自分を卑下してしまう人が持つべきある考え方

この記事は4分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

 

自分に自信がないと、
どうしても「自分を卑下してしまう
ということがあると思うんです。

 

なんて自分はダメな奴なんだろうか・・・。

生きてる価値があるんだろうか・・・?

なんでこんなこともできないんだろう・・・。

 

とにかく自分を卑下して捉えてしまう、
ということがあると思うんですね。

 

そういう人はぜひ今回お話しすることを
聞いてもらいたいんですが、
必要以上に自分を卑下する必要なんてないんですよホント。

単純にもったいないですよね。
それだと縮こまったりしちゃうんで。

 

 

“不向き”しか見えていない

 

自分を卑下してしまう人というのは、

自分のことがよく見えていない

ということがあると僕は感じていて。

絶対人には「向き不向き」というものがあるのに、
不向きの部分にしか目が行っていないという感じですよね。

 

でも大抵の人というのは「向き」も絶対持ってるんです。
もしくはその「種」が。
今はまだ気が付けていないだけで。

 

そこはもう本当に色んなことに触れてみるしかないと思うんですよね。

興味をひかれるようなことがあったら
取りあえず触れるようにしてみるとか。

ポッとある日突然自分の長所に気が付くとかそういうことは
よほど目立った長所が無い限りないので。

大抵の場合まだ長所の部分が「種の状態」の人が多いので、
そこは色んなことにチャレンジして種が芽吹くのを
促す必要があります。

 

 

例えば運動が大の苦手だという人がいたとしますよね。

こんな運動ができない自分はダメな人間なんじゃないか?

みたいに自分のことを卑下してしまっていたとする。

どうしても自分に自信が持てないと。

 

でもその人には実は「絵が得意」という才能があったとしたらどうか。

その絵が得意という事実に気が付くには、
絵を描くキッカケ」というものを得られないといけないわけです。

自分を卑下してふさぎ込んでばかりいたら、
そもそも絵が得意という事実に気が付くことすらできませんよね。

 

 

誰にでも長所の種は眠っている

 

いやいや、でも自分には長所なんてないよ・・・。

と感じる人もいるかもしれないんですけど、
だからそれはただ「不向きの部分」にしか目を向けられていないだけなんです。

大なり小なり、
自分の向いているものというのは必ずあるんです。

 

そんな偉そうなことを言っている僕ですけど、
以前は本当に自分には何が向いてるのかさっぱりわかってなかったんです。

マジで「何のとりえもないカス」だと思ってました(笑)

でもつい最近ですよね。
自分に向いていること」というものを見出すことができたのは。

そのことでかなり自信が付きました。

自分も他の人と勝負できるものがあるんだ!」って。

 

 

僕自身目立った長所なんて無い人間なんですけど、
それでも見つけることができたので。

あなたにもそれは必ずあるし、
見つけることができます。

自分に希望を持つということがやっぱり大事ですね。

そうしないとそもそも色んなことに触れようとも思えないし、
得意なことを見つけるキッカケも得られなくなるので。

 

 

日本人に生まれてこれたという”奇跡”

 

もう一つ、お話ししたいことがあるんですが、

あなたはたぶん日本人だと思うんですけど(笑)、
日本人って地球上に何人くらいいるか知っていますか?

1億2000万人」くらいですよね。

 

それじゃあ人間というのは地球上に何人くらいいるのか?

60億人以上」ですね。

 

じゃあ人間以外の生き物はどのくらいいるのか?

哺乳類とか爬虫類とか昆虫とか、
地球上には様々な生き物がいるわけじゃないですか。

もう天文学的な数字になってくるんです。

そんな数え切れないほどの生き物がいる中で、
あなたは地球の頂点に君臨する人間として生まれることができた・・・。

 

 

ぶっちゃけですよ。

地球上に生命として生まれてくることができて、
さらにその頂点である人間として生まれることができ、
そのうえ最も恵まれた国の一つである「日本」に生まれてこれた。

これだけで「奇跡的なレベル」なんですよね。

もう超絶ラッキーなわけです。

周りには日本人がたくさんいるわけで感覚的に麻痺してますけど、
それだけ恵まれている人種なわけですよ僕たちというのは。

別に変な宗教的なしがらみとかもないし、
差別とかも今の時代ほとんどないですよね。
そして豊かで物も溢れている。

未だに差別が起こっていたりとか
貧しい国がある中で、
それだけで誇れることだと思うんです。

 

というか日本人でありながら自分のことを卑下してばかりいたら、
発展途上国とかに生まれた人たちに恨まれますよね(笑)

てめーらなんでそんな恵まれてんのにクヨクヨしてんだよ!」って(笑)

日本人というだけで「価値がある存在」だということなんですよね。

相当恵まれているし、
不足しているものなんてないじゃないですか。

 

それに日本人同士の差なんて微々たるもんなんです。
同じ土俵には立てているわけなんで。

 

 

まあすごい傲慢的な考え方ではあるんですけど、
でも自分を卑下してふさぎ込むよりかはよっぽどいいと思うんです。

この事実を糧に自分を奮い立たせるという感じですね。

日本人というだけで、できないことなんてほとんどないんで。

 

 

まずは色んなことに目を向けるのが大事

 

自分のことをどうしても卑下してしまう・・・。

そんな人はまず「色んなことに目を向ける」ことが大事だと思います。

自分に自信がないという人は
「不向き」なことにしか目を向けられていない可能性が高いので。

 

色々なものに触れてみて、
原石」を見つけることが必要ですね。
自分の長所となりえる原石というものを。

原石は誰の中にも必ず眠っています。

その原石を見つけられた人が、
自分の望む結果を得られたりするんだと思うんですけどね。

 

卑下してふさぎ込んでいたらその原石を見つけるキッカケすらつかめないので、
自分の可能性を信じることが大切だなって感じますね。

 

 

またこの地球に人間として生まれてこれて、
さらに日本人として生まれてこれただけで
かなり恵まれているということなんです。

それなのに自分を下げることばかり考えていたら
貧しい国に生まれた人たちとかにぶっ飛ばされますよ(笑)

 

日本という恵まれた国に生まれたという事実を
認識する」ことが大切だと思います。

どうしても当たり前になってしまっていて
そのことを考えられる人って少ないと思うんですけど、
それを理解するだけで自分に希望を見いだせるようにもなるだろうし、
色んな可能性というものに目を向けられるようにもなりますよ。

 

 

自分を卑下してしまう人の気持ちもわかるんですよ。

僕自身その典型だったから。

ただ僕は自分のことを卑下してきたことで
良いことなんて「一つもありませんでした
ただ自分が苦しかっただけで。

 

ぜひその殻を破りたいですよね。

それだけで本当に見える世界というものが変わると思うので。

 

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事