対人恐怖症の症状と、それによって失ってしまう「大切なもの」とは?

この記事は4分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

対人恐怖症

というものについてこのブログでは何回かに分けて
記事を書いてきました。

⇒ 対人恐怖症は、その原因を理解することでぶっちゃけ「楽勝で」克服できる

⇒ 対人恐怖症を克服するために絶対に持っておきたい「1つのマインド」

 

上の記事では主に「克服法」について書いたわけですけど、

そもそも対人恐怖症というのはどういう症状なのか。
そして対人恐怖症を持っているとどんな「不利益」があるのか。

そんなことって考えたことってありますか?

 

おそらくそこら辺って曖昧になっている人っていると思うんですね。

なんとなく人といると辛いし、
人間関係がうまくいかないし・・・みたいに。

でも対人恐怖症を抱えたままにしていると、
想像以上に失うものが大きいんですよね。

人生において大切なものを、
そこを疎かなままにしていると失ってしまうんです。

 

 

そこで今回は、

対人恐怖症というのはどういう症状なのか?

対人恐怖症を患うことによるデメリットにはどんなことがあるか?

そんなことについて触れていきたいと思います。

 

やっぱり敵を倒すにはまず敵を知ることから始めるのが一番効率良いですからね。

相手のことをよく知らないのにそれをどうにかしようとしても
まあたいていの場合返り討ちにあうだけなんで(笑)

問題を解決したいと思った時に、
そこは絶対に避けては通れないんです。

 

なので対人恐怖症で悩んでいたりとか、
克服したいという人はぜひ今回の話を読み進めてみてください。

 

 

対人恐怖症の症状

 

まず対人恐怖症の症状なんですけど、

まあ簡単に言うと

人と接しているときに極度に不安感に襲われる

ようなことを対人恐怖症と言いますよね。

一人でいるときのような心持で人と接せられなくて、
得体のしれない焦燥感であったりとか、恐怖、不安、逃げ出したいという気持ち。
そんな感情が襲ってきます。

 

ここからは人によるかもしれないんですが、

複数の人と一緒にいる時よりも
「2人で」いるときの方が辛い人って多いと思うんです。

これは僕がそうだったんですけど、
複数でいるときは別に自分が話さなくても会話が成立したりするし、
そこにいるだけで良かったりして不安感とかってあんまり感じないんですよね。

しかし2人きりの場合は、
自分も話さないと会話が成立しないわけじゃないですか。

自分が押し黙っていたら会話が成立せずに
空気が物凄く重いものになってきてしまう。

そうなってくると「こいついるとつまらない」みたいに思われるんじゃないか?
といった恐怖などが襲ってきて、
人と一緒にいるのが苦痛になってきてしまう。

 

複数でいるときも恐怖感を感じてしまうという場合は
ちょっと厄介かもしれないですね。

それは自分の内側にかなりの問題を抱えてしまっているということだから。

 

ただ対人恐怖症というのは完全に「精神的な問題」なので、
克服できないということは絶対になくて
自分次第で確実に改善させることができる症状ですね。

まあ僕自身対人恐怖症を以前患っていたわけですが、
今ではその影もないので(笑)

今でも初対面の人に対して人見知りしたりとかしますけど、
人と一緒にいるときに恐怖感を感じたりとかはないですね。
完全に乗り越えることができています。

だからあなたも絶対に克服することができると思います。

 

 

対人恐怖症によって失ってしまうもの

 

じゃあ対人恐怖症があると
どんな不利益を被ることになってしまうのか?
という話になってきますよね。

「何を失ってしまうことになるのか」

 

僕は対人恐怖症の付随する問題として一番深刻になってくるのが
自分を出せなくなる」ということだと思うんです。

自分の意見を出したりとか、
自分の行動というものに自信を持てなくなってしまう。

だから仕事や学校などでも評価されにくくなるし、
自分のやることなすことに自身も持てないから
どうしても他人に付随するような人生を歩まなければいけなくなる。

 

 

人との出会いが自分の可能性を広げてくれる

 

また、僕は人間関係の素晴らしいことに、

自分の可能性を広げてくれる

ということがあると思っていて。

ある一人の人間と仲良くなることによって、
その後の人生が大きく左右されたりするんです。

 

僕は最近とある男と仲良くなったんですが、
そいつがやけに顔が広いやつだったんですね。

友人関係はもちろん、
会社の社長さんであったりとか、
投資に詳しい人であったり。
あとは政治に詳しい人だったりとか。

そんな普通に暮らしているだけでは関わることが
難しい人たちと関係を持っている奴だったんですね。

最近はその友達伝いで交友関係というものがかなり広がって、
そこから新しい可能性が生まれたりして来ているんです。
僕自身の仕事が増えそうだったりとか(笑)

 

それに色んな考え方にも触れることができて
人生観そのものが大きく変わりもしました。

そうか、こういう生き方もあるのか・・・。

と勉強になることばかりで。

 

しかし、もし僕が今でも対人恐怖症を言い訳にして
人間関係というものを拒絶していたとしたら、
その友達とも出会えなかっただろうし
その後の展開というのも広がることが絶対になかったと思います。

やっぱり、良い人生を生きていきたいと願うのなら
「人間関係」というものは絶対に疎かに出来ない部分なんですね。

一人だと出来ることに限界があるし、
視野も狭くなってしまったり。

自分の殻にどんどん閉じこもることに繋がってしまうわけです。

 

対人恐怖症で居続けるということは、
そんな自分になっていってしまう恐れがあるんですよね。

少しの出会いが自分の人生そのものを激変させる可能性があるのに。
それを反故にしてしまっているんです。

 

「いや、取りあえず生きることができればそれでいいや・・・。」

みたいな考えを持っているならそれでもいいと思うんですが、
やっぱりみんなそうじゃないと思うんですね。

良い人生を送りたい!

一目置かれるような人間になりたい!

みんなが羨むようなものを手に入れたい!

そんな願いを抱いている人がほとんどなはずで。

 

対人恐怖症を言い訳に何も行動せずにいると、
そのどれも手に入れることがぶっちゃけできません。

新しい人間との出会いこそが、
自分の可能性を広げるカンフル剤になるから。

ニュートンとかアインシュタインとか、
そんな天才でもない限り一人で何かを変えるなんてことはできないんですよね。

 

 

対人恐怖症は絶対に克服できる

 

それにですよ。

対人恐怖症って正直簡単に乗り越えることができる問題なんです。

 

精神疾患などは色んなものがあると思いますが、
その中でも比較的克服しやすい部類の症状なんですよね。

僕自身、乗り越えることができた問題だし、
大きな障害にはなりえない症状なんです。

まあ克服方法については下記の記事を参考にしてもらうとして(笑)

⇒ 対人恐怖症は、その原因を理解することでぶっちゃけ「楽勝で」克服できる

⇒ 対人恐怖症を克服するために絶対に持っておきたい「1つのマインド」

 

 

とにかく今回の記事で言いたかったことは、

対人恐怖症をどうにかしないと損するだけですよ

ということなんです。

最低限の人生しか歩めないし、
経済的にも成功はできないだろうし、
虚しい人生を歩むことになってしまうわけです。

人間というのは、
人間関係なしでは絶対に生きていけない生き物だから。

 

本当に自分次第でどうとでも出来る症状なので、
ぜひ自分を変える努力というものをしてもらえればなって感じますね。

そのための情報などはこのブログで随時お送りしていきたいと思っているので。

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事