「自分の殻を破る」ことができる超簡単な1ステップ

この記事は3分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

 

何らかの悩みであったりとか、
コンプレックス、
病気などを抱えているとどうしても

自分の殻に閉じこもってしまう

ということがあると思うんですね。

 

こんな自分が周りに理解されるわけがない・・・。

みんなと自分は違うんだ・・・。

みたいに内にこもっていってしまって、
どんどん精神的に追い詰められてしまったりする。

 

昔の僕が完全にそのパターンで、
自分のコンプレックスが原因で内に内に籠っていってしまって、
一時期は完璧に殻に閉じこもっていました。

外の世界、他人というものが怖くて怖くて仕方がなかった。

まあ今では、その自分の殻を破ることはできているんですけどね。

 

 

それで、

自分の殻を破ることは難しい、という風に
もしかしたらあなたは今感じてしまっているかもしれないんですけど、
意外と簡単」だったりするんですよ。

本当に些細なことで自分の殻を破ることって出来るんです。

昔の僕にそのことを伝える術があるんだったら
今すぐにでも伝えてあげたいくらいで。

そうすれば人生が大きく変わったかもしれなかったから。

 

 

まあ僕の話はどうでもいいんですが(笑)

もし今あなたが

自分の殻に閉じこもってしまっている

そして、

どうにかして自分の殻を破ることができれば・・・!

という風に感じているんだとしたら
ぜひ今回お話しすることを参考にしてみてください。

それだけで大げさではなくて
人生が変わる
ほどのインパクトを持ったことなので。

 

 

周りの人に打ち明けてみる

 

「自分の殻を破るにはどうすればいいのか」

ということなんですけど、

ホント単純なことです。

 

殻に閉じこもる原因となったことを周りに打ち明けてみる

これをすることで殻を打ち破ることが可能なんですね。

 

 

僕の話をするのがおそらくわかりやすいと思うので
話させていただくんですが、

このブログで何度も言っているように
僕は吃音という言葉の病気を抱えて生きてきました。

それで、常にこんな恐怖を抱えていたんですね。

 

吃音者だってバレたら周りから”普通じゃない”と思われる

普通に接してもらえなくなる

今の友達関係が全て壊れてしまうんじゃないか?

社会落伍者の烙印を押されるんじゃないか?

 

吃音のことがバレるのが怖くて怖くて仕方がなかった。

そしてどんどん自分の心を奥に奥に閉じ込めてしまい、
完全に自分の周りに「殻」というものが出来上がってしまっていたんです。

 

ただ、20歳の時に必要に迫られて
吃音のことを打ち明けたことがあったんですね。

まあバイト先の店長だったんですけど。

そこで返ってきた反応というのが、
自分の殻を打ち破る大きなきっかけとなりました。

 

ふ~ん、そうなんだ。辛かったね

 

その時のことは今も鮮明に覚えてるんですけど、
もう想像のはるか上を行くくらい「薄い反応」が返ってきたんです。

自分を殻に閉じ込めるくらいに強烈なコンプレックスだった吃音が、
周りから見たらその程度にしか見られていなかった。

それが本当に衝撃的で。

 

その辺りのことについては以下の記事でも書いているので
ぜひ読んでみてください。

⇒ 自分の中では大きな悩み事でも、他人はそのことを気にしてない

 

で、その出来事がきっかけとなって、
なんかすごい楽になったんですよね。

あ、なんだ。別に周りは俺の吃音のことなんて気にしてないんだ

そこからは頑なに吃音を隠すことは無くなって、
徐々に自分の殻を破ることができていったんです。

 

別に、本当の自分をさらけ出しても大したことないんだ」って。

 

 

自分以上に自分の悩みを気にしている人はいない

 

おそらく自分の殻に閉じこもってしまっている人というのは、
周りの反応」というものを極度に怖がっている節があると思うんです。
周りの目」とか。

でも、違うんです。

ぶっちゃけそんなもんは幻想なんですよね。
他人は自分のことなんて大して気にしていないんです。

自分の悩みを必要以上に気にしているのは自分だけ」なんですね。

 

 

これはぜひやってみてもらいたいんですけど、

一度近しい人とか信頼できる人に

「自分の悩みを打ち明けてみて」欲しいんです。

自分は実はこんなことで悩んでるんだ」という風に。

 

そこで同情してくれたりとかはするんですけど、
怪訝そうな顔をされたりとか
馬鹿にされるようなことは「絶対にない」んですよ。

まあよほど何かの犯罪を犯したとか、
そういう場合はまあアレなんですけど(笑)

でも多くの場合は「自分の取り越し苦労」で終わる。

 

自分を殻に閉じ込めてまで守ってきたものはこんなもんだったのか

ということにそこで気が付けると思います。

 

そのことに気が付くことができれば
必ず自分の殻を破るということもできるし
「自分らしく」生きられるようにもなっていきますよね。

 

 

殻の外は意外と優しい世界が待っている

 

自分の殻に閉じこもってしまっている人というのは
昔の僕もそうだったんですけど「考えすぎ」なんですよね。

周りの反応を極度に怖がりすぎというか。

 

でも周りはそこまで自分の悩みを気にしてなんていないし、
関心が無いんです。

みんな自分のことで精いっぱいだから

 

 

自分の殻を破るには

自己開示をしてみる

ということがかなり有効で。

「悩みを身近な人でいいので打ち明けてみる」

ということですよね。

 

おそらく予想以上に薄い反応が返ってくるか
優しい言葉をかけられるかするので拍子抜けすると思いますよホント。

「え、みんなそんな風にしか思ってなかったの?」って(笑)

「なんでもっと外の世界に飛び込んでみなかったんだろう」
とその時に体感覚で理解できるはずです。

 

 

自分の殻に閉じこもっていても良いことなんて正直一つもないんですよ。

自分の心が弱っていくだけで。

今あなたが感じている殻というのは「幻想」なんです。

その殻の外には、
予想以上に優しい世界というのが待っていると思いますよ。

 

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • わっさん
    • 2017年 8月2日

    この記事を読んで心がすっとしました!
    自分は思ってる以上に周りの目を気にしすぎていて周りはそんなに自分を気にしてない事に気付けました!この事に気付けたおかげで自分が気にしてやれなかった事も出来そうな気がします! この記事を読めて良かったです!
    月也さんありがとうございます(^^)!

      • 月也
      • 2017年 8月4日

      わっさん、コメントありがとうございます。

      少しでも参考になったのならよかったです(^^)

      本当に、自分の考え方次第で
      世の中の見え方って変わっていきますね。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事