コンプレックスが克服でき、さらに自信すら得られる「あるマインド」

この記事は4分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

 

先日こんな記事を書きました。

⇒ 大きい悩み、コンプレックスを持つ人は「人生を縛りプレイしている」と考えてみると楽になる

大きな悩みやコンプレックスを抱えているという場合は、
それを「縛り」と考えるようにするとかなり楽になる、
ということについて書いてますね。

 

“縛りプレイ”というのは、
例えば一回クリアしたゲームに縛りを加えることで
難易度を上げて、また新鮮な気持ちでプレイするための
文化みたいなもののことで。

主人公1人でボスを倒す」とか(笑)

 

病気やコンプレックスというのも
その「縛り」として捉えるようにしてみるんです。

人生の難易度を上げて、
より歯ごたえのある面白い人生にするための要素としてみてみる。

そうすることで病気やコンプレックスから
ネガティブなイメージというのが払しょくされる、
ということを上の記事では書きました。

 

 

で、今回もそれに関連する内容を書いていきたいと思います。

大きな悩みやコンプレックスを克服し、
さらに自信にすら変えるにはどうすればいいか、
ということですね。

 

僕は最近「あること」を考えながら日々を生活するようにしてるんですが、
セルフイメージが下がりそうなことがあっても全く動じなくなったんですよね。

というか全自動で自信がつくようになってきました。

なんて自分はすごいんだろう!」みたいに(笑)

 

もし病気や大きなコンプレックスというものを抱えているという場合は、
ぜひ今回お話しするマインドセットを持って
日々を送ってみてもらいたいんです。

そうすれば冗談抜きで人生が変わるので。

 

 

これもちょうどいいハンデだ!

 

その「マインドセット」とは何かというと、

これも良いハンデだな!

みたいに思うようにするということです。

そうすることでコンプレックスなどから
自分を卑下するようなことも無くなって、
自分に自信がついていくんです。

 

 

みんな”そのまま”比べすぎ

 

以前の僕がそうだったんですけど、
大きな悩みやコンプレックスを持っている人は

普通の人と”そのまま”比べすぎ

ということがあるんですよね。

 

例えば自分のルックスに自信が無い人が、
イケメンとか美人と比べたらそりゃ自信も失うわけですよ。

は~。なんで自分はこうなんだろ・・・。

みたいに。

 

僕もしゃべりがうまい人を見るたびに、

なんで自分は挨拶すらまともにできないことがあるのに、
 この人はこんなスラスラ言いたいことを話せるんだ・・・。

と自分の無力さと同時に羨ましさを常に感じてましたよね。
今もぶっちゃけしゃべりがうまい人を見ると嫉妬心に火がつくんですけど(笑)

 

でも自分の「劣っている部分」を他人と比べたら、
そりゃ自信なども失うに決まってるんですよね。

「自分はこんな弱点がある。すごいだろ~!」
みたいに弱点を自慢できる人なんていないと思うんで(笑)

やっぱり自分のコンプレックス、弱点をそのまま眺めているだけだと、
自分の無力さなどに自信を失ったりしてしまうんです。

 

 

そこで、「発想の転換」をしてみるんですよね。

そうすることでコンプレックスなどを克服でき、
さらにそれが「自信の源泉」にすらなってくるんです。

 

それが上の方で言った、

自分はこんなハンデを持っているのに周りの人と渡り合えている!
 すごいな自分!

という風に思うということなんですよね。

 

 

ハンデを持ちながら周りと渡り合えてるだけですごい

 

上の例の「ルックスに自信が無い人」だったら、
やっぱり恋愛とかで不利になってくるんですよね。
ルックスが悪い人というのは。

イケメンとか美人に比べたら、
やっぱり第一印象などで不利になってきたりとか、
異性の選択肢が限られてきたりするので。

でもそんな中で恋人を作れたりとか、
異性と仲良くできているだけでそれはかなりすごいことだと思うんです。

ルックスが悪いというある意味で「ハンデ」を背負っている中で、
他の人たちと恋愛面において渡り合えてるわけですよ。
それってかなりすごいことなんですよね。

 

 

僕が抱えている「吃音」という言葉の病気の場合も、
ぶっちゃけ相当なハンデなわけです。

自分の意思が思うように伝えられなかったり、
仕事面で円滑にできないことが多いので。

でもその中でも普通に生きられている時点で
僕は「すごいこと」だという風に自分で思うようにしてて。

こんなデカいハンデを背負ってる中俺は他の奴らと張り合えている。
 マジでスゲーな俺!

みたいに(笑)

 

今も吃音が出るときは多々あるんですけど、
そういう時はこう思うようにしてます。

まっ、これも良いハンデだな

俺がこんなハンデを背負って生きてる中で、
 大したことねーなてめぇらは

と(笑)

まあもちろんそんなこと一切口に出しては言いませんけど(笑)、
自分の中で思うだけでも180度変わってくるんです。

今は吃音が原因で失敗するようなことがあっても
凹まなくなりましたからね。

「まあ、こういうこともあるよな。ハンデを背負ってあげてるんだから」と。

 

 

自分をもっと褒めてあげるべき

 

特に大きな悩みとかコンプレックスを持っていない人を見て
羨ましい」と感じる人って多いと思うんですけど、
僕はそんな風には思わなくて。

そこは他人に目を向けるよりも、
自分を褒めるべきだと思います。

コンプレックスなどを持っていながらも、
そういう人たちと一応は渡り合えているわけですよね。

今普通に生きていられているんであれば。

それだけで本当にすごいことだと僕は思うんです。

 

決してみんなにマネできるようなことではないんです。

 

 

「ハンデがなかったらこんなもんじゃないぞ!」

 

他人より明らかに劣った部分を持っていたりすると、
他人に嫉妬したりとか自分を卑下してしまうということがあると思うんですが、
そんな時はぜひこういう風に思うようにしてみてください。

 

ま、これも良いハンデだな!

本当の自分はまだまだこんなもんじゃないのに、
 あんたらは大したことないな!

ハンデを背負っているくらいでちょうどいい

 

 

「ちょっとそれって傲慢じゃない?」

と感じる人もいるかもしれないんですけど、
これくらいに捉える方が丁度いいと思うんですよね。

後ろ向きに考えていてもぶっちゃけ何にもならないんで。
得することってホントなくて。
ただ自信も失うだけですからね。

 

だったら少し考え方を変えて、

「ハンデを背負ってるくらいがちょうどいい」

みたいな感じでコンプレックスのことを捉えることで、
そのコンプレックスというものが「自信の源泉」になるんですよね。

コンプレックスを克服することができるだろうし、
自分に対して希望を持てるようにもなる。

 

 

「大きい病気を抱えている」

「大きいコンプレックスを持っている」

という場合はぜひとも今回話したマインドセットというものをもって
日々を送ってみてください。

自分に対して本当に希望が持てるようになるので。

 

それにしても本当にちょっと考え方を変えるだけで
冗談抜きで自分を変えることって出来るんですよね。

自分を出せる人、
自分を出せない人というのはほんの少しの差しかなかったりします。

今回と同じような「発想の転換の仕方」については
本当に色んなアプローチの仕方があって、
他の記事でも言及していたりするのでぜひそちらの方も併せて読んでみてくださいね。

⇒ 深いコンプレックスも克服できる「発想転換法」

 

希望さえ持てるようになれば、
間違いなく自分というものを変えていくこともできますよ!

 

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事