「人見知り」の原因とは?そして人見知りを治すためにすべきこととは?

この記事は4分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

 

人見知り

をする人って結構多いと思うんです。

初めての人と接するときにどうも本来の自分を出せないというか、
自分を押し隠してしまうような人というのは。

 

僕も正直初対面の人というのは苦手です。

今でも緊張してしまうことが結構ありますね。

 

それで人見知りというのは、

なんでしてしまうのか

ということを考えてみたことってありますか?

原因ですよね。

友達とかなら自然体でコミュニケーションが取れるのに、
なんで赤の他人にはこんなに緊張してしまうんだろうと。

 

 

実は人見知りをするというのには理由があって、

相手からの見られ方を気にしすぎてしまっているから

人見知りってしてしまうんですね。

人見知りを治すことを目指している人は多いと思うんですが、
そんな人はその概念というのがかなり大事になってきます。

 

 

“他人の評価”を気にすることが人見知りに繋がる

 

吃音で例えるとかなりわかりやすいので話すんですが、

初対面の人には当然ですけど
自分が吃音を持っているなんてことは知られてないわけです。
相手は「普通の人」としてこちらと接してこようとする。

で、もしそこで仮に盛大にどもった時に、

何だこの人・・・?おかしな人なのか?

みたいに相手に思われてしまうんじゃないか?
と言った恐怖心が芽生えてしまうんですよね。

それが「人見知りの原因」になってくるんです。

 

自分のことをよく知っている人と接する場合は
そんなことを考える必要ってないんです。

良く知る人の場合は相手に「コイツは吃音持ちの人間なんだ
という前提を持ってもらっているからどもっても別に自分の印象は変わらない。

「相手からの評価がどもっても下がらない」ということですね。

だから緊張もしないし恐怖心も覚えない。

 

しかし初対面の人と接する場合は、

会話をしてどもったら相手からの評価が下がってしまうんじゃないか?

みたいな恐怖心が芽生えてしまうんです。

つまり相手から受ける評価を気にしてしまっている。

それが「人見知り」という感情に繋がってしまうんです。

 

 

これは吃音以外でも同じで、

自分の望まないような評価を相手から受けてしまうんじゃないか

という風に想像してしまって、
そして恐怖心を覚えてしまう。

これが人見知りという現象の大きな原因ですね。

 

だから、

「周りからこういう風に見られたい!」

という願望が強い人ほど人見知りってしてしまうのかもしれません。

 

まあとにかく、人見知りをしてしまう人というのは

他人からの評価を気にしすぎてしまっている

そういう節は必ずあるんですね。

 

 

他人の目を気にするとミスを恐れるようになってしまう

 

書道家で「武田双雲」さんっているじゃないですか。

その彼が最近ホリエモンが出した本の中で
自分の考え方などについて語っていたんですけど、

 

『人見知りとか緊張は、相手からどう思われるか、
 ミスしたらバカにされないか、という不安から生じる。』

 

ということを言っていたんですが、まさにその通りで。

 

他人からの評価、つまり「周りの目」ですよね。

そこをクリアにすることができれば恐怖心もホント感じなくなるし、
人見知りしなくなったり、
自分のやりたいことが自由にできるようになったりと
本当に良いことづくめなんですよね(笑)

 

ただ社会の常識などはやっぱり守る必要はありますけど、
そこさえしっかりしていればぶっちゃけ何でもしていいわけで。

周りの目なんて気にする必要は本当はないんです。

 

人見知りというのは、
不本意な評価を周りから受けたくないという
防衛本能からくる感情なんですよね。

 

 

原因を知れるだけでも人見知りは改善する

 

人見知りしやすい人とかって本当に多いと思うんですが、
今回話した事実に気が付くだけでも気が楽になると思うんです。

そっか!こんなに自分が人見知りするのは
 周りからどう見られるか気にしすぎているからなんだ!

と原因を理解するだけでも本当に恐怖心とか緊張ってなくなるんです。

 

「なんで自分はこんな初めての人相手だと緊張するんだろう?」

と何もわかっていない時よりも、
確実に心の余裕というものが生まれているはずで。

 

 

これは僕が結構色んなところで言っていることなんですが、

恐怖って”よくわからないから”感じてしまうんですね

おばけとかも正体が何なのかわからないし見えないから恐怖を感じるわけで。
でもこれが誰にでも見えて正体も判明すれば、
恐怖を感じる人なんていなくなると思います。

 

多くの人はその恐怖の原因を理解できていないから、
行動が出来なかったりするんですよね。

感情に流されっぱなしというか。

 

だからこういった知識を得るだけでもだいぶ変わってくるんですけど、
そこからさらに恐怖や緊張、人見知りというものをコントロールするためには
セルフイメージ」というものを上げていくのがやっぱり一番ですよね。

とにかく自分のことを信じる。

そのためには色んなことを学ぶ必要もあるし、
チャレンジなどもしていく必要があると思います。

その点に関しては下記の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

⇒ 自分を変えたいという人は、「毎日1つ新しい行動をとる」ことを心がけてみよう

 

 

いや、でもこんな自分が変われるわけがない・・・。

と感じてしまう人もいるかもしれないんですが、
誰にでもセルフイメージって上げることが出来るんですよ。

昔はセルフイメージというものが底辺も底辺で、
ただのアホだった僕ですら相当上がってますからね(笑)

なので知識にお金や時間を投資したりとか、
色んな人に会って様々な価値観に触れてみたり。
自分が今やりたいことがあるんだったら取りあえずチャレンジしてみる。

そういったことをしていくことでセルフイメージって上がっていくので。

 

僕もぶっちゃけその3つしかやってないですからね(笑)
何かの秘術を使って自信を手に入れたとか、
そんなウルトラCは使ってません。

誰にでも出来ることしかやってきてないんですね。
だから本当に自分次第だなって感じます。

 

 

人見知りを克服するためにも

 

まあとにかく、

人見知りや様々なところで発生する恐怖や緊張というのは、

他人からの評価を気にしすぎてしまっているから

起こるものなんですね。

 

でもぶっちゃけ他人の評価何てどうでもいいわけですよ。

それで死ぬわけでもないし、
自分の何かを失うというわけでもないので。

何かミスをしてこちらを馬鹿にしてくるような人間がいたとしたら、
そいつは人間になり損ねのただのアホなんで。

 

そしてそういう風に吹っ切れるようになるためには、
セルフイメージというものを上げる必要があるし、
自分を底上げしていくということが必要不可欠ということですね。

そんなことしなくても我が道を行けるような変態も中にはいるんですけど(笑)、
多くの人はそうではないと思います。

 

なのでぜひ、
自己成長」というものにフォーカスしていってください。

確実に人生が良くなっていくので。

もう自己成長を「趣味」にするといいですよね(笑)
楽しみながら色んなことを学んでいく、みたいな。

既にうまく行っているような人ってそういう人が多いですね。

筋トレとかダイエットを成功させているような人って、
みんなそんな感じだと思うんです。

血反吐吐きながら続けているような人はそうはいません(笑)

 

人見知りを治すために、
ぜひ今回の話を参考にしてみてください。

人見知りというのは完全に克服できる症状なので。

 

また人見知りについては下記の記事でも言及しているので
ぜひそちらの方も読んでみてください。

「人見知りであることのメリット」というものが実はあるんですが、
それについてお話ししています。

⇒ 「人見知り」であることの意外なメリット

 

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事