人に好かれたい人が「上から目線」になっては絶対にいけない理由

この記事は4分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

 

人から好かれたい」と考えた上で、

良好な人間関係」を築くうえで、

かなり大事になってくる概念について
今回はお話ししていきたいと思います。

 

ぶっちゃけ今回お話しすることを意識できれば
人から嫌われるということも無くなるだろうし、
間違いなく「人から好かれる人間」になることができます。

良好な人間関係も築けるようになるので、
ストレスなく、社会生活を送れるようにもなりますね。

 

 

正直今から話すことを聞いたときに、

な~んだ、そんなことか

とあなたは感じるかもしれません。

ただそれを当たり前のように出来ている人というのは
相当少ないんですよね。

当たり前のことだからこそ、
ちゃんとできるかできないかで大きく差が出てきます。

 

僕はそのことを常に念頭に置いて人と接するようにしてるんですが、
あきらかに人に好かれやすくなったし、
「本当に大切な人間関係」というものも築けるようになりました。

 

 

人に好かれる人間になりたい

人から嫌われたくない

良好な人間関係を築いていきたい

そんな人はぜひ今回お話しすることを意識してみてください。

必ずそんな人間になることができると思うので。

 

 

どんな人でも”対等に”接する

 

じゃあその人に好かれる人間になるための
「大切なこと」というのは何かというと、

 

どんな人相手でも対等な目線で接する

上から目線に決してならない

ということなんですよね。

 

一見当たり前のようなことだと感じられるかもしれませんが、
これを当たり前のようにできている人って実は多くないんです。

なのでこれさえできれば、
人に好かれやすい人間になることができます。

 

 

どんな人にも対等に接するというのはどういうことかというと、

例えば相手が子供であっても、
自分より劣っていると思われる人であっても、

一人の人間として」接するということなんですよね。

その人に対して同じ人としてのリスペクトの気持ちを持って接する。

 

決して「八方美人になれ」ということではなくて、
相手と同じ目線で自分の意見を述べることを意識する
みたいなイメージです。

 

 

やたら上から目線の人間と会った時の話

 

最近それとは「真逆を行く人」と会う機会があったので
その時の出来事についてお話ししたいんですけど、

今から半年くらい前に、

「若くしてビジネスで成功を収めている人」

と会う機会があったんですね。

歳は僕と同じくらい。
まあ25、6とかそのくらいだったと思います。

 

それでその人と話しているときに、
もうやたらと「上から目線」で物を言ってくるわけですよ。

僕が今挑戦していることに対して、

何でそんなくだらないことやってるんですか?
 僕のやり方でやった方が絶対すぐ結果出ますよ

みたいなニュアンスなことを言われたりとか。

 

とにかく基本「否定」なんですよね。
僕の考えなどに対して。

「結果出してるんだから、俺の方が正しいに決まってるだろ?」と。

その姿勢というのが嫌でも伝わってくる。

 

で、その人の態度というのがまたクソで(笑)

もう完全に人のことを上から目線で見下してくるわけです。
対面して話してる時になんかもうふんぞり返った態度で、

俺とあんたは違うから(笑)

みたいな感じがヒシヒシと伝わってきていた。

 

僕は人に対してはめったに切れたりとかはしないんですけど、
そいつに対してはマジで切れそうになりましたからね。

あ?少しビジネスでうまくいってるからって調子のってんなよアホが
みたいな感じで(笑)

ぶっちゃけ今でもその出来事を思い出すたびに
顔が歪みます(笑)

間違っても好きにはなれない人種です、個人的には。

 

あなたもそう感じると思うんですよね。
人のことを見下してくるような、
上から目線の人間と仲良くしたいとか、全く感じないと思います。

人から好かれたいと願うんだったら、
そんなことをしていては絶対にダメで。

 

 

どんな人にも対等に接せられる人が好かれる

 

あなたの周りにもやたら「上から目線」で語ってくる人っていると思うんですが、
そういう人を見るとすごい嫌な気持ちになると思うんですね。

そしてこんな風に感じると思うんです。

人間の器がちっちぇえな

と。

 

やっぱり上からものを言われたりして
嫌な気持ちがしない人なんていないと思うんです。

その相手がどんなにすごい人だろうが、
やっぱりムカつきますよね。

自分の自尊心を傷つけられるような気がして。

 

 

ただ、「人に好かれる人」というのは
その辺りのことをしっかり配慮できてるんですよね。

相手によって態度などはまったく変えずに、
そして配慮を忘れずに常に自然体というか。

だから人から好かれるし、
人も寄ってくる。

 

僕の周りにいる魅力的な人というのは、
「そこをしっかり配慮できている」人ばかりなんです。

例え能力的に差があろうとも、
社会的なステータス、まあ収入とかですよね、
に現時点で差があろうとも対等に人と接せられる人。

そういう人を見ると魅力的だなあって感じるし、
これからも付き合いたいという風に思えるんですよね。

 

そして本当にすごい人というのは、
誰に対しても「低姿勢」なんです。

いくらすごい実績やスキルを持っていようが、
尊大な態度を取ってくるような人はたいていの場合
「ホンモノ」ではないですね。

 

 

人に好かれない人はその視点を持てていない

 

おそらく人間関係でうまくいかない、
人に好かれない人というのは
「その視点」というのが持てていないんじゃないかなって思うんです。

どこか自分より劣ってそうな人を見下したりとか、
人によって態度を変えてしまったりとか、
そういうことをしてしまっているんじゃないかなって。

するとやっぱりどこかで必ず軋轢というものが生まれてきてしまって、
人間関係が立ち行かなくなるということがどうしても起きてくるんです。

 

僕は今まで自分がどん底を這いずり回って生きてきた影響からか
その視点というのを持てていると思っていて。

どんな人にも対等に接する
人によって態度を変えない

ということがなんとなくできているというか。

だから今は人からあからさまに嫌われるということもないし、
仲間にも恵まれたりしているんだと感じてます。

それは本当に吃音という症状を抱えて生きてきたギフトだと感じているので、
マジで吃音には感謝してますよね。

 

まあもちろん

「この人とは根本的に合わないな」

と感じる人もいるので、
そういう人とはなるべく距離を置いたりすることで対処したりはしてますけどね。

 

 

他人に対するリスペクトの念を常に持つのが大事

 

「人間関係を良くしていきたい!」

「人に好かれたい!」

「人に嫌われたくない!」

「一目置かれたい!」

という願望を持っている人は多いと思うんですが、
そんな人はぜひ

誰が相手でも上から目線で見ずに、対等な目線で接する

ということは忘れないでいてください。

 

あいてが自分より能力が劣っている人でも、
自分より社会的地位が高い人相手であっても
態度を変えない」ということですよね。

その辺りはこの記事でも深く言及しているので
ぜひ読んでみてくださいね。

⇒ 「人に媚びる人」はむしろ人間関係がうまくいかない

 

人によって態度を変えるというのは本当に最悪な行為なんで。
間違いなく人から嫌われます。

そしてそういう姿勢というのは必ず誰かが見ていますからね。

でも本当に多くの人が無意識にそれをやってしまっているんです。

 

人に嫌われやすいという人は人によって態度を変えるということを
やってしまっている可能性がかなり高いので、
ぜひ意識して気を付けるようにしてみてください。

正直始めはなかなか難しいと思うんですけど、
そこはもう毎日少しずつ意識付けしていくしかないですね。

その人の価値観などを大事に、接するようにしよう」と。

 

やっぱり人から好かれたいという人がほとんどだと思うので(笑)
ぜひ参考にしてもらえればなと思います。

そうすれば人に好かれることはあっても
嫌われるということは無くなるはずですよ。

 

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事