対人恐怖症の人が会話を好きになれる「ある2つの会話テクニック」

この記事は3分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

連日にわたってお送りしている
「対人恐怖症」という症状についてなんですが、
今までは主に「持つべきマインド」というものについて書いてきました。

この記事辺りをぜひ読んでみてくださいね。

⇒ 対人恐怖症は、その原因を理解することでぶっちゃけ「楽勝で」克服できる

 

それらのマインドを持てるようになれれば
人とコミュニケーションを取る時に恐怖心などを感じなくなるし、
対人恐怖症というものも自然と改善していきますね。

 

 

とはいってもですよ。

会話が苦手なんだけど!?

という人もいると思うんです。

マインドがどうとかはよく分かった。
 でもとにかく自分には会話のテクニックが必要なんだ。
 それを今すぐよこせ!

みたいな、そんな本音を持っている人もいると思います(笑)

 

そこで今回の記事では、
対人恐怖症の人でも人とうまく会話をこなすための会話テクニック
についてお話ししていきたいと思います。

僕自身が使っているテクニックだし、
かなり使えるものとなっていると思うので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

いくら対人恐怖症で口下手だろうが、
楽しい会話ができるようになると思います。

 

それでは行ってみましょう!!

 

 

対人恐怖症の人は無理に話す必要はない

 

まず最初に言いたいのは、
これは僕が他でもよく言っていることなんですけど、

話すのが苦手なら別に無理して話す必要はない

ということなんですよね。

話すのが苦手なのに無理して話そうとしてしまうから
人と会話をするのが苦痛になっていって、
対人恐怖症に繋がってしまったという人もいると思います。

 

でもそうじゃないんですよ。
しゃべるのが苦手なら別に無理して話さなくてもいいんです。

聞く側に回ればいいんですね

聞き上手を目指せばオーケーで。

その点については下記の記事で詳しく書いているので
そちらをぜひ読んでみてください。

⇒ コミュ症な人でも必ず良好な人間関係を築ける「ある会話術」

 

でもただ聞けばいいというわけではなくて、
抑えるべき点はちゃんと押さえる必要はあります。

まあその辺りは上の記事で、ということで。

 

会話というのは「話し手」と「聞き手」がいて
初めて成立するものなわけじゃないですか。

自分に合った役割を演じていきたいですよね。
そうすれば自然体で会話も楽しめるようになるはずです。

 

 

常に相手の意見を求めるようにする

 

それともう一つ大切なことがあって。

会話に苦手意識を持っている人って
自分のことばかり話してしまっている
人が結構多いと思うんですね。

相手の気持ちにまで考えを回す余裕がなくて、
それで自分のことばかり話してしまう。

そうすると当然相手の反応なども鈍ってきてしまうわけで、
それが嫌で人との関わりを避けるようになってしまった・・・。

こんな人って意外と多いんじゃないかなって。

 

 

そこでちょっとしたテクニックがあって、

自分の話をした後は、

相手の意見を求めるようにするんです

 

俺はこんな風に思ってるんだ。お前はどんな風に感じる?

という風に自分の考えや価値観をただ押し付けるんじゃなくて、
相手の考えなどを聞いてあげる。

そうすることで会話が自然と盛り上がっていくんですよね。
お互いの考えなどを交換することができて
仲もより深まっていくだろうし。

 

それに意見を求めるようにすると、
単純に楽ということもあって。

正直自分ばかり話すのって疲れるじゃないですか(笑)

よほどの話好きならいざ知らず、
しゃべるのが苦手な場合すごい疲れると思うんですね。

相手に意見や考えを求めることで相手からの心象もよくなるし、
しゃべっていてあんまり疲れないし、
さらに関係も深めることができる・・・。
もうメリットしかないわけです(笑)

 

やっぱり上の方でも書きましたけど、
自分のことばかりぺらぺら話してくる奴って
マジでうざいんですよね(笑)

そういうやつとは一緒にいたいと思えないし、
仲良くなることもまあ無いです。

しかし、こちらの話などを真剣に聞いてくれたりとか、
こちらの意見などを常に求めてくれる人に関しては
すごい好感を持つことができるんですね。

あ、この人はちゃんとこっちのことも見てくれてるんだな

と器の大きさを感じたりして。

 

 

なので対人恐怖症で話すのが苦手という場合は

相手の意見などを常に求めるようにする

ということを意識してみてください。

「自分はこう感じたりするんだけど、
 そっちはどんな風に感じたりする?」

という風に聞いてあげるようにする。

そこからさらに会話が盛り上がったりとか、
相手からの心象も絶対よくなるんで。

 

 

自分に合ったポジションで会話を楽しむ

 

対人恐怖症を持っていると
どうしても会話というものに苦手意識を持ってしまうと思うんですが、
別に無理して自分から話す必要もないということなんですね。

会話というのは話し手と聞き手がいて初めて成立するわけだから、
しゃべるのが苦手なら聞き手に回ればオーケーなんです。

それに世の中圧倒的に「話したがり」な人の方が多いので、
聞き上手の人は本当に重宝されますよ。
絶対にそういう人はどの場面でも必要とされます。

 

また自分が話す時には
「相手の意見を常に求めるようにする」ことで、
会話も自然に盛り上がっていくし
相手からの心象もよくなりますね。

例えば恋愛に対する価値観について話していたとして。

俺はやっぱり一人の人を愛するべきだと思うんだよね。
 好きじゃない人と付き合ったり遊んだりしてる人もいるけど、
 あれって相手の女の人に失礼なんじゃないかなって。

 お前はどう?

みたいな感じで相手に話の主導権を譲るという感じですね。

そこで自分が常に主導権を抱えていて
自己演説ばかりしていたら100%嫌われます(笑)

 

 

やっぱり会話というのは
「聞く」ということがかなり大事ですね。

そこを意識できるようになることで
会話に対する苦手意識も無くなっていくだろうし、
今は対人恐怖症で悩んでいようが
会話が好きになっていくと思います。

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事