2018/06/17

辛い時の処方箋。今辛い時はぜひこの記事を読んでください

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、月也です。

 

辛いとき

ってありますよね。

 

何か辛い出来事があったり、
人間関係でうまくいかなかったり。

とにかく、むしゃくしゃするというか、
死にたくなるくらいに辛いときってあると思います。

それでベッドの中で横になったきり
なかなか起き上がれなかったりとか。

 

 

そういう辛いときの処方箋を、
今回の記事では書いていきたいと思います。

ちょっとしたことで辛い時の辛さって
和らげることが出来るので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

辛い時の処方箋1:とにかく体を動かす

 

辛い時というのは、
身体ばかりを休めてしまいがちです。

ベッドに仰向けに寝そべったまま休んでしまったりとか、
多くの時間寝てしまったりしますよね。

外に出るのが億劫というか、
そんな感じにどうしてもなってしまう。

 

でもそれだと、辛さって実は和らがないんです。

むしろ精神的にさらに不安定になる恐れがある。

なぜかというと、

疲れているのは”精神的な部分だけ”

だからなんです。

 

身体をいくら休めたところで、
精神的な疲れ、辛さは休まらないんですよね。

むしろさらに鬱屈してしまう危険すらある。

部屋に閉じこもってしまうと、
どうしても心が内に内に閉じこもっていってしまうから。

これは僕自身が経験済みなのでよくわかるのですが。

 

 

精神的に疲れているときは、

身体も疲れさせる

ことで、初めて心と身体のバランスが取れるようになるんですね。

心と身体両方を疲れさせて、
そして休むことで心の不安定さがなくなるんです。

 

 

よく、

運動して身体を動かすとすごい気持ちいい

ということが言われますけど、
身体を動かすことで精神的にすごいリフレッシュできるんですよね。

僕は専門家ではないので理屈などはわからないのですが、
みんな絶対そういう経験はしてるはずで。

おそらく人間の本能的なものなんでしょうね。
元々大自然の中で暮らしていた名残なのかもしれません。

 

 

ただ身体を休めるだけだと、精神的な辛さは休めらない

身体を動かすことによって、
精神的な健康を徐々に取り戻すことが出来、
ようやく心と身体のバランスが取れるようになる。

ということですね。

 

これはぜひやってみてください。

身体を少し動かすだけでも、
辛い時の感情って治まるので。

 

ちなみに個人的に”水泳”がオススメですね。

全身を動かすので、
泳ぎ終わった後本当に心地よい疲労感に襲われるんです。

泳げないという場合でも、
水中ウォーキングするだけでも結構脚ガクガクになりますよ(笑)

それが心の健康に取り戻すことにも
間違いなく繋がりますね。

 

 

辛い時の処方箋2:偉人や成功者の自伝を読む

 

辛い時には、

昔の偉人や成功者の自伝を読む

これをすることでもかなり心が安らぎます。

 

そういう本を読むことで、彼らにある共通点があることに気が付けるんです。
何かというと、

 

昔どん底に落ちるような体験をしている

 

本当に概してみんなそうなんですよ。

何の挫折もせずにスムーズに成功した人なんて、
世の中まずいないです。

絶望的な状況から這い上がってきているばかりで。

 

おすすめの本で言うと、
スティーブ・ジョブスの本はおすすめです。

スティーブ・ジョブズ I Kindle版

 

 

あと僕がオススメしたいのが、
プロゲーマーの「梅原大吾さん」の本
勝ち続ける意志力』ですね。

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 Kindle版

 

失敗をしたり迷いが出ているときに読むと、
よし!頑張ろう!!」みたいに前に進む気力を与えてくれる本です。

定期的に読み返している、僕にとって本当にバイブルみたいな本ですね。

 

 

僕が実際に会って話をした方の実話

 

また、これは僕が友人からの紹介で
直接お会いしたことがある方の話なんですが、
この話を聞くとかなり勇気をもらえると思うので
ここでお話ししたいと思います。

 

その方は、若いころにホストをやっていたんです。

詳しい経緯は聞いてはいないんですが、
ホスト時代にその方は「億を超える借金」を背負わされたらしいんです。
20代そこそこの時にですよ。

 

普通の人ならそこで絶望すると思います。
僕だったら、正直耐えられません。
億とか、普通に返そうと思っても無理ですからね。

 

その方も首吊り自殺を真剣に考えたらしいんですが、
そこから奮起して仕事を頑張ったそうなんです。

何をやったかというと、
地方へ行っての訪問販売です。
実演などをしながら、商品を売りこんだらしいんですね。

 

そこでお客さんに喜ばれながら販売の仕事が軌道に乗り、
そのノウハウについての講演を、企業などから頼まれるようになり。

現在では月の収入が5000万を越えているという、
そういう方だったんですが。

 

まあその方の話はさすがにぶっ飛びすぎてるんですけど(笑)

実際その方は僕が今まで会ってきた人の中でも、
ダントツにとてつもないオーラを放っていました。

身長も190センチ近くありそうな感じで、
マジで威圧感を感じましたよね(笑)

一目見て、
この人は違う
と感じたのは後にも先にもその方だけです。

 

 

やっぱり、みんな失敗とかってしてるんですよね。

僕自身も、実は金銭面でどデカい失敗をしています(笑)

投資詐欺に遭ったりとか。

 

ただその上述の方の話を聞いた後の出来事だったので、

俺の失敗なんて、アリンコみたいなもんだな

こんな風に思えたんですよね。

 

 

大きな失敗をしながらもそれを乗り越えて成功している人の話は、
本当に勇気をもらうことができます。

そういう人の本とか辛い時に読むことでも、
辛さというのは吹き飛んでいくはずですよ。

 

このことについては下の記事も合わせてぜひ読んでください。

通ずる部分がかなり多いので。

⇒ 大失敗をやらかしたときに瞬時に心を切り替えられる思考法

 

 

スポンサーリンク

辛い時の処方箋3:身近な人に相談する

 

辛い時は、

身近な人に相談する

これも大事だと思います。

 

自分の中だけで抱え込んでいても、
どうしようもないことって絶対あるんです。

自分だけでは解決できないようなことでも、
人に話すことで解決できることがあるかもしれない。

 

例えば何か病気などを患ってしまったとして、
自分だけでは治癒する方法が見つからなかったとする。

そこで思い切って友人などに相談してみたら、
その病気に詳しいお医者さん知ってるから、紹介するよ
こういってくれるかもしれませんよね。

自分が知りえないことでも、
周りの人は知っているかもしれない。

 

3人寄れば文殊の知恵、というやつですよね。

(自分の悩みなんて、みんな理解してくれっこない・・・)

と相談しないより、まずは取りあえず相談してみる、
ということも大切です。

 

 

また、人に辛いことを話すだけでも
心ってすごい楽になるんです。

自分だけで背負っていた重荷を、
一緒に持ってもらえるような感覚になる。

本当に肩の荷が下りるんです。

 

そして大抵の場合、
周りはあなたの辛いこと、悩みを真摯に受け止めてくれます。

バカにされるようなことなんてほとんどないんですよね。

真剣に話を聞いてくれるし、
理解もしてくれます。

 

 

自分だけで辛いことを抱え込んでしまうというのは
一番ダメなことなんです。

そんな強くないですからね、人なんて。

孤独で生きられる人なんて世の中居ないんです。

一見やり手のエリートサラリーマンみたいな人でも、
内心は恋人などに甘えたがってたりするのが人の常なんですよね。

僕もそうだし、あなたもおそらくそうだと思います。

 

だから、周りの人のことを辛い時は頼っても良いんです。

そしてその人が辛い時には、
今度は自分が助けになってあげればいいですよね。

綺麗ごとに聞こえるかもしれませんけど、
やっぱり助け合って生きていきたいものです。

それができる人が、
良い人生というものを送れるのかなって感じますよね。

 

 

辛い時の処方箋4:笑顔

 

そして最後にもう一つ

笑顔

です。

 

もう無理にでも笑顔を作るようにするんです。

鏡の前で笑うだけでも、
本当に大分変わってきますよ。

 

少し口角を上げてニヤッとするだけでも、
なんか心が高揚してくるんです。

幸福感が心の底から湧き上げってくるんですね。

辛い時って笑顔なんてとてもできないかもしれませんが、
本当にポーズだけでも大丈夫です。

鏡の前などで、笑ってみてください。

不安や恐怖、ストレスなどが薄れていきます。

 

 

辛い時の処方箋5:頭空っぽで見れる映画やアニメを見る

辛い時は、笑える映画などを見ると元気がもらえます。

特に頭空っぽで見れる映画が良いですね。

あとは癒される映画やアニメを見るのも効果的です。

 

こういう時に大いに役立つのが「アマゾンプライム」です。

月額400円ほどで多くの映画とかアニメが見られるので、
まだ入ってない人はぜひ入ってみてください。

これほどコスパが最高なサービスもそうそうないので。

⇒ アマゾンプライムに入会して色んな映画を見てみる

 

 

「元気が出る映画」については
この記事でもいくつかご紹介してるので
ぜひそちらも合わせて読んでみてください。

⇒ 元気がない時にぜひ見たい!元気が出る映画傑作選7

 

 

ちょっとしたことで楽になる

 

辛い時の処方箋

ということでお話ししていきました。

 

最後にまとめると、

 

〇身体を疲れさせることで心と身体のバランスを取り戻す

〇偉人や成功者の自伝などを読む

〇身近な人に相談する

〇笑顔を作る

〇頭空っぽで見れる映画やアニメを見る

 

この5つを行うだけで、
天と地ほどの差が出てきます。

 

辛い時は内に籠ってしまいがちですが、
そんな時こそ外に出て行った方が絶対に良いので。

本当にちょっとの心がけで、
精神的な問題って解消できます。

そのちょっとの心がけのきっかけに、
この記事をしてもらえたらうれしいですね。

 

それではありがとうございました!

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2017 All Rights Reserved.