深いコンプレックスも克服できる「発想転換法」

この記事は3分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

 

「コンプレックスを克服したい!」

という人は多いと思います。

コンプレックスを抱えたままだと
どうしても本当の自分を出すことが出来なかったりとか
消極的になってしまったり、
自分を押し殺すことに繋がったりしてしまうので。

後手後手に回る人生」になりがちですよね。

 

いかんともしがたい「深いコンプレックス」というものを
持っている人も多いと思います。

しかしそれというのは、
少しの「発想の転換」をすることによって
実は簡単に克服することができるんです。

その発想の転換に必要なことについて、
今回はお話ししていきたいと思います。

 

 

そもそも、コンプレックスがない人なんていない

 

やっぱりこの世の中には、

コンプレックスがない人なんていない

と僕は思うんですよね。

 

どんなに周囲から見たら素晴らしい人でも、
何らかの悩みを抱えていたりします。

家族との関係がうまくいっていなかったりとか。

傍から見たらモデル級な人が、
自分のビジュアルがコンプレックスみたいな人もいたりしますね。

あとは精神的な問題を抱えていたりとか。

 

だから絶対何かしらみんな持っていると思うんです。
コンプレックスというものは。

容姿に関すること
能力に関すること
周りの環境に関すること
病気に関すること

人によって本当に様々なんですけどね。

 

自分だけがコンプレックスで悩んでいるわけではない。

このことはコンプレックスを克服したいと考えた上で
絶対に知っておいた方が良い事実ですね。

 

 

人には必ず「個性」というものがある

 

少し話は変わりますが、人には必ず

個性

というものがありますよね。

 

自分には個性なんてないよ・・・。

ともしかしたら感じる人もいるかもしれませんが、
それは単なる勘違いです。
もしくは自分のことを卑下し過ぎで。

2人として同じ顔をしている人なんていないし、
まったく同じ環境で過ごしてきた人なんてのもいないわけなので。

みんな親とかも違うし。

それで個性が生まれないわけがないんです。

絶対何かしら周りとは違う部分をあなたも持っている。

 

 

「個性」とは何なのか?

 

ではその「個性」とはあなたはなんだと思いますか?

 

 

僕は個性というものは、

他の人にはない自分の特徴

という風に捉えています。

「特徴」なわけなので、
「長所」も「短所」も両方特徴、つまり個性ということになりますね。

 

 

「長所」というと、例えば

人より勉強が出来るとか、
スポーツが上手だとか、
コミュニケーション力があるだとか、

そういうことですよね。

でも、人より優れてるような、
目立った長所を持った人なんてそうはいませんよね。

オリンピックで金メダルを取れるほどの能力を持ってるだとか、
そんな大それた長所がある人なんてほとんどいなくて。

長所と言える部分を自分で自覚できていたとしても、
本当に微々たるものだと思うんです。

自分の”長所”はこれだ!
と堂々と答えられる人はあまりいませんよね。

 

僕も正直、

「あなたの長所は何ですか?」

と聞かれたらかなり答えに困窮してしまうと思うので(笑)
というかたぶん答えられないかもしれない。

短所だったらいくらでも思いつくんですけどね(笑)

 

 

では「短所」はどうでしょうか?

つまり自分がコンプレックスだと感じている部分ですね。
これは長所とは違って、すぐに見つけられると思います。

自分の中ではかなり目立っている部分なはずだから。

 

でもそれらも自分の「個性」、つまり

自分の「アイデンティティ」となり得る部分なんですね。

 

 

コンプレックスを克服できる発想転換法

 

あなたは、その「短所」に今もしかしたら悩まされているかもしれない。

 

あんなに一生懸命勉強したのに三流の大学にしか入れなかった・・・
 一流の大学に入れた奴がうらやましい・・・

まだ20代なのに肌が荒れて困る・・・
 肌がつるつるの人がうらやましい・・・

なんでこんなに身体がガリガリなんだ・・・!
 もっと男らしい身体になりたいのに・・・

なんでみんなあんなスラスラ話せるんだろう・・・。
 自分はまともに会話とかできないのに・・・

 

みたいに。

 

でもそのことを「短所」ではなく「個性」だと考えれば、
ポジティブな気持ちになれると思うんですよ。

 

例えば上の学歴コンプレックスの例なら、

俺は頭はあまり良くないけど、大学に入ることが出来た!
 やればできるじゃん!俺!

という風に元々低い状態にいた自分が大学に入れた。
その事実をしっかりプラスに捉えるようにするとか。

 

また他の例でも同じで、

私は自分の肌にあまり自信は無いけれど、
 その分そのことで悩んでいる人の気持ちを理解してあげられる。
 私には相談に乗ってあげられる、助けてあげられる人たちがいるんだ!

俺は細身だから着れる服が多い!
 筋肉を付けて身体が大きくなったらこうはいかないだろうな。

 

という風に「発想の転換」ができるようになるんですよ。
ただのマイナスではなくて「自分の個性」だと捉えることで。

 

 

短所を自分の「個性」と思うようにすると、
こうやってポジティブな考えが浮かんできたりするんです。

「短所」だと思い込んで、ただそれの悪い面ばかり見ていたら
本当にただ辛い思いをしてしまうだけなんですよね。

しかし「個性」だと捉え、そして割り切って考えることで、
前に向かって歩き出すことが出来るんです。

それはもう十分「コンプレックスを克服できている」と言えます。

 

考え方一つ変えるだけで、
本当に生き方そのものが変わっていきますね。

 

また下記の記事もぜひ合わせて読んでみてください。

コンプレックスをさらにプラスにとらえることができるようになって、
コンプレックスの克服にさらに近づくことができると思うので。

⇒ コンプレックスが克服でき、さらに自信すら得られる「あるマインド」

 

 

あなたも、自分の「短所」を自分の「個性」だと思うようにしてみてください。

 

「個性」は自分を彩ってくれるものです。

「個性」のない人にはあまり魅力を感じません。

あなたは「個性」という「魅力」を持っているんです。

 

短所も自分の魅力の一部に十分なりえると、
僕は感じてますね。

 

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事