対人恐怖症を克服するためには「受け入れる」という作業が絶対に必要

この記事は4分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

対人恐怖症で悩んでいるという人は多いと思います。

今はネットでのやりとりというのが当たり前になってきていて、
まあ例えばLINEとかtwitterなどのSNSですよね。

それらに台頭によって、
リアルでのコミュニケーションが苦手
という人が増えてきているということは間違いなくあると感じていて。

僕自身、リアル、特に会話でのコミュニケーションというのは今でも苦手です。
できるならダッシュで逃げ出したいくらいで(笑)

 

まあとにかく、リアルの場における人との交流が苦手で、
対人恐怖症にまでなってしまっているという人もいるはずで。

 

 

それでこのブログでは、
「対人恐怖症」というものについていくつか記事を書いてきました。

その原因から、克服法まで様々ですよね。

この記事と併せて、最初にぜひこの記事を読んでみてください。

⇒ 対人恐怖症は、その原因を理解することでぶっちゃけ「楽勝で」克服できる

 

やっぱり人によって対人恐怖症の症状は様々だし、
克服する道のりというものも違ってくるんです。

だから万人に通用するような克服法というのは
なかなかないのが現状で。

人によって受験における勉強法というのが違うように、
対人恐怖症を克服したいと考えた上で
たどるべき道筋というものも変わってきます。

 

 

そして今回の記事では、
大前提」の話というものをしたいと思います。

対人恐怖症を克服する上で絶対に必要なこと

ですね。

ぶっちゃけこれを無視していると絶対に対人恐怖症は克服できない、
それほど大事なことになってきます。

 

なのでもし今あなたが対人恐怖症というものに苦しんでいて、
そして克服したいと願っているんだとしたら、
ぜひ記事の方を読み進めてもらえればなと思います。

本当に大事なことをお話しするので。

 

 

対人恐怖症と戦っていないか?

 

あなたは今、対人恐怖症というものに苦しんでいると思います。

人とうまくコミュニケーションを図ることができず、
自分に自信を持てていないかもしれない。

最大のコンプレックスになっているかもしれない。

対人恐怖症を持っているからまともに恋愛もできないと
感じているかもしれない。

 

それと同時におそらくですけど、

対人恐怖症を受け入れられていない自分

というものもいると思うんですよね。

 

対人恐怖症だとバレたら変な目で見られる・・・。

対人恐怖症さえなければ・・・。

みんなと同じようになれたら人生バラ色なのに・・・。

要は”戦ってしまっている“ような状態です。

 

 

対人恐怖症を”受け入れる”ことが克服への近道

 

確かに対人恐怖症というものは苦しいです。

僕自身何年も悩んできた症状なので、
その気持ちというのは痛いほどわかります。

本当に何度対人恐怖症のことを恨んで、
それを持っている自分に絶望したかわかりません。

 

ただこれだけはぜひ理解してもらいたいんですが、

受け入れる

ということが絶対に必要なんです。

自分は対人恐怖症という症状を持っているんだ

ということを受け入れることがマジで大事で。

この受け入れるという作業ができないと、
いつまでたっても対人恐怖症を克服することはできません。

 

 

今あなたは上の方でも書きましたが
対人恐怖症と「戦ってしまっている」状態だと思うんですね。

自分の中の最大のコンプレックス、
最大の敵として立ちふさがっているというか。

 

ただですよ。
それというのも「自分の一部」であることが変わりないわけです。

 

 

対人恐怖症もひっくるめて自分自身

 

対人恐怖症を抱えているという状況も踏まえて、
自分自身」なんですよね。

自分というものを構成する一要因なわけです。

 

それと戦ってしまう、否定してしまうというのは

自分自身と戦っている」という風にも置き換えることができるんですね。

右腕と左腕で殴り合っているような状態。

でもそれだと傷つくのはただただ”自分”なんです。

自分自身と戦っているわけだから、
自分を傷つけるだけなんです。

 

 

だから「許容する」ということが必要で。
もう自分の一部として受け入れるんです。

そうすることで本当に精神的に楽になれるんですね。

人と一緒にいるときに不安や恐怖を感じたとしても、
まあ、これも含めて今の自分だからな
という風に受け入れることができる。

 

ただ対人恐怖症と戦ってしまっているとそうはいかなくて、

なんで自分は人と一緒にいると恐怖とかを感じちゃうんだ!

なんでみんなと同じことが自分にはできないんだ!

という風に自分を責めることに繋がってしまうんです。

そうなるとより一層自分に自信も無くしていくし、
対人恐怖症というものも悪化していってしまう。

 

しかし対人恐怖症を持っているのも含めて自分なんだと受け入れることで、
変に自分を責めたりしなくなるんですね。

まあ、これも自分だし」という風に自然体で受け入れられるようになる。

開き直れるような感じですね。

そうすれば徐々に自分に自身も持てるようになっていくし、
人と接するときに必要以上にビクビクしなくなるんです。
自然体で人と接せられるようになっていく。

人と接するときの恐怖心というものも徐々に薄れていって、
普通に人とコミュニケーションが取れるようになっていきます。

そしてその先に待っているのは「対人恐怖症の克服」です。

 

 

弱点を受け入れることが大事

 

これはもう何にでも言えることなんですが、

自分の弱点を受け入れる

ということがその弱点を克服するための、
自分を成長させるための
一番の薬になってくるんです。

変に自分を責めるということも無くなるし、
ありのままの自分というものになることができるから。

 

それに「その弱点を乗り越えるために何をすればいいのか?」
ということも徐々に見えるようになっていくんです。

そのコンプレックスを真正面から見ようともしなかったら
どのように対処すればいいのかといったことも見えてこないんですよね。

受け入れて、冷静に見つめることによって
ようやく施すべき対策などが見えてくる。

 

 

自分自身と戦っても本当に自分が疲弊するだけなんですよ。

自分に自信も無くしていってしまうし、
良いことが一つもありません。

そしてそのコンプレックスを克服することも絶対にできません。
何をすればいいのかといったことが見えてこないから。

 

だから、まず大切なのは、

自分は対人恐怖症なんだ

ということを受け入れるということになってきますね。

僕もこれができたおかげで
対人恐怖症を乗り越えることができたと思っています。

それによって必要以上にびくびくしなくなるし、
開き直ることができるんです。

「自分は対人恐怖症を持っている!これが俺なんだ!」

みたいに。

 

そして「対策法」なども見えてくるんですね。

冷静に対人恐怖症というものを観察出来るようになるから。

 

 

これは他の事柄においても本当に重要なマインドセットになってきます。

「自分の未熟さ」というものを受け入れることで、
成長したいという風に思うことができるし、
さらに成長というものも加速するんです。

 

だからまずは受け入れてみてください。

そうすれば必ず、
克服できる日というのが訪れますよ。

対人恐怖症というものは完全に精神的なもので、
障害でも何でもないんだから。

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事