2019/07/23

リア充になりたい人が最速でリア充になるための方法【誰でもできます】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうもこんにちは、月也です。

 

以前に「リア充になりたい」という人に向けた記事というのを書きました。

⇒ 「リア充になりたい」という人が絶対に知っておくべき2つのコト

 

まあ「自分に合ったリア充の形」というものがある、ということを言っているんですけど、
例えば別に映画を見ることが好きならそれでいいと思うし、テニスが好きならそれをしていればもう十分リア充なんです。

 

周りの価値観に流されて振り回されるのが一番いけない

ということなんですよね。

 

とはいってもですよ。

なんだかんだ「典型的なリア充になりたい」という人も多いと思うんです。

 

友達とバーベキューをしたりとか、
 夏は花火をしながらバカ騒ぎして、
 あなたが男性なら可愛い女の子と、
 女性なら魅力的な男の人と一緒にいたい

 

みたいな、そんな願望を持っている人って多いと思うんです。

 

僕もその気持ちは本当にわかります。

僕の場合は高校時代とかマジで暗い思い出しかなくて、友達とか「一人もいなかった」人間だったんですよね。
休み時間とか机に突っ伏して寝たふりしたり、図書室に篭ったりとか(笑)

リア充そうなやつらを見て心底(羨ましいなあ・・・)と妬んだりしてましたね。

 

 

それでですよ。

もし今あなたがその典型的なリア充になりたいという場合、
そのリア充ライフを送るために意識するべきことというのがあって。

その意識することがさえしっかり押さえることができれば、今あなたがどんな状況だったとしてもリア充ライフを送ることができます。

 

僕もそのことを意識するようになってからは大げさではなくて人生が変わったんで。

色んな人から声がかかるようになったりとか、色んな楽しいイベントなどにも呼んでもらえるようになった。
現実自体が変わったし、付き合う人種そのものが大きく変わったんです。

コイツ、ショボw」とかって言われていた、学生時代男友達すらまともにいなかった人間が。

 

あなたもリア充になるためにかなり有効になってくる方法だと思うので、ぜひ参考にしてもらえればなと思います。

 

スポンサーリンク

EXILEのATSUSHIになってしまったサラリーマン

以前テレビを見ていた時に、こんな人が出演していました。

その人は普通のサラリーマンなんですけど、とにかくEXILEの「ATSUSHI」のことが大好きらしく。
もう見た目から立ち居振る舞い、肌の色やサングラスに至るまで全てをATSUSHIのマネをしていたんです。

近くでマジマジと見つめないと偽物だと判断がつかないほどの完コピっぷりで(笑)

 

だからその人がEXILEのライブ会場に現れた日には大パニックが起きてたんです。

あれATSUSHIじゃね?

え、マジで!?

一緒に写真撮ってください!

ワーワー、キャーキャー

とか軽いお祭り状態になるほどに。

 

でもその人は特別な人でも何でもなくて、本当にただの会社員なんですよ。

それでも「ATSUSHIを忠実にマネ」したことによって、見た目から雰囲気からATSUSHIに限りなく近づくことができて、そのようなある意味で特別な存在になれたわけです。

 

これって自己啓発の分野で「モデリング」とかって言われていることなんですが、自分が憧れている人のことをマネることによって、外側から徐々に内面にまでその人に近づくことができ、自分自体に変化を及ぼすことができる、ということなんです。

 

既にリア充な人をモデリングする

もしあなたがリア充になりたいんだとして、やっぱり周りが非リア充ばかりだったりとかリア充とは違う世界にいるんだとしたら、なかなかリア充になることって出来ないんですよね。

リア充になりたい場合は、自分のいわばあこがれの対象である「リア充」に少しでも近づくことが重要で。

 

そこで有効になってくるのが「モデリング」ということなんですよね。

もしあなたの近くに典型的なリア充な人がいるんだとしたら、もうその人のことを徹底的に観察しまくるんです。

 

へぇ~、こういう服を着てるんだな

こんなことを話してるんだな

どういう風に人と接してるんだろう

いつもどんなとこで遊んだりしてるんだろ?

こんな風な髪形にしてるんだ

意外と真面目そうなんだな

 

とか、とにかくその人の一挙手一投足に注目してみるんです。

あまり見つめすぎると訝しがられる危険があるんで、その辺りの距離感は配慮しながら(笑)

 

そしてその特徴を少しずつ自分にも取り入れてみるんです。

服装をその人に近づけるということでもいいし、その人が遊ぶような場所に行ってみるというのでもいいし。
会話の内容とかもその人と近づけたりとか。

 

そうしていくうちに、まず

徐々にそのモデリングをしている相手に近づいていくことができます

そして、

付き合う人間も絶対変わってくるんです

今までオタクみたいな人ばかりと付き合っていたんなら、もう180°周りの人間というのが変わってくるんですね。

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、自分が放つ雰囲気が変わってくると居心地が良いと感じてもらえる人もやっぱり変わってきて、あなたがリア充に近づいたのならリア充な人が自然と近くに寄ってくるようになります。

 

スポンサーリンク

マネから「オリジナル」になっていく

最初はただのマネなわけですけど、段々とそれが自分の「デフォルト」「オリジナル」になっていって自然体でその状態でいられるようになっていきます。

そうなれば完全に付き合う人種も入れ替わるし、リア充になることも間違いなくできますよね。

 

僕自身以前から師匠だと思っている人がいるんですが、昔その人のことを本当によく観察してたんですね。
立ち居振る舞いからしゃべり方まで、その人の一挙手一投足を観察して。

そしてそれを少しずつ自分に取り込んでいく訓練をしたんです。

そうしたら自分の内面が明らかに変わってきて、自信が持てるようになっていったんです。
付き合う人種というのもマジで変わったんですよね。

昔は本当にオタクみたいな人たちとしか付き合ってなかったんですけど、
今では自分でイベント企画するような人間とか、
会社の社長さんに可愛がっていただけたりとか、
ホント昔とは変わりましたね。

確実に、昔と比べリア充になれたと思います笑

 

自分の力だけでリア充になろうとしても難しい

自分の力だけじゃ現実を変えることはなかなかできないし、付き合う人たちも同じままでリア充になることって難しいんですよね。

しかしモデリングをする対象を見つけて、その人のことを徹底的に観察してその人の特徴などを自分にも取り入れていくことで、自分というものが確実に変わっていくし、環境、人間関係というものにも徐々に変化が起こり始めるんです。

そうすれば近い将来に必ず、今は非リア充だとしてもあなたがあこがれているようなリア充ライフを送ることができるようになります。

 

 

憧れているだけとか、

(自分はどうせイケてない人間だから・・・。)

とか言って何の行動も起こさないのが一番ダメで。

 

キッカケさえつかむことができれば、人って絶対に変わることができるんですよ。

なのでぜひ本当にリア充になりたいと願っているんなら、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

リア充になる、充実した人生を送れるようになるのは自分次第で結構簡単になれますからね。

 

それではありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. Alice より:

    こんにちは!
    このサイトを読んで、私もモデリングしてみようと思いました!ありがとうございます♬質問があってコメントしてみたのですが、答えてくださると嬉しいです(*´ω`*)
    私自身も、リア充とはほど遠い人間関係にいるのですが、私の性格自体が、リア充の人との性格と違うんですよね…。リア充の人のモデリングをしていると、私自身が無理をしてしまうような気がして、疲れてしまう気がしてしまうんです…。あと、私がモデリングをすると、間違いなく周りは戸惑うと思います。月也さんは、こういう時どうされますか?答えてくださると嬉しいです。

    • 月也 より:

      コメントありがとうございます。
      大分返信が遅れてしまってすみません(^-^;

      モデリングをして違和感を覚えるのであれば、無理に続ける必要はないと思いますよ。

      疲れてしまうというのであれば、心の底ではそこまでリア充になることを求めてないのかもしれないですよね。
      「リア充の定義」というものは人によって違うので、Aliceさんに合った「在り方」というものをぜひ見つけてみてください!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 自信の方程式 , 2015 All Rights Reserved.