劣等感が強い人が知るべきある「人間の事実」とは?。その事実が劣等感を克服させる

この記事は3分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうもこんばんは!月也です。

 

世の中には、

一見完璧そうな人

ていたりしますよね。

 

例えば、イケメンとか美人と呼ばれるような人たち。

そういう人を見ると、
何らかの欠点があるなんて思えないし、
「完璧超人なんじゃないか?」みたいに思ってしまったりしますよね(笑)

あとは東大に現役合格したような人など。

普通の人から見たら、もう「変人」です(笑)

とても自分と同じ生き物だとは思えないというか。
どうしても上に見てしまいがちだと思います。

 

上に挙げたような「一見完璧そうな」人たち。

そういう人たちを見た時に、
自然とこんな風に感じたりしていませんか?

 

きっとちやほやとかされて生きてきたんだろうなあ

汚いこととは無縁の人たちなんだろうなあ・・・

毎日欠かさず努力を続けているんだろうなあ。自分にはとてもマネできない

自分とは脳の構造そのものが違うのかもしれない・・・

 

といったように、
自分と比較をして劣等感を感じてしまったりとか、
そういうことってあると思うんですよね。

正直僕はそういう一見完璧そうな人たちを見ると、
もう劣等感がバリバリに放出されるときがあります(笑)
自分のデキの悪さを呪ったりだとか。

 

とにかく、一見完璧そうな人たちを見ると良い面しか見えてこなくて、
そこで劣等感を感じてしまうということがあると思うんです。

劣等感を感じてしまうとセルフイメージも下がってしまうし、
負のループに陥ってしまいますね。

 

 

 世の中に完璧な人なんていない

 

でも決してそんなことは無いんです。

世の中には完璧な人なんていないんですよ

必ず弱みや欠点の一つや二つ持っているものなんですね。
これはもう人間である以上例外はなくて。

 

「そんなの当たり前だろ?」

みたいに感じるかもしれませんが、
意外とここを根っこから理解できている人は少ないですね。
どうしてもやっぱり自分とは違う生き物のように見てしまう人が多いはずです。

 

でも、どんなに見た目が綺麗だろうが、
普通にトイレに行くし、
朝寝坊したりもするし
常に何らかの不安も抱えていたりするんですよね。

もしかしたら、本当の自分と
世間からの評価のギャップに苦しんでいるかもしれない。
「別にそんな人間じゃないんだけどな・・・」とか。

 

何らかの欠点は必ず持っているし、「普通の人間」なんです。

彼ら、彼女らも。

 

 

隣の芝生を気にしてもしょうがない

 

誰しもが、何らかの劣等感を持っていると思うんですけど、
劣等感なんて感じる必要は実はないんですね。

何故なら完璧な人なんて世の中にはいないから。

 

例えば僕だったら、
正直今でもしゃべりが達者な人を見ると
嫉妬心で心が抉られるような気持ちになったりします(笑)

「俺にあの能力が生まれつきあったら・・・。」
と何度恨み節を吐いたことか(笑)

でもそれってあんまり意味のないことで。
誰しもがコンプレックスや欠点は持っているわけですよね。
そして、僕の場合はたまたまそれが「しゃべり」だったというだけの話で。

吃音という弱点が無かったらまた違う場所に
大きな弱点を抱えていただろうし、
自分の欠点を他の人と比べたら、
そりゃ見劣りしてしまうという話なんですよ。

でも周りから見たら、
僕は誰かが羨む能力などを持っているかもしれない。
キリがありません。

 

結局は「隣の芝生は~」ということですよね。

すごい人たちというのも僕たちと同じ人間なんです。

だから別に変な負い目とかを感じる必要はないんですね。

 

 

わかりやすい長所、わかりにくい長所

 

というか一見すごそうに見える人というのは、

長所が見えやすいところにある

という風に僕は感じてます。

目の前にマッチョな人がいたら、
もうその筋肉にしか目がいかないと思うんです。
他の部分は気にも留めず、
絶対注目しちゃいますよね(笑)

長所が目立ったところにあると、
どうしても底ばかりに目が行きがちです。

でもどんな人でも隠れたところに短所も持っているし、
完璧超人というわけではありません。

 

逆に「一見わかりにくい長所」を持っている人もいると思うんです。

例えば、
人の気持ちが自分のことのようにわかるというのも長所だし、
人一倍人に対して優しくできるというのも長所だと思うんですね。

あとは「継続力」であったりとか。

そういったものは「表面上は気づきにくい長所」と言えますよね。

だから現時点で自分の長所に気づけていない人というのは、
わかりにくいところに長所がある」可能性が高いです。

だから自分を卑下したりするのは間違ってますよね。
自分をよく見てみる、ということが大事になってきます。

 

 

だから、別に劣等感を感じる必要なんてないんですよホント。
劣等感を感じるような相手にも弱点があったりするんで。

劣等感なんて感じてる暇があったら、
自分を高めるために自己投資などをした方が建設的です。

 

まあ僕自身が劣等感に苛まれ続けてきた人間なので
そういう人の気持ちはよく理解できるんですが、
今まで書いてきたようなマインドを持つだけでもかなり楽になれます。

さらに自分を成長させることを止めなければ、
いつか劣等感なんてものに足を取られることも無くなります。

 

自分はこれからどう生きていくか、ですね。

そこでこれからも自分に自信を持てずじまいなのか、
それとも殻を破ることができるか差が出てきます。

 

それではお読みいただきありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事