「八方美人」は絶対にやめた方が良い理由

この記事は5分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

こんにちは、月也です。

 

職場や学校、趣味の場などで生きる中で、

 

誰にも嫌われたくない

 

これはもう人としての魂の叫びなんじゃないかなと思います。

 

誰とでも良い関係を築きたいし、
仲良くしたい。

それは誰もが持つ願望ですね。

 

「いーや、俺(私)は人から嫌われるとむしろ快感を覚えます(笑)」

みたいな価値観の人は、そうはいないんじゃないかと(笑)

 

 

で、誰にも嫌われたくない、
誰とでも良い関係を築きたいという願いが先行してしまうと

 

八方美人

 

にどうしてもなってしまうんですよね。

 

自分の意見などを通そうとすると、
摩擦が生じたり、
絶対に意見がたがう人というのが出てきてしまう。

もしそんなことになったら、
その人から嫌われたりしてしまうんじゃないか。

それを避けるにはみんなにいい顔をするのが一番だと。

 

そんな意識が働いて、
八方美人みたいになってしまう人ってホント多いと思うんですね。

 

実際僕がそうだったんで(笑)

誰にも嫌われたくなんてなかったし、
敵も絶対に作りたくなかった。

敵なんて作ったらとにかく生き辛くなる、
そう思っていたので。

 

 

でもですよ。

 

正直、八方美人でいると良いことって本当に皆無なんですよ。

 

むしろ「人に嫌われても良い」という姿勢を持つことで、
逆に人から嫌われにくくなる節があるくらいです。

 

 

 

今回は、

 

八方美人でいることのデメリット

 

ということについて書いていきたいと思います。

「そういえば八方美人だったかも・・・。」
という人はぜひ読んでみてください。

 

自分というものを出しながら」生きていった方が、
ストレスを感じなくなるし、
人間関係も濃いものになるし、
いいことづくめなので。

 

 

 

自分の意見が言えなくなる

 

八方美人でいることの何がまずいって、

 

自分の意見が言えない

 

ということがあるんです。

 

 

上の方でも少し書きましたけど、
自分の意見を言うとどうしても周りと摩擦というものが生まれるし、
それが「嫌われる」ということに繋がってしまう、

そんな風に思っている人は多いです。

絶対意見が違う人と対立しちゃうんじゃないか、と。

 

 

でも、自分の意見を言っても別に嫌われることなんて無いんですよね。

 

むしろ、自分の意見を言わない人の方が「ウザい」んですよ。

 

これはもう間違いなく。

その辺りは以下の記事でも触れているのでぜひ読んでみてください。

 

⇒ 人間関係におけるイライラを抑える方法

 

 

「自分が無い人」というのは、
この人と接してても得るものが何もないな・・・。
という風に思われたりしてむしろ人から避けられたりするんです。

暖簾に腕押しみたいな感じで、
何も建設的な意見が返ってこないから。

 

こちらは自分とは違った意見を求めているのに、
相手から中身が空っぽな意見が返ってきたら、
「なんだコイツ」
みたいになりますよね。

特に社会の場ではそれが顕著です。
イエスマンほどつまらない人種もいないので。

 

違った意見同士を出し合うことで、
新しいアイデアが思い浮かんだりとか、
新しい価値が生まれていくという面って絶対にあります。

 

 

 

それに、自分の意見を押し隠していると
単純に「ストレス」も溜まりますよね。

 

例えば職場の会議などで、自分は、

あー、もっとこうすれば絶対良くなるのに~!!

と思っていたことがあったとして、
それが全く会議に反映すらされていないとなれば、
結構不満とかを感じるはずで。

 

友人関係でも、ディズニーとかに行ったときに、
自分が乗りたいアトラクションに
みんなまったく興味がない様子で
乗りそうな気配すらない。

そんなときって大分ストレスだと思うんです。

(なんでみんなこんなアトラクションばっか乗るんだろ・・・)

みたいに。

 

 

だから、自分の意見があるんだったら
ガンガンいうべきだと僕は思いますよ。

それが人を傷つけるようなことでない限りは、
無下に扱われたりはしないので。

 

誰かが自分と同じ考えを持っていて、
よく言ってくれた!!
みたいに心の中で同意してくれるかもしれないし。

 

自分が意見を言うことで、
新しい何かが生まれることも多いので。

 

自分の意見を恐れず言うことができる人は、
あらゆる場面で実は重宝されるんですよね。

 

 

 

心から通じ合える人と出会えない

 

また八方美人を続けていると、

 

本当に分かり合える友人、仲間と出会えない

 

ということがあるんです。

 

 

よくこんなことが言われるじゃないですか。

 

喧嘩をするほど仲がいい

 

これってつまり、

お互いの意見などをぶつけ合うことで、
さらにお互いのことを知ることができるし、
仲も深まっていく

ということを言っているんだと思うんですね。

 

深い領域でつながることができる
そんなことを言っている言葉なんじゃないかなと。

 

 

 

やっぱり八方美人的に上辺だけで人と接していても、
心が通じ合うような人と出会えないんです。

 

ロボットみたいにどんな人相手でも同じような対応をしていて、
自分の心の内を全く見せないような人と
深い友人になれますか?という話なんですよね。

なれないと思うんですよ。
というか友人になろうとも思わないと思います。

そういう人には人間的な魅力というものを全く感じないから。

 

少なくとも僕はそういう人は嫌いです。

気味悪ささえ正直感じてしまいます。

「何も自分が無いのか?本当にお前人間かよ?」みたいに(笑)

 

 

 

世の中には魅力的な人というのが数多くいますけど、
その人たちに共通している部分の一つに、

 

自分の感情を出す時はハッキリと出す

 

ということがあると思うんですね。

必要な場面ではガンガン自分の感情というものを出すし、
自分の意見などもガンガン言う。

 

漫画とかの主人公って、
大体そんな感じだと思います。

自分に素直」というか(笑)

 

そこで多少の敵というのも出来てしまうとは思うんですが、
間違いなくそういう人の方が「人間的魅力」というものを感じますよね。

なんか「人間っぽさ」がすごく感じられるから。

だから「この人のことをもっと知りたい!」という風に感じるし、
人も集まってくる。

 

もちろん自分の感情を出すときは、
相手を思いやる気持ちも絶対必要ですけどね。

ただそれは、なんとなくわかると思うんです。

「これを言ってしまったら、傷つく人がいるかもな」

ということは。

 

 

八方美人的に自分を押し隠して人と接していても、
人に好かれることなんてホントないんです。

なんかロボットみたいで気持ち悪ささえあるし、
裏があるんじゃないか?」という風にも見られたりするので。

 

 

また「本当に分かり合える友人、仲間」というものにも出会えないですよね。

 

自分はこんな人間なんだ!

ということを外に示していかないと、
周りもあなたのことを理解できないし、
どう接していいかもわからないんです。

「自分」を出していくことで、
初めて「仲間候補」の人たちと分かり合えることができます。

 

 

 

八方美人でも嫌われる人には嫌われる

 

これだけは絶対にわかっておくべきなんですが、

 

自分の意見などを言わなくても、嫌われる人には嫌われる

 

ということなんです。

 

八方美人的な人を嫌う人は多いし、
ぶっちゃけ僕もそういう人は苦手なので。

 

 

どうせ一定数の人に嫌われるんだったら、

もっと自分を出していった方が良いんじゃないか?

という風に僕は感じるんです。

そうすることで周りから求められる人間になることもできるし、
本当に共感し合える人たちとも出会うことができるから。

 

 

八方美人はのっぺらぼう

 

八方美人は「のっぺらぼう」みたいな感じですよね。

そこに魅力を感じることはできないし、
気味悪ささえ感じてしまう。

うお!なんてこの人は魅力的な人なんだ!
 ぜひお友達になりたい!

みたいにのっぺらぼうに対して絶対思わないですよね(笑)

 

 

やっぱり自分を押し隠しても良いことなんて本当にないですよ。

ストレスもたまるし、
自分の殻に閉じこもることで自信も無くしてしまったりして。

自分を出しながら生きていくことで、
本当の意味で自分の人生というものも生きられるようになるし、
人生というものも充実しだすと思います。

 

そういえば、今まで八方美人だったかも・・・

という人は、ぜひこの記事を参考にしてもらえたらうれしいです。

きっと、何かが変わるはずなので。

 

それではありがとうございました!

 

 

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事