「誰からも嫌われたくない」は”不可能”だということに気が付くべき

この記事は4分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

 

今日は人間関係を築いていくうえで、
はたまた良い人生というものを送る上で

「絶対に大事にしたいマインドセット」

についてお話ししたいと思います。

 

ぶっちゃけこれをちゃんと理解しながら生きられている人って
本当に少ないと思うんですよね。

言葉だけを聞くと、
そんなん当たり前じゃん(笑)
と思えても、それを行動レベルにまで落とし込めている人は
そうはいないと思いますね。

だからこそ人間関係に苦労してしまっているという人は
かなり多いと感じます。

 

でもそのことをちゃんと理解することができれば、
人間関係における悩みとかって確実に減るんです。

自然体で生きられるようになるし、
ストレスも必要以上にため込むことも無くなるので。

 

 

で、そのマインドセットというのを先に言ってしまうと、

絶対に嫌われる人には嫌われる

ということなんですよね。

職場であっても、
学校であっても、
趣味の場であっても。

必ず自分とは合わない人はいるし、
絶対に誰かしらからは嫌われたりするんです。

それはもう「自然の節理」みたいなもので。

 

 

「嫌われたくない」の罠

 

おそらくですけど、やっぱり多くの人は

誰からも嫌われたくない!

という風に考えてしまっているんだと思います。

 

人から批判を受けたりとか、
嫌そうな表情を向けられたりとか、
そういうことに恐怖を感じてしまっている人って多いんじゃないでしょうか。

まあ誰かにあからさまな悪意などを向けられて、
全く意に介さないような人はそうはいませんよね(笑)

やっぱ、嫌だと思います。

 

 

でもですよ。

その「誰からも嫌われたくない」という願望が強くなってしまうと、
自分というものを出せなくなってくるんですよ。

 

それこそ以前の「八方美人」について書いた記事でも話しているんですけど、

⇒ 「八方美人」は絶対にやめた方が良い理由

のっぺらぼう」みたいになってしまう危険があるわけです。

 

誰からもよく見られようとすると、
もう自分の意見が言えなくなるわけじゃないですか。

自分の意見などを言ってしまうと
絶対誰かと衝突したりしてしまうから。

 

でも衝突するのを避けようとすると、
もう周りに流されっぱなしになってしまうんですね。

それだと確かにあからさまな悪意というのは向けられないとは思うんですけど、
ぶっちゃけ「辛い」と思うんです。

空気みたいな存在ってことじゃないですか。
それって。

別にそこにいてもいなくてもどうでもいいみたいな、
そんな存在になってしまうということなんですよ。

自分の意見を押し隠して、
周りに迎合してしまうということは。

 

それでいいと言う人もいるとは思うんですが、
僕はそんな人生は良いとは全然思えなくて。

代わりがいる人生」って、なんか嫌じゃないですか。
セルフイメージもすごい下がりますよね。

絶対「自分だけの人生」というものを歩んだ方が
毎日が楽しくなると思うし、
自信というものもついていくはずで。

 

「誰からも嫌われたくない」

という風に願うということは、

自分の人生を生きられなくなる

ということとほとんど同義だと思うんです。

 

 

どんどん殻に閉じこもってしまう

 

それに人から嫌われるのを恐れると、

内に内にこもってしまう

という危険もありますよね。

それこそ最悪引きこもり化してしまったりとか、
そういう可能性も出てきてしまう。

僕がそのパターンだったんですよね。

 

 

僕の場合は嫌われたくないとはちょっと違うんですけど、

みんなに変な目で見られたくない

という強い願望みたいなものを持っていたいんです。

ただ僕には吃音という明らかに普通ではない特徴があった。

そこですごい恐怖を感じてしまっていたんですよね。

吃音のことがバレたらみんなから変な目で見られてしまうんじゃないか?

みたいな強い恐怖を常に抱えていた。

 

だからもう自分のことをひた隠しにしていたんです。
人と接することを避けたりして。

それって人から嫌われないようにするのとほとんど一緒ですよね。

 

それでどうなったかというと、

まあ「引きこもり」になりましたよね(笑)

心も体も完全に引きこもりに成り下がりました。

 

あの当時の僕が気付きべきだったのは、

嫌われる人には嫌われるし、
 合わない人は合わない

ということだったんだと思います。

吃音がばれることで変な目で見られるやつには見られるし、
別に普通に受け入れてくれる人は受け入れてくれる。

そうすれば吃音がばれることを必要以上に恐れることもなかったし、
引きこもることもなかった。

 

 

人から嫌われるのを恐れるようになると、
もう自分の殻に閉じこもるようになってくるんですよね。

どんどん内にこもっていってしまう。

でも「嫌われる人には嫌われるんだから、別にいっか!
と開き直って自分を表現できるようになれば、
本当に楽になるんです。

今まで感じていた不安や恐怖などが嘘のように吹き飛びますよ。

 

僕は最近ようやくその感覚というものを掴めてきた気がします。
今は自分の感情なども抵抗なく出すことができるし、
自分の主義主張などもできるようになりました。

「誰からも嫌われない楽園なんてない」

ということを少しずつ”理解”できてきたから。

 

 

負のループを脱するために必要なこと

 

人から嫌われることを恐れてしまうと、
本当にのっぺらぼうみたいに全く魅力が無い人間になってしまう恐れがあるし、
内に内にどんどん籠っていってしまう恐れもあるんです。

そのループにハマってしまったら最悪で、
良い人生というのは間違いなく歩めませんよね。

 

しかし、

「誰からも嫌われない楽園なんてないんだ!」

という真実に気が付くことができれば、
「自分らしく」生きられるようになるんです。

自分の意見などを言うことを恐れなくなるし、
本当の自分というものを出しながら生きられるようになっていくから。

 

そしてその先にこそ、
自分が望む人生」というものも待っているんじゃないかなと僕は感じてます。

自分を押し隠しながら生きていて、
良いことなんてホントないですよ。

 

 

そのことを理解するには少しずつ自分の身に沁みこませていくしかないと思うんですが、
少しずつでもいいので

 

自分の意見を言う

自分のやりたいことをやってみる

人に感情を出してみる

 

ということをやっていくといいですよね。

そうすると確かに一部の人間からは
良く思われなかったりということもあるんですが、
「共感してくれる人」の方が圧倒的に多かったりします。

敵になる人間なんて本当にごくごく一部です。

そのことに気が付くことができれば、
もうこっちのものですね(笑)

 

まあとにかく、

嫌われるやつには嫌われるんだ!

ということはぜひ常に意識しておきたいマインドですね。

そこで人生そのものが大きく変わるほどの、
そんな可能性を秘めたマインドセットだと僕は思ってます。

 

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • マッスル
    • 2017年 11月19日

    めっちゃわかります。僕は対人恐怖『クセだと思っている。』があります。もう受け入れざる得ないです。他者視線恐怖な感じです。
    誰からも嫌われたくないと考えるくせがあるので、善人面って感じで、疲れます。
    過度に疲れないひとは、『俺はこうなんだから、嫌われたら嫌われたらでしょうがないわ。』
    で自己主張しているから、悩まないだと思いました。

    ぶっちゃけ、毎日が辛すぎるんですが。

      • 月也
      • 2017年 11月19日

      コメントありがとうございます。

      自分は分け隔てなく接しているつもりでも、
      誰かしらからは絶対に嫌われるし、

      開き直って自分を出しながら接しても、
      特定の人にはやっぱり嫌われる。

      だったら、もう開き直っちゃった方が良いのかなって(笑)

      誰にでも善人面してしまうというのは、
      ある意味で”やさしさ”だと僕は感じるんですよ。
      誰も傷つけたくないという心理も、
      どこかで働いているんじゃないかなと。

      そういう人が開き直っても、
      人からは嫌われにくいと思います。

      ありのまま接してもらった方が、
      接してもらう方としても楽な場合が多いですからね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事