「言い訳」を言わないことで、周りから一目置かれる存在になれる

この記事は3分で読めます

LINEで送る
Pocket

 

どうも月也です。

 

人間関係が苦手

という人というのはもうかなり多いと思うんですよね。

「いや、自分人間関係大得意っす!」
みたいな人ってそうはいないんじゃないかなと(笑)

 

人とどうしても軋轢が生まれてしまう

うまくコミュニケーションをとることができない

周りから不当な評価を受けてしまう

こんなことで悩んでいる人って多いと思うんです。

 

実際僕も人とコミュニケーションをとるのはホント苦手なので、
そういう人たちに気持ちは身に染みるほど理解できます。

なんか勘違いなどをされてしまうことも多かったりして。

 

で、そんなコミュニケーションが苦手だという人に、
ぜひとも意識してもらいたいことがあるんですよね。

特に「不当な評価を受けやすい人」にはぜひ意識してもらいたいんです。

そのことを意識することで、
正直それだけで人間関係が改善したり、
一目置かれる存在」にすらなれたりします。

 

あの人、尊敬できるなあ

周りの人からそんな風に見られるようになることも十分可能です。

 

僕は以前からそのことを意識して人と接っするようにしてるんですが、
昔と比べて不当な扱いを受けるといったことは無くなりましたね。

まあ僕の場合一見すると超絶ぶっきらぼうだったりするので
なんか「怖そうな人」みたいに周りから見られることもあるんですけど(笑)、
人に好かれやすくなったし、一目置かれやすくなった気がしてます。
僕の勘違いの部分もあるかもしれないんですけどね(笑)

 

まあ周りから貶められたりとか、
そういったことが無くなるということです。

ぜひ参考にしていただければなと思います。

 

 

言い訳を言わないようにする

 

で、その意識するべきことと何なのかというと、

言い訳をしない

ということなんですよ。

これを意識することができれば、
普通の人とは一線を画すような、
そんな存在になることすら可能ですね。

 

 

例えば、仕事とかで遅刻してしまったとするじゃないですか。

それで、おそらく多くの人は上司などに対して
言い訳などをしてしまうと思うんです。

電車の乗継に失敗してしまいまして・・・

道路が渋滞してしまっていまして・・・

とか。

遅刻した「理由」というのをどうしても言いたくなってしまうというか。

 

でもそこで言い訳を言いたい気持ちをぐっとこらえて、
ただ謝るようにするんです。

申し訳ありませんでしたと。

理由などを述べることもせずに、
ただ遅刻したという事実を真摯に受け止めて謝罪をする。

「自分の責任は自分で取る」みたいな感じです。

 

 

言い訳をしないことで器の大きさを示せる

 

正直、言い訳されても「ウザい」だけなんですよね相手からしたら。

いくら遅刻した理由がしっかりとあろうが、
遅刻したという事実に変わりはないわけで。

 

もちろん有事の場合などは理由などをしっかり言うべきなんですが、
大抵はそうじゃないと思うんです。
避けられることが原因だったりすると思うんですよね。

朝もう少し早く家を出ていれば避けられていたりとか。

 

だから遅刻したという事実を真摯に受け止めて、
何の言い訳もせずにただ謝罪するような人を見ると、
相手からすると

器の大きな人だな

という風に感じるんですよね。

どんな理由があろうが自分の「責任」だと受け止めることができる。
そういう人を見て「器の大きさ」というものを人は感じます。

99%の人たちは言い訳とかをやっぱり言ってしまうと思うので。

 

 

僕も遅刻は何回かしたことがあって、
やっぱり昔は言い訳とかしてしまってたんですよ。

でもそれだと叱られたりとか、
ただセルフイメージが下がってしまうだけなんです。

しかし何の言い訳もせずに真摯に謝罪したりすると、
職場の人とかも許してくれたりするんですよね。

また何の言い訳もしなかったという事実が
セルフイメージを上げてくれるんです

多くの人が言い訳をしてしまうような場面で俺は我慢できたぞ!
みたいな(笑)

 

完全な自己満の世界ではあるんですけど、
でも確実にセルフイメージというものが上がって、
自信というものもつきます。

 

 

言い訳をしない人には好感を持ちやすい

 

やっぱり周りから見ても、
どんな場面でも言い訳をしないような人を見ると
一目置くと思うんですよね。

「この人はすごいなあ。全然言い訳をしなくて」

みたいに。

 

なんか言い訳ばかりしている人って嫌われているような人が多いし、
単純にかっこ悪いですよね。

自分以外のものに責任転嫁しているような感じがするので。

 

 

正直今回の話を聞いて耳が痛い人が多いと思うんです(笑)

そういえば、言い訳ばかりしてしまってたな・・・」と。

でも、大丈夫なんですよ。

これから気を付ければいいだけなので。

 

本当に言い訳をしないだけで面白いくらい周りの反応が変わりますよ。
そうすればコミュニケーションも取りやすくなったりするだろうし、
不当な扱いを受けるといったことも間違いなく減るはずです。

人間関係というものも絶対良くなります。

言い訳をしないような強い意志を持った人に対しては、
やっぱり相手としてももっと関わりたいという風に感じたりすると思うんです。

言い訳ばかりしてる人と積極的に関わりたいと感じる人なんていないですよね(笑)

 

なのでぜひ、

どんな場面でも言い訳をしない

ということを意識してみてください。

もちろん有事の場合などはしっかりと理由などを言う必要はありますけど、
避けられるようなことが理由の場合。

もう少し朝早く起きていれば避けることができていたとか、
「自分次第で回避することができたことが原因の場合」

そういう場合は言い訳などを一切せずに真摯な態度で謝罪するようにする。

そんなあなたの姿を見て、
好意的な目で見る人はいても
馬鹿にしたような目で見てくる人間はいません。
いたらそいつは性根が腐ってるので関わらないようにしてください(笑)

 

「人とうまくコミュニケーションが取れない」

「どうしても人から不当な扱いを受けてしまう」

といった方はぜひ実践してみてくださいね。

本当に周りから一目置かれる存在になることも十分可能です。

 

それではありがとうございました!

 

女性に対して苦手意識を持つ男性へ



あなたが今もし女性が苦手で、
恋愛がうまくできないという場合は、
ぜひ僕の友人が発行している
無料メールマガジンの方に登録してみてください。

今どきの"女子大生のホンネ"というものを聞くことが出来、
彼女くらいなら楽勝で作れるようになりますよ。


⇒ 女子大生のホンネを知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人:月也(ツキヤ)


どんな悩みやコンプレックスを抱えている人でも、自分らしく、そして楽しく生きられるようになるための日々の生活に役立つ情報を発信していきます。

初めてこのブログを訪れた方は、まずは下記のページを読んでみてください。

⇒ 吃音持ちのガチのコミュ障が、自分らしく生きられるようになった話


こっそりtwitterもやってます(笑)
気軽にフォローしてやってください。
⇒ 

おすすめ記事