リア充になりたい非リア充な人は、「誰かの○○になる」ということを意識してみよう

この記事は3分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

人生というものはやっぱり充実しているに越したことは無いと思います。

いわゆる「リア充」という言葉がこれだけ浸透しているのも
その裏返しだと思うんですね。

みんなとワイワイしたりとか、
 そんなリア充になりたいけど・・・。」と。

 

で、なんだかんだ「寂しがり屋」な人が
多いんじゃないかなって感じるんです。

人と接していないと寂しい、
だからリア充に憧れる、みたいな。

 

以前こんな記事を書いたんですが、

⇒ 「リア充になりたい」という人が絶対に知っておくべき2つのコト

上の記事では
自分が充実していればリア充なんだ
ということを言ってます。

別に人に囲まれて楽しくしているだけが
リア充なわけじゃないんだと。

 

でもなんだかんだ、
人と多く接している人の方が充実しているように見えるし、
人生も面白いものになりやすいのは事実だと思います。

色んな人と接することで色んな発見が合ったりとか、
間違いなく知見というものも広がったりするんで。
まあ単純に楽しいですよね、人と接してると。

 

 

常に人や物に囲まれているリア充な人

不安や寂しさなどを抱えてしまっている非リア充な人

この両者の間には、
実は「ある違い」というのがあるんです。

“あること”を意識できているか、いないか

この違いです。

 

僕は最近このことに気づくきっかけというのがあったんですが、
本当に「はっ」としたんですよね。

僕は以前は友達が一人もいない、典型的な非リア充だったんですけど、

「そりゃ、あんとき非リアになるわけだ」

とすごい腑に落ちたんです。

 

あなたが今自分のことを非リア充だなと感じている場合は、
そのことを意識できていない可能性が高いです。

そしてこれはリア充云々のみならず、
例えば仕事で成功したりとか、
人生そのものを良くしていきたい。

そんな人は絶対意識したいことになっているので、
ぜひ参考にしてもらえればなと思います。

そこを出来るかできないかで、
マジで人生が大きく左右されますよ。

 

 

誰かにとっての”起点”になっているか?

 

いわゆるリア充と呼ばれる人と非リア充の人たちの違い・・・。

 

それを始めに言ってしまうと、

自分が誰かにとっての”起点”になっているかどうか

ここなんですよね。
この部分が両者を大きく隔てる壁なんです。

 

 

例えばクラスとかに人気者というのが必ずいますよね。

人が常に集まっていたりとか、
何かの企画を考えたり。

そういった人になんでみんな集まりたがるかというと、
その人自身に魅力があるということもそうなんですが、
起点になっているから」なんですよね。

自分から動くことによって、起点になっているんです。

だから人も自然と集まってくるし、
人気も当然出てくる。

 

一方でクラスには「イケてない」人達もいるじゃないですか。
僕はもう完全にこっち側だったんですけど(笑)

教室の隅っこの方で固まっておとなしくしているような、
そんな感じの人たちです。

彼らがなんでそんな風になってしまっているかというと、
起点になっていないから」なんです。

自分から何かを始めるということもしないし、
「誰かについていく」ことしかしていない。

だから人もついてこようとはしないし、
日陰者になってしまうんですね。

 

 

誰かの起点になった時、リア充になりだす

 

僕は以前はとにかく「誰かのフォロワー」でしかありませんでした。
リーダーシップを発揮するような人にただついていくだけ、みたいな。

 

でも最近になって、
自分から何かを始めたり、人を誘う
ということをし始めたんですね。

まあ何か面白そうなことがあったら友達とかを呼んでみたりとか、
そういう小さなことなんですが。

前は誰かを何かに誘い出すとかしたことなかったんですけどね。
断られるのが怖かったりして。

 

そうすると、なんかすごい「責任感」みたいなものを
強く感じるようになったんです。

俺が誘ったんだから、つまらない思いをさせてはいけない!

みたいな(笑)

明らかに自覚というものが生まれて、
自分というものが成長しだしたんです。

 

また、「人が引き寄せられる」ようにもなってきました。

ここ数か月で、高校3年間よりも間違いなく人と話してますね(笑)

小さいことでもいいので自分から動くと、
本当に自然と人なども寄ってきます。
人が人を呼ぶというか。

磁力を帯びてくるようなイメージですね。
動くだけその辺りにある鉄がどんどん引き寄せられてくる。

人生というのが間違いなく充実し始めました。
昔とは比べ物にならないくらいリア充に今はなれていると思います。

 

 

誰かについていくだけではダメ

 

おそらくあなたが今非リア充で悩んでいるという場合、

常に誰かの後についていくだけ

になってしまっていることが多いと思うんです。

自分から例えば飲み会とか開いたりしないで、
既にセッティング済みの飲み会にただ参加するだけ、みたいな。

でもそれだと一向に責任感なども生まれないし、
人にも物にも愛されることがないんです。
人や物は責任感が強い人が大好物だから。

 

しかしそこで、ホントにほんの少しでも良いので、
誰かにとっての起点」になってみるんです。

合コンがあったら友達とか知り合いを誘ってみたりとか、
行きたいライブなどがあったら誰かを誘ってみたり、といったことですね。

始めはすごい怖いとは思うんですけど、
そこから必ず何かが変わり始めます。

人に好かれるようになったりとか、
色んなものや人、情報が舞い込むようになったり。

間違いなく「リア充になることができるんです」

 

またそういうことを繰り返すことで
コミュ障」というものも改善されます。

なんかもう人と接するのに慣れてくるんですよね(笑)

「この人とは何を話せばいいんだろう・・・?」
「あー、緊張する・・・」

とかって余計なことを考えることが無くなって、
どんな人相手でも、ニュートラルに接せられるようになっていきます。

コミュ障を治したいという観点から考えた時も、
今回の話はかなり大事になってきますね。

 

 

リア充になりたいという人は、
ぜひそのことを意識して、これから過ごしてみてください。

誰かにとってのキッカケ、起点になってみる

ということですね。

友達とかを何かイベントなどがあったら
誘いだすといったことで良いので。

そうすればリア充になれるのはもちろん、
人生自体が大きくプラスの方向に傾きだします。

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事