人が知るべきある「人間の事実」とは?。その事実が劣等感を克服させる

 

世の中に「完璧な人なんていない」ということなんです。

みんな何かしたらコンプレックスを抱えていたりするし、
不安を持っていたりするんですね。

みんな必ず「弱さ」というものを抱えている。

 

 

あなたは今もしかしたらリア充と言われる人たちをみて
羨ましさとか妬ましさみたいなものを感じてしまっているかもしれない。

ちなみに昔の僕がそうでしたよね(笑)
楽しそうに青春を謳歌してるようなやつらを見ると
嫉妬心で狂いそうになったりとか(笑)

ホント典型的な非リア充だったんで。

でも、そういうリア充な人も別に完璧ではないということなんですよ。
心から人生を楽しめているというわけではなくて。
その人にはその人なりの恐怖や不安を抱えている。

 

だからナンセンスなんですよね。

自分と他人の人生などを比べて一喜一憂するのとかって。

人それぞれ楽しさ、恐怖、不安。

そんな感情を抱えているから。

 

別にリア充そうに見える人も、内心は不安などを抱えている

このことに気が付けることで、
本当に心が楽になると思います。

別に上に見る必要もないし、
下に見る必要もないということですね。

 

 

リア充の定義なんて人それぞれ

 

またですよ。

「リア充の定義」なんてのは人によって違うんですよね。

 

例えば電車が好きな人だったら
電車を眺めたり乗っているだけで幸せを感じられるだろうし。

本が好きな人なら
本を読んでいるだけで楽しい気持ちになれる。

ヒトカラが好きなら、
一人で歌を歌えるだけで楽しい、とか。

その人その人によって充実しているという基準は違うはずで。

そこを他人と比べて凹んだりするというのは
そもそもが間違ってるんですね。

 

実際に、
僕は学生時代友達もほとんどいなくて、
所謂リア充とは正反対の非リア充な人間だったんです。
家と学校を往復するだけの毎日で、
友達とかと楽しいことをするみたいなことが一切なかった。

ただ最近になって飲み会に誘われたりとか、
BBQに誘われることなどが多くなったんです。
昔の自分があこがれていた「リア充ライフ」を今送れるようになったわけですよ。

で、それを心の底から楽しめているかというとそんなことは無くて、

あ~早く終わらないかな~

みたいに感じることが多々なんですよね。
ぶっちゃけ、楽しくない」と感じている自分というのがいて。

 

だから楽しさの「価値観」というものは人それぞれ大きく違うんですよね。

人とわちゃわちゃするのが好きな人もいれば、
僕みたいにそれが苦手な人というのもいる。
数人仲がいい友人がいれば幸せかな、みたいな。

 

 

リア充になりたいと感じるんだったら、まずはやっぱり

自分自身を見つめる

ということが大切だと思います。

 

周りにいる”リア充そう”に見える人を見て

「あんなリア充になりたいなぁ・・・。」

とかって考えるのではなくて、

自分はどんなことをしているときに幸せを感じるんだろう・・・。

ということを考えてみるんです。

そしてそこにフォーカスをしてみて、
自分の心を充実させることを優先する。

 

自分の心さえ充実させることができれば、
他人と自分を比べて嫉妬するなんてことはなくなります。

他人の価値観に踊らされていても
自分自身の心が疲れるだけだし
心が充実するということもないんですね。

 

 

自分に合うこと、
楽しいと思えることをやることで初めて
本当の意味での「リア充」になれるんだと思います。

その楽しいことが「他人とワイワイすること」
だったらそうなれるように努力をすればいいし、

「女の子に囲まれたい!」ということだったら
女の子にモテる努力というものをすればいいんだと思います。

 

そこは「自分目線」で行きたいですよね。

他人の価値観を追い求めていたら、
それは不幸の始まりです。

その先に自分が求めているものがある確率は非常に低いんで。

 

 

“自分なりのリア充”というのを見つけるのが大事

 

「リア充になりたい!」

「あの人はあんなに人に囲まれていて羨ましいなあ・・・」

と感じてしまうこともあると思うんですが、
彼らの全員が心から幸せを感じているというわけではないってことなんですね。

絶対にその人なりの不安やストレスなどはあるだろうし、
その状況を失うことに恐怖心を感じていたりする。

 

世の中に「リア充の象徴」みたいな人はいないんですよ。

完璧な人なんていないということです。

 

 

また世間の価値観に踊らされるんじゃなくて、
まずば「自分の価値観を大事にした方が良い」と僕は思うんです。

自分のことを見つめてみて、
それでも人とワイワイやるのが好きだというなら
それを目指して頑張ればいいだろうし。

一人でゆっくり本を読むのが好きだったりするんなら、
それを追求すればいいと思うんです。

それは紛れもない「リア充」ですよね。

 

自分が好きなことをすることができている人こそがリアルが充実している、

「リア充」

ということだと思うんで。

 

 

とはいっても、

自分はとにかくリア充になってみたいんだ!

という人もいると思います。

そんな人に向けた「リア充になるための方法」という記事も書いているので、
そちらもぜひ読んでみてください。

⇒ リア充になりたい人が最速でリア充になるための方法

 

 

みんな幻想を抱きすぎな感じがします。

みんなが思うリア充が必ずしも自分にとってのリア充とは限らない、

ということですね。

正直それは単なる「無い物ねだり」をしているだけで。

 

もっと「自分の価値観」というものを大切にした方が良いんじゃないかなと
僕は感じます。

その方が絶対楽しい人生というものを歩めますね。

 

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事