月也(ツキヤ)って人間は何者なのか?

元々僕は吃音(きつおん)という言葉の病気を抱えていて、
まともな人生を歩めないことを宿命づけられていたような人間でした・・・。

しかし、ひょんなことから自分を変えるきっかけに出会うことができ、
今では「自分らしい人生」というものを歩めることができているんです・・・。

                               

 

 

どうも初めまして!

月也(ツキヤ)と言います。

 

ブログでは主に、

自信をつけるための方法

コンプレックスを克服する方法

人間関係を良くするコミュニケーション術

感情コントロール

リーダーシップマインド

などなどの”自分の人生を自分らしく生きられる“ようになるために
必要な知識などを発信しています。

 

とはいってもですよ。

お前何者なんだよ!?

みたいな状態だとこのブログでお話ししている
内容がスッと入っていかないと思うんです。

得体のしれない人間からの情報なんて
僕も逆に立場だったら信じる気にはなれないので(笑)

 

なのでここではちょっとした「自己紹介」をしていきたいと思います。

僕がどんな人生を歩んできて、
そしてなんでそんな知識などを得ることができたのか、
といったことですね。

少し長くなるかもしれないんですが、
お付き合いいただければ嬉しいです。

 

 

一つの出会いが全てを変えた

 

冒頭でも書いたんですが、
僕は物心ついたころから「吃音(きつおん)」という
言葉の病気を抱えながら生きてきた影響で、
とにかく冴えない人生というものを歩んできました。

吃音について語ると長くなるので端折るんですが、
まあもし気になる方はwikipediaの方を読んでみてください(笑)

⇒ 吃音症 – Wikipedia

 

で、吃音があった影響でとにかく自分に自信というものを持てていなかったんです。
自分にとって「あまりにも大きすぎるコンプレックス」だったから。

また吃音があることから会話でのコミュニケーションがうまく図れなかったので
人との接触というものをなるたけ避けるようになり、
高校生にもなるころには見事な「対人恐怖症」にもなってしまっていました。

 

当然女性からもモテたことなんてなく、
本当に「冴えない」という言葉通りの人生を歩んでいました。

普通に青春を謳歌してる同級生の姿を見て、
どれだけ嫉妬したか覚えてないですよね(笑)

 

 

大学に入るまでそんな底辺のような人生を歩んでいたんですが、
大学1年の時に今の”“との出会いがあったんです。

その人は僕と同じで幼少期から吃音を抱えながらも
それを克服し、自分でビジネスを興し成功されている方でした。

その師匠というのは、今僕がこのブログ上で発信しているような知識に
精通している方だったんです。

 

僕はそれまで何の知識も持っていない、
大げさではなくて犬の糞以下の人間だったんですが、
師匠から様々な知識を学んでいったんですね。

それこそ冒頭で挙げた様なことです。

 

師匠に出会うまでの僕はとにかく自信もなく、
取り柄というものを何一つ持っておらず、
人とまともにコミュニケーションも取れないような
そんなダメに×100は余裕でできるくらいの人間でした。

自分の将来に全く光を見出すことができずに、
この世から消え去りたいと真剣に何度も切に願っていました。

 

しかし今では、

何故か周りの人から応援されたりとか、
月也と出会えてよかった!」といった嬉しすぎる言葉をもらえたり、
とにかく人間関係が良好になりましたよね。

昔は人にバカにされたり、
「空気」のような存在だった人間が。

当然自分に自信というものもついて、
今では最大のコンプレックスだった吃音というものを克服できています。

 

 

知識、そして経験が人を変える

 

これまで書いてきたように本当に僕はダメな人間だったし、
何の特別な能力もない普通以下の人間だったんです。

ただ少し「特別な知識」、そして「経験」というものを積んでいくことで
自分を変えることができたんです。

今は自分を必要以上に卑下するなんてことは無くなったし、
他人と比較して自信を無くすということもなくなりました。

 

何故かというと、
「自分の人生」というものを生きられるようになったからなんです。

様々な知識などを学ぶことで、
自分の人生を生きる事の楽しさ、
「自分の思うように生きても良いんだ!」
という勇気を持つことができました。

 

別に他人がどうとか関係ない。
 自分がどう生きたいかが大事だ!

と。

 

 

おそらく、
周りの目を気にしてしまったりとか
自分に自信を持てなかったりして
我慢の人生」というものを歩んでしまっている人が多いと思うんです。

それは決して自分に”マッチする”人生ではないのに、
周りに反対されるのが怖かったりして
ありのままの自分で生きることができていないというか。

 

ただ、別に僕はありのままに生きても良いと思うんですよね。
というかそうしないと自分として生まれてきた意味がないと思うんで。

自分にしかできないこと、
歩めない人生というものが必ずあります。

昔の時代ならいざ知らず、
今の時代は本当にどんなことをしても良いわけですよね。

それなのに変な価値観などに押さえつけられて、
不本意な人生を歩み続けるというのは僕は違うなと感じるんです。

 

でもあれですよ。

「よし、ありのままに生きるぞ!」

とかって言って自分勝手に生きるだけだったらそれは単なるアホで(笑)

もちろん人間関係だったりとか、
自分のやるべきことなどはきっちりやる必要は絶対にあって。

周りの人に迷惑をかけたりするのはやっぱり違いますよね。
ありのままで生きていくには、
自己責任で生きていく」ということが必要になります。

 

 

で、ありのままに生きていく、
「自己責任で生きていく」と考えた上で必要になってくるのが
冒頭に挙げた要素たちなんですよね。

 

もう一回挙げると

 

自信をつけるための方法

コンプレックスを克服する方法

人間関係を良くするコミュニケーション術

感情コントロール

リーダーシップマインド

 

そのほかにもまだまだあるんですけど、
こういった要素を身に着けていくことが大切です。

 

そうすることで自分が揺るがなくなるんですよね。

セルフイメージというものが強固なものになって、
本当に自己責任で自分の人生というものを歩めるようになる。

そうすれば間違いなく人生が楽しいものになります。
自分を押さえつけて日々を過ごすよりも、
自分の生きたいように生きれたらそれに越したことは無いわけで。

 

 

実際僕自身まだまだではあります。

まだまだ至らない点は数多いし、
自分の人生を生きれていると
力強く宣言できるところまでは行っていません。

ただ、そこに「足を踏み入れることはできている」と感じています。

周りに振り回されることはもうなく、
自分の目標などに突き進むことができている。

そう遠くない時期に、
心の底から「自分の人生を生きれている!」と宣言できることを
確信できていますね。

 

 

自分を変えるキッカケにしてほしい

 

自信が無かったり、
人間関係がうまく行っていなかったり、
コンプレックスなどを抱えていたりすると
どうしても自分を押さえつけてしまったりして
様々なことを我慢してしまう、ということがあると思うんです。

こんな自分が、好きなように生きて良い訳が無い・・・。」と。

 

でも違うんですよ。

別に自分の好きなように生きても良いんですよね。

もちろんそうなるためには「努力」というものが絶対に必要です。
知識も必要だし。

 

 

このブログでは、強固な自信というものを築き上げて、
自分の人生の主人公になるために必要な情報を発信していきます。

それらは師匠から学んだことや、
僕自身が自分を変えるのに役になった知識などです。

自称専門家が言ってるようなフワフワしたものではなくて、
机上の空論とかでは決してない
「生きた知識」ということが言えると思います。

 

だからただ受け取るだけだとあんまり意味がないんです。
それらを自分なりに理解して、
そして日々の生活に落とし込むことが大切で。

そうやって少しずつ自分の身に知識を染み込ませていくことで
必ず自分というものは変えることができます。

今あなたが自分に自信を持てていなかったとしても、
堂々と「自分の人生を精一杯生きる」ということができるようになるはずです。

 

 

僕は師匠との出会いというところから人生を大きく変えることができました。

あなたもこのブログとの出会いを期に、
ぜひ自分を変える努力というものをしてみて欲しいんです。

必ず、変われます。

 

そのために、お互いこれから頑張っていきましょう!

僕自身これからも常に前進していくし、
あなたも前進し続けていってもらえればなと思います。

 

 

ちょっとした自己紹介のつもりがかなり長くなってしまいましたが(笑)、

自分の人生の主人公」になっていきたいですね!

あなたの人生の主人公は他でもない「あなた」なわけなんで。

 

それでは、これからよろしくお願いします!

 

月也(ツキヤ)

 

RETURN TOP

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事