今の自称「コミュ症」の人たちは、ぶっちゃけコミュ症なんかじゃない

この記事は3分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

こんばんは月也です。

 

コミュ症

という言葉を最近よく聞くじゃないですか。

 

「俺コミュ症だからさー」

「コミュ症なので、すみません」

とかっていう言葉をよく耳にしたりします。

僕の周りにもそういうやつがいたんですよね。

事あるごとに自分のことを「コミュ症」呼ばわりするような奴が。

 

でもですよ。

僕はそういう人たちを見た時に
ものすごい違和感を覚えるんですよね。

というかなんかすごい「軽い印象」をどうしても受けてしまう。

取りあえずコミュ症って言っとけば許してくれるだろ、
みたいなニュアンスを感じますね。

 

 

正直、

自分で自分のことをコミュ症なんていってる人間は、
「コミュ症」なんかじゃないと思うんですよ。

それを言い訳にしているだけなんじゃないかなって。

 

あなたがもし自分のことを「コミュ症」だという風に感じてるんだったら、
考えを改めた方が良いんじゃないかなと僕は感じます。

その方が絶対前に進めるんで。

 

 

“ホンモノ”のコミュ症はこんな人

 

ホンモノのコミュ症の人がいるんだとしたら、

まず「人とコミュニケーションが取れない」と思うんですよね。

苦手とかそんなレベルじゃなくて、
文字通り”取れない“。

 

僕自身がそうでした。

吃音を抱えていたり、
対人恐怖症を患っていた関係で
間違いなく「コミュニケーション障害」だったと思います。

「俺コミュ症なんだよねぇ笑」

とかってほざいてるような人間が顔をぶん殴りたくなるくらいの
コミュ症でしたよね(笑)

人と会話というものができなかったし、
人と一緒にいるだけで猛烈な不安感に襲われたりしてたので。

 

 

で、ですよ。

「俺コミュ症だから笑」

みたいなやつを見てみると、
普通に友達とかがいるわけですよ。

冒頭で書いた僕の知っている奴というのも、
普通に友達とかがいたわけです。

確かにコミュニケーションをとるのは苦手かもしれないんですが、
会話とかも全然問題ないレベルでできている。

 

それで障害って言えるんですか?

という話だと思うんですよね。

絶対そんなんじゃないと思うんです。

それはただ「苦手」というだけのことであって、
自分の努力次第で簡単に克服できるものだと思うんですよ。

 

ホンモノのコミュ症の人は、
友達すら作ることがままならないし、
努力ではどうしようもない部分があったりするので。

 

 

コミュ症はただ「人見知り」、「照れ屋」なだけ

 

感じるんですけど、

自分のことをコミュ症だと思っている人というのは、
ただ単に「人見知り、照れ屋」なだけなんじゃないかなと思うんですね。

初めての人と接するときはうまく話せないんだけど、
慣れてくればそこそこは話せるようになるみたいな。
そんな人が多いんじゃないかなって。

 

人見知りや照れ屋なら、
ぶっちゃけ克服することって結構簡単で。

人と会う機会を増やして、人と接することになれる

これをしていくだけで絶対克服できます。

 

「いやーそんなこと言っても、人と何を話せばいいんだか・・・。」

という人は下記の2つの記事も参考にしてみてください。
正直会話なんて自然体でいればなんとかなったりしますからね。

⇒ コミュ症だという人が、何を話せばいいかわからない時に意識するべきこと 

⇒ コミュ症な人でも必ず良好な人間関係を築ける「ある会話術」

 

ただの人見知りとかなだけなのに、自分のことを

「コミュ症だから・・・。」

とかって定義づけしてしまうから変なことになってしまうんであって。

自分のことを冷静に見つめれば、
それは十分克服可能ということに気が付けるはずです。

 

 

最近のコミュ症はただの言い訳に過ぎない

 

最近使われているニュアンスでのコミュ症というのは、

「ただの人見知りで照れ屋」

なケースがほとんどだと思うんです。

 

もし本物のコミュ症なんだとしたら、
見知った人であっても会話が出来なかったりとか、
友達すらまともに出来なかったりするんで。

「慣れ」ということだけでは克服できない部分が多いんです。

 

でも最近の「自称コミュ症」な人たちというのは、
そこまで深刻なケースって少ないと思うんですね。

というか本当にコミュ症で悩んでいる場合は
そのことを公言出来たりしません。

コミュ症というのが「とてつもなくデカいコンプレックス
になってしまっているケースがほとんどだと思うから。

 

平気で周りに
「俺コミュ症だからさ」
とかって言うことができる場合は、
言い訳に使っているという可能性が高いですね。

それは厳しいことを言ってしまうと
単なる甘えですよね。

 

なので、別にそこまで深刻なわけではないんだから
自分次第でいくらでも克服が可能」だということなんですね。

 

「自分はコミュ症だから~・・・」
とかって言っていても何にもならないんですけど、
今まで書いてきたような事実に気が付くことで

「そうか、ただの人見知りだっただけなのかもしれない。
 だったらまずは人と接する機会を増やしてみよう!

とか改善策が見つかってくると思うんです。

そこで人見知りなどを克服することができれば、
本当に自信があり得ないくらいつくんですよね(笑)

自分の中の問題を乗り越える過程で、
間違いなく自分自身も成長していたりするんで。

 

 

まあとにかくですよ。

ぶっちゃけ「コミュ症」なんて言葉は
ただの言い訳に過ぎないんじゃないかなって
僕個人としては感じてます。

それは障害でも何でもなくて自分次第で改善できるものなんだから、
自分を変える努力をぜひしていきたいですよね。

そうすればコミュ症なんて言葉を使いたくなくなってくるはずですよ。

 

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事