コンプレックスとは?そもそもなんでコンプレックスと感じてしまうのか。

この記事は3分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうもこんばんは!

月也です。

 

今の世の中って、コンプレックスを抱えて悩んでいる人が本当に多いですよね。

一見そんな風には見えないんだけど、
心の中ではすごい葛藤を抱えている人がいたり、
表面だけ見てもその人がどんな人かとかよくわからなかったりする。

 

まあどんな人であっても少なからず
コンプレックスというものはあると思うんです。

では、「誰がそれをコンプレックスだと決めた」のか。

という風に考えてみたことってありますか?

周りの人間なのか。

世間なのか。

それとも自分自身なのか。

 

そのコンプレックスをコンプレックスと決めつけているのは誰か?

ということですね。

 

ここで僕の考えを提示したいんですけど、
自分のある部分を勝手に短所と決めつけて、
それをコンプレックスにしてしまっているのは
自分自身」だと感じていて。

周りとか他人はぶっちゃけ関係なくて。

結局は自分なんですよね。
自分のある部分の”受け取り方”を決めるのは。

だから自分の認識さえ変えることが出来たら、
ぶっちゃけコンプレックスって「無くなるんですね

 

 

短所をコンプレックスと”感じていない”人たち

 

世間には、周りから見たら

それはどうみてもあなたの短所なんじゃ・・・

というような部分を持っている人でも、
そのことで別段悩んでいない人もいます。

 

僕の家の近くの最寄り駅で、
片足が脚の付け根あたりからなくて、
両脇に松葉杖を抱えながら歩いているおじさんをよく見かけるんですね。

正直始めてその人の姿を見た時は驚きました。
やっぱり片足がない人とかまず見ないですからね。

でも今ではすっかり見慣れて、
「あ、いつものおじさんまたいるな」
みたいに感じるようになったんですが。

 

それでちょっと想像してもらいたいんですが、

あなたがもし片足が無かったとしたら、

どう感じると思いますか?

 

ちょっと想像してみてください。

 

・・・

 

僕はたぶんそのことで悩んで、
引きこもって外に出ることはほとんどないと思います。

自分のその姿を人にあまり見られたくないし、
そもそも外に出るのがかなり億劫そうなので。

もう完全に自分の殻に閉じこもってしまうような状態。

そんな風に感じる人ってかなり多いんじゃないですかね。

 

でもそのおじさんは違います。

別に周りの目をはばかることもなく、
積極的に外出しているわけです。

ちょくちょく最寄りの駅で目撃するので。

 

そして堂々としている。

その人と直接の知り合いではないのでわからないんですが、
たぶん、「これが当たり前」だと感じているんだと思うんですよね。

「これも自分の一部だ」みたいに。

片足が無いことは「不幸だ!」
みたいな思考がないんだと思います。

だからこそ別に外にも出られるし、
堂々としていられる。

もちろん内面では色々考えているかもしれないんですが、
傍から見る分には本当に堂々としているように感じます。

 

 

また僕の周りには、僕以外にも吃音持ちの人がいます。
大学で同じゼミの一期上だった人なんですけどね。

でも彼はそのことで塞ぎこむこともなく、
友達とかと堂々と会話をすることが出来ています。

というか自分から積極的に人に話しかけたりしてましたからね。
吃音者でよくやるなあ、と感じてたんですけど(笑)
僕にはそういう風に振舞うのは無理なので。

そして今では普通に就職もして、
充実した日々を過ごしているみたいです。

 

僕は2年遅れで大学に入学したので
彼は僕よりも1つ年下なんですが、
本当に尊敬できる人物なんですよね。
たまに自分が情けなくなってくるくらい(笑)

彼の様な思考でいられたなら、僕は
昔あれほど悩むことも無かったんじゃないかなと感じています。

その彼も前述のおじさんのように
吃音は「不幸なことなんだ」、という
思考回路自体が存在しないんだと思います。

「自分の一部として受け入れられている」というか。

だから別に自分の殻に閉じこもることも無い。

 

 

結局は自分がどう受け取るか

 

彼らは、外野から見ればコンプレックスを持つ人間だと思われるかもしれない。

でも結局は、そのことをコンプレックスだと決めるのは

自分自身

なんですね。

 

自分が、

「どうでもいいや。別に悩むことでもない」

と思うことできていれば、
どんな障害や病気を抱えていようが、
それはコンプレックスにはなり得ないんです。

これは自分の短所ではなくて、個性なんだ!」と。

 

そこで「周り」とかを見てしまうからおかしなことになるんですよ。

別に短所も自分の個性なわけだから、
人と比べること自体がナンセンスで。

自分の意思」で物事を捉えていきたいですね。

周りに流されてばかりだと、
ただただ自分を苦しめてしまうだけだし、
本当に損をしてしまうことになるので。

 

それではお読みいただきありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事