向上心がある人の特徴と、向上心を高めるためのコツとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、月也です。

 

僕は生きる上で、

向上心

というものは非常に重要だと感じています。

いつまでも持っておくべきものだし、
向上心がないとどうしても”停滞”していってしまうから。

 

でも今って向上心がない、
もしくは疎ましく思っている人が多いと思うんです。

意識高い系みたいでなんかかっこ悪い

とか、

自分なんかが向上心を持ったところで何の意味もないし

と変に斜に構えてしまっていたりとか。

 

社会に出たり家庭を持ってしまうと特に、
向上心を持ち続けるのは非常に難しくなってきます。

基本的に毎日同じことの繰り返しにどうしてもなってしまうので、
安定”を求めるようになってしまうから。

こういう言い方をすると反感を買ってしまうかもしれませんが、
それが離婚の原因に繋がってしまう節はかなりあると思うんですよね。

“刺激”を外に求めるようになってしまうから。

 

しかし向上心をいつまでも持つことが出来ていれば、
毎日が確実に刺激的なものになっていくし、
自分自身も成長していくしで良いことしかぶっちゃけないんですよね。

スキル向上が期待できるから、
より良い仕事に就ける可能性も高まるし、
収入も上がることが期待できます。

 

今回の記事では、

向上心がある人の特徴とは?

向上心を高めるにはどうすればいいか?

ということについてお話ししていきます。

向上心があれば間違いなく人生有利になってくるので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

向上心はどのような時に高めることができるのか?

生まれながらに向上心を備え持つような人が世の中に稀にいます。

モチベーションが尽きることなく
行動し続けられるような人ですよね。

ただそういうのは一部の天才だけで、
普通の人はそんな風にはやっぱり成れないんですよね。

普通は自分に自信を失うこともあるし、
モチベーションが失われて足を止めてしまいます。

 

僕は向上心は

自分で作り出すもの

だと感じています。

そして誰であっても向上心を高めることは可能です。

そのために必要なことを、一つずつ挙げていきます。

それらは向上心がある人がまず間違いなく持っている特徴でもあり、
それらを意識することで今は向上心がない人でも
向上心を高めることが可能になります。

 

悔しさを忘れない

悔しさというものは、一見するとネガティブな感情のように思ってしまいますが、
向上心を高めてくれる

プラスの感情

だと僕は考えています。

 

悔しさを出すとか、なんかみっともない・・・

みたいに感じられるかもしれないんですけど、
悔しさが無いことの方がヤバいんですよね。

 

例えば自分の友達が自分よりも多くの年収を手に入れていたとして、
あなたは「悔しい」と感じますか?

 

僕は、まさに最近そのような体験をしたんですけど、
やっぱりめちゃくちゃ悔しかったんですよね。

自分はまだまだ収入もしょぼいのに、
友達はかなり波に乗り始めてきていて。

自分のお尻にその時は火が付くような感じがしました。

俺もあいつに負けてられねーー!!

 

悔しさを感じている自分を肯定してあげることで、
向上心も尽きることが無くなるんです。

悔しさは自分の心にガソリンをぶち込むような感じで
大きなエネルギーを生んでくれます。

 

「悔しさ」

というものについてはこの記事でもお話ししているので、
そちらもぜひ読んでもらえると嬉しいです。

⇒ 悔しい思いをしたときは、むしろ人生を好転させる大きなチャンス

 

スポンサーリンク

行動レベルの高い人を見る

また、向上心を高めるには

行動レベルの高い人を見る

ということを意識すると良いです。

 

行動レベルが高い人を見ると、
その人が「ペースメーカー」の役割を果たしてくれて、
自然と自分自身の行動レベルも上がって向上心も維持できるんですね。

あの人がこれくらいやってるんだから、自分もこれくらいやらないと!!
みたいに思える。

 

僕なんかはブログを運営しているので、
トップブロガーの人たちのブログはやっぱり常にチェックしてるんです。

そしてトップブロガーの人たちというのは、
例にもれず「更新頻度が高い」んです。

ブログの記事を更新するのって想像以上に苦痛が伴うんですけど、
彼らはそれを乗り越えて毎日更新していたりします。

そういう向上心のある姿を見ていたら、
自分も負けられない!!
と強く思えるんですよね。

 

トップの人ですら毎日更新してるのに、
 俺がサボっててどうする!!

 

って。

 

 

またそれに関して漫画の『はじめの一歩』で
かなり興味深い描写があります。

一歩のライバルの宮田一郎は元々同じジムに所属していたんですけど、
一歩と戦うために違うジムに所属するんです。

一歩たちが所属するジム、鴨川ジムは鷹村がいたり、
めちゃくちゃ選手のレベルが高いんですよね。
練習もかなり濃密です。

 

一方で宮田が移籍したジムというのは、
お世辞にもレベルが高いジムとは言えないんです。

宮田以外は有望な選手がいないようなジムで。
選手のレベルが低いので、練習量もみんなやっぱり少ないわけです。

その中で宮田は練習量が一番で、満足していました。

これくらい練習を積んでいれば、”アイツ”にも負けないだろう」と。

そんな時、お父さんであるコーチがこんな指摘をします。

 

あんな奴らの練習量と比べて満足していてどうする。

 

周りの選手のレベルが低いことで自然と”基準”が下がってしまい、
少ない練習量で満足するようになってしまっていたんですね。

もし近くに一歩がいたりしたら、
到底満足できないような練習量で宮田は満足するようになってしまったんです。

 

どれだけ、周りにいる人のレベルが大切か

ということがよくわかる描写だなって、
読んだのは10年以上も前なんですけど
かなり印象に残っている場面ですね。

 

近くに行動レベルの高い人がいると
自然と向上心が生み出され自分の行動レベルも高くなっていく、
ということですね。

 

ただ注意点があって、そこで大切なのは

能力は比べてはいけない

ということです。

あくまでも行動レベルを比べる、ということですね。

そうすれば相手との能力の差に
自信喪失してしまうということも無くなります。

 

時に、孤独になる

向上心を高めるためには、

一人になる

ということも時に意識することが大切です。

とにかく、「自分のやるべきことに集中する

 

今成功している人というのは、
孤独な場面を潜り抜けてきていることがほとんどです。

例えば経営者の方は、遊んだり飲みにいかずに
ただひたすらに仕事に打ち込んだ時期というのが必ずあります。

プロ野球選手も、守備が苦手で1軍になかなか定着できない選手が
2軍でただひたすら守備練習を続け守備が向上して
1軍に上がれるようになり結果を出してブレークする、
という例はよくありますね。

 

何かを始める時って人と集まりたがったりしてしまうものなんですけど、
結果を出していない状態で集まっても正直意味がないんですよね。
傷のなめ合いになったりするだけで時間の無駄な場合が多いです。

ある程度準備ができた段階で、
1人になってそれにひたすら没頭する時間を作る、
ということは非常に大切です。

その上で仲間と集まって得られたことなどをシェアしていくのが
一番効率が良いですよね。
お互いに向上心も高められます。

おー、お前そこまで行ったのか!俺ももっと頑張らないと!
みたいに。

 

自分の能力を向上させるためにもくもくと努力する時間を作る

ということですね。

そこでもし向上心が尽きてきたら、
「悔しさ」をまた思い出してみたり行動レベルの高い人を見る、
ということをするとまた向上心が高まり努力をし続けることができます。

成功している人は多くの場合そういった”孤独”を通り抜けてきていますね。

 

向上心がない人がやるべきこと

向上心がないという人はまず、

悔しさ

を思い出すことをすると良いです。

 

おそらくあなたは「向上心」というキーワードで検索して、
もしくは気になってこの記事にたどり着いていると思うんですけど、
向上心というキーワードで検索している時点で

向上心があなたの中にある」んです。

とにかく安定を求めたい、向上心なんて興味もない人は
そんな風に検索することがないですからね。

自分をもっと変えたい、向上心を持って頑張っていきたいという思いが
潜在的に心のどこかにあるからこそ、この記事にたどり着いたはずなんです。

 

そんなあなたであれば、「悔しさ」という感情も
心の中に眠っているはずです。

自分に対しての悔しさが。

その悔しさをバネに、向上心は高まっていきます。

僕もいまだに悔しさを感じることが多いです。

「数字だけで判断しやがってこんちくしょー」

みたいに(笑)

でもだからこそ、数字を良くするための行動を取ることができます。
自分自身や周囲を見返すために。

 

また、その際に行動レベルが高い人を見る、ということも重要です。

いくら自分に対して悔しさを感じても
周囲にだらけた人ばかりいたらそっちに流されてしまうんですよね。

ま、べつにいっか!」みたいにまた日常に戻ってしまう。

今はネットでトップの人の発信などに簡単にアクセスできる時代なので、
トップの人の行動レベルをモチベーションにするんです。

この人でもこんだけ頑張ってるんだから、自分も負けられない!」と。

トップの人を追いかけているうちに、
気づかないうちに高いレベルに到達していることに
気が付ける日が必ず来ます。

 

あなたの現実もその時に、大きく様変わりしてますよ。

 

それでは、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2018 All Rights Reserved.