2018/09/06

取り柄がない人なんていない!自分の奥底に隠れている取り柄を見つける方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、月也です。

 

取り柄がない

ということで悩んでいる人って
本当に多いと思うんですね。

 

自分は何の長所とかもなくて取り柄もないし・・・。

と自分に自信を持てずに、
常に遠慮してしまっていたりとか。

 

「自分は取り柄が無いんですが、どうすればいいでしょうか・・・」

という質問を実際に読者さんからもよく頂くので。

 

僕自身も、そのことで本当に悩んでいました。

取り柄なんてものは何一つ持っていなかったし、
自分に自信も全くなかった。

吃音(きつおん)というバカでかいコンプレックスを抱えながら生きてきて、
何もかもを遠慮して生きてきたと思います。

堂々となんて、決して生きれなかった。

 

ですが、今では自分に自信を持てるようにもなれたし、
まだまだ少なくはありますけど僕のことを認めてくれる人も増えたりとか、
昔からしたら想像できないほどの「進歩」というものを遂げていると
自分の中では感じています。

セルフイメージというものが格段に上がりました。

 

 

スポンサーリンク

誰でも絶対に取り柄はある

今「取り柄がない」「自分に自信を持てない」ということで
あなたが今悩んでいる場合は、
ぜひともわかってもらいたいんですが、

 

自分次第でいかようにも自分というものはデザインできる

ということなんですよね。

 

そして、誰もが取り柄というのは実は持っているんです。

ほとんどの場合気が付けてはいないんですけどね。

 

今回の記事では、

僕自身がどうやってバカでかいコンプレックスを克服し、
取り柄の全くない状態から変われたのか
ということについて書いていきたいと思います。

あなたの取り柄が見つかって
自信がつくキッカケとなるはずなので、
ぜひ読んでみてください。

 

 

コンプレックスが”ブレーキ”になってしまっている

 

まず僕が取り組んだことは、

最大のコンプレックスである吃音を克服すること

でした。

 

吃音というものが完全にあらゆるブレーキになっていたので、
ここをなんとかしたかった。

事あるごとに吃音を言い訳にしたりとか、
どうせ俺は吃音者だから・・・。
と自信を持てない元となってしまっていたので。

 

コンプレックスの克服法については下記の記事でも書いているので
ぜひそちらも読んでみてください。

⇒ コンプレックスを誰でも確実に克服できる「3ステップ」

 

初めに僕は「吃音と向き合う」ということをしました。

今までは自分の中で「敵」として認識してしまっていたものと、
改めて向き合ってみることにしたんです。

コンプレックスというのは「自分の一部」なわけなので、
そこと戦っている以上自分に自信つけようがないんですね。

それは自分を自分で傷つけているようなものだし、
地雷原を常に歩いているようなもので、
堂々となれるわけがないんです。

 

僕の吃音というものも自分の一部には変わりがなかったので、
とにかく向き合ってみようと思ったんです。

かなり辛くはあったんですけどね。
何せ自分の最大の弱点と向き合うわけだから。

 

でも、そうしたら少しずつですけど
吃音に対する認識というのが変わってきたんですね。

 

吃音があったから気づけたこととかもあったなあ

 

吃音があったから成長できた部分もあったなあ


こいつのおかげで出会えた人たちというのもいたなあ

 

など、今まで見えていなかったコンプレックスの
光の部分」というものが見えるようになったんです。

 

これは吃音に限らず、すべてのコンプレックスや病気に言えることです。

例え大病を患ったとしても、
そこから得られるものは絶対にあるんです。

時間の大切さ、なのか。
家族のやさしさ、なのか。

また大病を患うことをきっかけに、
何かにチャレンジしてみたい”
と感じるようになるかもしれません。

「人の助けになるようなことがしたいなあ」とか。

 

どんな重いコンプレックスだろうが、
絶対にあるんですよねそういう光の部分というものは。

それに気が付くためには「向き合う」ということが必要なわけです。

そこを疎かにすると、絶望するだけで終わってしまうから。
何の進展も、正直ありません。

 

そこを契機にして、
段々と吃音に対する悪感情というものも無くなって、
吃音というものも少しずつ影を潜めていきました。

コンプレックスを克服した」ということですね。

その過程で自信というものも徐々についていきました。

 

 

スポンサーリンク

コンプレックスの先に取り柄が隠されている

 

そうすることでまず「コンプレックスを克服する」
ということを達成できたんですけど、
そこで思わぬギフトというものがあったんです。

それは何かというと

コンプレックスで隠れていた自分の取り柄というものが見えるようになった

ということなんですね。

 

今まではとにかく、

バカでかいコンプレックスばかりに目が行って、
その奥にある取り柄が全く見えていない状態

だったんです。

自分に対して盲目になってしまっていたというか。

しかしコンプレックスが取っ払われることによって、
自分の取り柄というものが少しずつ見えるようになった。

 

例えばですけど、こんな取り柄を
自分は持っていることに気が付いたんです。

・人の苦しみが普通の人の何倍も理解できる

・周りの空気を読めすぎるほど読める

・人間関係における摩擦を極力避けることができる

・言葉が話せなかったことで”ボディランゲージ”というものが人よりも得意

・感情をコントロールする術が身についていた

などなど、意外な取り柄というものが身についていることに気が付いた。

そしてそれらを活かして今では人間関係なども構築できているし、
こういう情報発信というものも出来ているんですね。

 

このブログなんかはまさに、
昔の苦しみが無かったら絶対に書けてませんでしたよね。

というか、書こうとも思わなかった。
人の悩みや苦しみがわからないから。

 

 

だから、取り柄がない人なんていないんです。

それはコンプレックスか何かに隠されて見えていないだけで、
それを取り除くことができれば顔をのぞかせるわけです。

自分だけの取り柄」というものが。

 

僕のように、その経験をいかして
情報発信をしてみても良いと思います。

同じような苦しみを味わってきた人は
世の中には絶対にいるから。

その人たちの助けに、絶対になりますからね。

 

 

悩みと取り柄は表裏一体

 

もう誰もが認める取り柄とか、
そんなもんを持ってる人なんてまずいないんですよね。

みんな、「自分に取り柄が無い」という風に
勘違いしてしまっている。

 

確かに、いきなり取り柄が無い状態からそれを見つけるのは
かなり難しくはなってくるんですが、

まずは「自分のコンプレックスに向き合う
そして「自分に自信をつける

ということを意識してみてください。

そうすることで段々と見えてきます。

 

というか、

悩みと表裏一体

なことが多いんですね。
取り柄というものは。

コンプレックスや悩みの裏には、
あなたの取り柄となる部分というのが眠っている可能性が高いです。

実際僕がそうだったし、
そういう人を何人も知っているので。

そこにぜひ、目を向けていきたいですね。

 

コンプレックスや悩みに苦しめられることで、
知らず知らず自分自身が成長しているから。

 

 

自分にとっての当たり前が実は”取り柄”

また、取り柄というのは自分には当たり前すぎて

それが取り柄だとは思えない

ということがあります。

 

例えば僕からしたら、”普通に話せる”というだけで
それはものすごい羨ましいことだったんです。

そして、小さいころから心の底から不思議だったんですよね。

なんでみんな普通に話せるのに、自信なさげにしてるんだろう・・・?

俺だったら普通に話せるだけでもう幸せに生きられるぞ?と。
吃音があってまともにしゃべれない僕には
それが本当に不思議だった。

 

自分にとっての当たり前は、

他の人から見たら当たり前ではないかもしれません

実際、普通に社会で働けるというだけで
それはものすごい”取り柄”なんですよね。

働きたくてもいろいろな事情で働けない人が多くいる中で、
普通に働けるのはそれだけで才能なんです。

 

そのように考えられるようになるだけでも、
自分に自信がつくと思いますよ。

 

 

自分を信じることがやっぱり一番大事

取り柄がないと悩みを抱えている場合は、
まず自分が抱えている悩みやコンプレックスというものに
目を向けてみてください。

向き合い方については下記の記事を参考にしてみてくださいね。

⇒ コンプレックスを誰でも確実に克服できる「3ステップ」

 

 

というかただ単に自分に自信がなくて、
見ることができていないだけなんですよねみんな。

自分にはそんな大それたものなんてないから・・・。」と。

 

でも決してそんなことは無くて、
誰にでも絶対取り柄ってあるんですよ。
どんな人にも必ず。

他の人から見たら、
なんでそんな特技があるのに自信なさそうにしてるの?
と感じるような人ってどこにでもいますよね。

歌がうまかったりとか、
絵がうまかったり。

「この人はなんか発想力すげえな」
と感じる人がいたりとか。

 

そこに気づけるかどうかで、
本当に人生が大きく変わってきますね。

 

まずは「自分を信じたい」ですね。
このブログで何度も言っていることではあるんですけど。

そうすれば、冗談抜きで自分の望む人生を
手に入れるきっかけというものが必ずつかめますよ。

 

それではありがとうございました!

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 自信の方程式 , 2015 All Rights Reserved.