自己卑下をしない自分になるために必要な「2つの視点」

この記事は3分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

あなたは今こんな考えというものを自分に対して持ってしまっていませんか?

 

自分はなんてダメなんだろう・・・。

 あの人はあんなにすごいのに・・・。

 

他人の能力などを自分のそれと比較して自分を卑下してしまう・・・。

そんなことはあなたはないでしょうか?

 

もし「自分を卑下してしまう」という場合は、
もう今回の話を話し甲斐がありすぎるんですが(笑)

最初に言ってしまうと、
そんなもんは単なるあなたの「想像」に過ぎないんですよね。

その自分に対する評価というのは「正当」ではないんです。

そもそも評価するところがずれているんですね。
だから卑下することに繋がってしまっている。

 

 

じゃあどうすれば自分を卑下することなく
自分への評価を高めることができるようになるかというと、

ある2つの視点を持つ

これだけです。

その視点を持てるようになれば、
自分を卑下するようなことも無くなり、
自分に自信持ちながら堂々と生きられるように必ずなります。

 

 

短所VS長所

 

最初にその1つ目をお話しするんですが、

自分を卑下してしまっている人というのはとにかく、

自分の短所と他人の長所を比べすぎ

なんですよね。

ここに自己卑下の材料が集約されていると言っても過言ではないです。

 

自分のことを卑下してしまっている人は
自分の短所ばかり見てしまっているし、
他人の長所を同時に見すぎなんですよね。

それだと卑下してしまって当たり前で。

 

例えばあなたが「運動が下手」ということが自分の短所だと感じていて、
コンプレックスに感じていたとしますよね。

しかし周りを見渡せば水泳もスイスイ泳げるし、
バスケとかの球技も超うまいとか、
そんな人がいたらどう感じますか?

おそらくすごい「自分を否定」してしまうと思うんです。

あの人はあんなに運動ができるのに、自分は・・・。」と。

 

でもそれだと自分を卑下してしまって
自分に自信を無くしてしまうのも当然なんですよね。

だって短所と長所を比べたら、
そりゃ長所の方が優れたように見えるのは当然で。

それは潜在能力etc関係なく、当然のことですよね。
短所より長所の方が優れているのは。

 

一見すると当たり前のことのように感じますけど、
自分を卑下してしまっている人は実際にこれをやってしまっているんです。

自分の短所ばかりを見て、
他人の長所と比べてしまうということを。

 

 

とにかく意識して自分の長所に目を向ける

 

そういう場合はとにかく、

もっと自分の長所に目を向けるべき

なんです。

そうすることで卑下することも間違いなく減るはずです。

 

でもそんなことを言うとこんな意見も出てくると思います。

いや、自分には長所なんてないから・・・。

あなたももしかしてそんなことを持っていませんか?

何の取り柄もないような人間なんだ、と。

 

しかしそれはあり得ないんです。

誰でも必ず、長所というものは持っています

あなたは自分の長所に目を向けようともしていないだけで、
少し視点を変えるだけで長所って見つかるんですよ。

長所の見つけ方については下記の記事をぜひ読んでみてください。

⇒ 取り柄がない人なんていない!自分の奥底に隠れている取り柄を見つける方法

上の記事を参考にすれば必ず見つけられるはずです。

 

自分の長所さえ見つけることができれば、
自己卑下することも少なくなります。

自分に自信も確実につくし、
その長所を伸ばすための努力というものができるようになるから。

長所のタネでもいいので見つけられれば、
自分を変えるきっかけになるんです。

 

 

“天才”と比べすぎ

 

またこれはあなたにぜひ知っておいてもらいたい視点なんですが、

みんな自分と天才を比べすぎ

だということなんです。

 

 

例えば「みんなを笑わせるのが得意」という長所に気が付けたとするじゃないですか。

自分の言動にみんな笑ってくれて、
場を盛り上げることが出来たりして
自分にはそんな長所があるんだ!と。

 

でもそこでもし「プロのお笑い芸人」と比べてしまったらどうなると思いますか?

自分の長所を疑うようになってしまうんです。

確かに一般レベルより人を笑わせるのは得意だけど、
 プロのお笑い芸人に比べたら自分なんて・・・。」と。

 

ただその考え方だとどんどん自分を苦しめることになってしまうんですよね。

上には上がキリがないほどいるわけなんで。

 

だから僕は、
「周りと比べて長所だと思える」くらいのものだったら
もう長所だと断言して良いと思っていて。

一般レベルよりもレベルが上だったら、
それはもう十分優れている、長所と言えるわけですよ。

「上位10%に入れたらオッケー!」

みたいなマインドですよね。

そこから上はぶっちゃけ無視しても良いと思います(笑)
絶対に勝てないような人達がうじゃうじゃしてたりするんで。

 

長所をしっかりと認識できるようになれば、
自己卑下にも繋がらなくなります。

 

 

本当に考え方一つで卑下はしなくなる

 

というわけで主に「2つ」の考え方についてお話ししました。

 

・みんな自分の短所と他人の長所を比べてしまっている
 自分の長所を見つけるということが大事

・天才と比べたらダメ

 

これですよね。

 

自己卑下しがちな人というのは僕もそうだったんですけど
「周りのことを気にしすぎ」ということがあると感じていて。

もっと自分中心に物事を考えても良いんじゃないかなって感じます。

もちろんジコチューになれとかそういうことではなくて、
周りを気遣いながらも自分中心に考えるというか。

心優しいあなたなら絶対にそのバランスを取れると思うんで。

というかそこであなたの長所かもしれませんよね。

周りの人に気を使えるというのが。

 

どこに長所というのは眠っているのか本当にわかりません(笑)

 

「自分を卑下するのを是正する方法」

については下記の記事でも深く言及しているので、
続けてぜひそちらの記事も読んでみてください!

自分に自信をもって生きられるようになると思うので。

⇒ 自分を卑下してしまう人が持つべきある考え方

 

それでは、ありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事